職場の仲間へのお歳暮1

コンテンツ一覧

職場の仲間へのお歳暮、人気商品&もらって困る商品ランキング

職場の仲間へのお歳暮、人気商品&もらって困る商品ランキング

「職場の仲間へのお歳暮、人気商品&もらって困る商品ランキング」についてですが、人気のある商品については水産品や魚介類、またフルーツなどはあまり上位にランキングされていません。ハム・ソーセージなどの加工品やコーヒーや紅茶・日本茶などがまずまずのところにランキングしていますが、上位に入っているのはビールや発泡酒などとカタログギフトや商品券・ギフト券です。もらって困るような商品については、賞味期限の短い食べ物や趣味に合わない小物や雑貨が挙げられています。一番貰って困る商品は好みに合わない食べ物です。暮れのお歳暮には、いろいろな品物がデパートなどでも用意されていますが、贈られた側に嬉しいと感じてもらわなければ、お歳暮を贈ったことがかえって意味の無いことになってしまいます。それは贈る先がどこであっても同じです。職場の仲間に対してのお歳暮であっても、いや職場の仲間であればしょっちゅう顔を合わせる相手ですから、なおさらせっかくの気持ちが届かないどころか反対の意味にさえなってしまいます。そんなことにならないようにするためにカタログギフトをお歳暮にすることをおすすめします。カタログギフトなら受け取った人の好みの品を選んでもらえます。

職場の仲間へのお歳暮に関するマナー・常識

職場の仲間へのお歳暮に関するマナー・常識

「職場の仲間へのお歳暮に関するマナー・常識」については、相手の好みの品を選んで贈るようにすることが大事ですが、その他にも贈る時期などについての常識もあります。そもそもお歳暮というのはお正月に先祖の霊にお供え物をしたことが起源とされていて、他家に嫁いだ娘や本家から分家した人などが親元にお正月に挨拶に集まりその折りに持参したお供え物があったようで、そこからお歳暮が発生したということです。それからは暮れにお正月の準備のための品物を贈るようになり、塩鮭や数の子、餅などの食料品が主に贈られていました。子の頃は12月13日から20日ごろに贈られていたようです。現代では11月の末頃から12月20日頃までに贈るようになっています。職場の仲間にもお歳暮を贈る場合にも、あまり暮れの押し迫った頃ではない時期に配慮をしてマナーにかなった頃に贈りましょう。お歳暮にはカタログギフトがおすすめです。もらってうれしいお歳暮の商品のランキングでも上位に入っているカタログギフトは、受け取った人が自分の好みの品を選ぶことができるという点が喜んでいただけるポイントです。商品によってはお届の日時を指定できるものもあるので便利です。

職場の仲間へのお歳暮に最適な相場・品物

職場の仲間へのお歳暮に最適な相場・品物

「職場の仲間へのお歳暮に最適な相場・品物」については、一般的にはお歳暮の相場としては3千円から5千円となっています。特にお世話になったという方に対しては5千円くらいを、それほどではないけれど、いつもお世話になっているという方には3千円くらいといった具合です。毎年贈ることが多いので、あまり高額にならないようにしましょう。お歳暮の品物としては本来の意味の先祖へのお供え物ということから食料品が贈られることが多いようです。お酒が好きな方にはいつも飲んでいるビールや日本酒・焼酎などが喜ばれます。またお正月に備えて、来客をもてなすことができるようなハムなどの詰め合わせやコーヒー・紅茶・お菓子なども一般的によく用いられるものです。職場の仲間にもそういったお歳暮が喜ばれるでしょう。注意しなくてはいけないのは、職場によってはお中元やお歳暮などのやりとりを会社からしないようにという通達がされていることがあるので、そういった会社ではその通達を守るようにします。職場の仲間の好みなどが分からなかった時にはカタログギフトをお歳暮にすることをおすすめします。カタログギフトには多岐にわたる商品が掲載されているので、お好みの品を選んでいただけます。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧