取引先へのお歳暮1

コンテンツ一覧

取引先へのお歳暮、人気商品&もらって困る商品ランキング

取引先へのお歳暮、人気商品&もらって困る商品ランキング

取引先へのお歳暮で人気の商品ランキング1位はコーヒーやお茶などのセットです。コーヒーやお茶であれば仕事場で飲むことも出来るので、あっても損ということもなく人気商品となっています。2位はカタログギフトです。カタログギフトは個人向けだけではなく企業にも贈られることも多くあります。これはカタログを見て決めることが出来るので、多くのお歳暮が贈られてくる企業にとっては同じ商品が多くなるよりも、種類ある中で必要なものを決められるために人気となっています。3位は洋菓子になります。洋菓子は職場で食べることが出来ますし、量が多い場合などでは持ち帰ることも出来るので人気の商品になっているのです。しかし一方でもらって困る商品ランキング1位は生モノで、お歳暮の時期というのは取引先も仕事が忙しいことも多いので生モノの場合には食べきれずに困ることも多くあります。2位は分けるのが難しい商品です。お菓子にしても食べ物にしても分けることが出来ないことによって困ることもあるのです。職場で分けるので切って分けることも出来ないこともあったりするだけではなく、大きなものを一人が持ち帰る場合には大変なので注意が必要になります。このように自宅で贈る場合と違い、取引先では勝手が違うので商品を贈る際には気をつけることが求められます。

取引先へのお歳暮に関するマナー・常識

取引先へのお歳暮に関するマナー・常識

取引先へのお歳暮のマナーは時期を知る必要があるのですが、関東の場合には12月の頭から12月20日くらいまでであり、それ以外では12月10日から20日くらいまでに贈るのがマナーとなっております。そのために遅れないように手配をして贈っておくことが重要となります。取引相手に関わらず社長などにしておくことが常識となっています。また、取引先によっては贈ってはいけないものがあったりすることもあり、商品券など直接的なものを禁止にしていることもあるのです。そういった場合にはカタログギフトなど商品などで贈ったりすることが必要になります。その為に贈って良い相手なのか確認をしたり、実際の商品やカタログギフトなど贈っていいのかを調べておくことが良い関係を続けるためには必要であり、常識となっています。取引先にお歳暮を持っていく場合には、紙袋ごと渡したりすることなく、渡す際に品物だけを出して渡すようにすることがマナーとなっています。渡す際にはのしが相手側の方向にして渡すことが常識となっていますので、紙袋からしっかりと出しながらも方向などを確認しておくことが求められます。そして渡す際にはお礼など言葉などを添えてから渡すようにすることが重要になっているのです。

取引先へのお歳暮に最適な相場・品物

取引先へのお歳暮に最適な相場・品物

取引先へのお歳暮の最適な相場は5000円から10000万円程度となっています。これは全て統一でも良いのですが、お世話になった度合いなどによって金額に変化を出すというのも一つの方法となっています。しかしお世話になっているからといって、あまりにも相場よりも高額になってしまうと受け取る側も気を遣ってしまったり、取引に関しての疑念を持たれてしまうこともあるので、常識的な範囲での金額にしておくことが大切になります。品物もその場で食べてもらえるようなものから、カタログギフトのように贈ってから少し経ってから商品が届くようなものにするのも良いのです。お歳暮の時期には企業には多くのものが贈られてきます。カタログギフトであれば、そのために品物も被ることも少なくするだけではなく、実際に商品が手に入れるまで時間があるので困ることもないので非常に良いものとなっています。取引先に居る人達の個人の嗜好や会社の人数、年齢層などを考慮して選ぶと最適な品物を送ることが出来るようになるのです。お歳暮はお礼の意味であるので、品物も相手の気持ちを考慮することも大切であるので、貰って嬉しい品物にしておくことがお互いのために良いものとなるでしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧