親戚へのお歳暮1

コンテンツ一覧

親戚へのお歳暮、人気商品&もらって困る商品ランキング

親戚へのお歳暮、人気商品&もらって困る商品ランキング

親戚へ贈るお歳暮。どのようなものを贈ったら喜ばれるのか気になりますよね。ギフトを取り扱っている会社が集計しているお歳暮で貰って嬉しかったものランキングなどを参考にすると、その傾向が見えてきます。人気商品ランキングでは、ギフト券、ビール・発泡酒、カタログギフト、加工食品、スイーツなどが上位なようです。確かにギフト券やカタログギフトであれば、贈られた側の人が自分の好きなものを選べるので、「いらないものをもらってどうしよう」と思われる心配がないという意味では適していますね。ただしギフト券は値段がはっきりわかるので、相手に値段が伝わるのが抵抗がある人はカタログギフトが無難です。その他のものでも、ビール・発泡酒、加工食品、スイーツと、軒並みグルメギフトが人気という結果でした。これは親戚の嗜好に合わせて贈ると良いですね。お酒が飲める人ならビールは大歓迎されますが、飲めない人からしたら贈られても困るだけですからね。逆にもらって困る商品はどのようなものがあるのでしょうか。これは、嗜好に合わない食べ物、趣味の合わない小物、賞味期限の短い食べ物が上位でした。贈る方の嗜好を知っておくのは大切だということが結果から伺えますね。

親戚へのお歳暮に関するマナー・常識

親戚へのお歳暮に関するマナー・常識

親戚へお歳暮を贈る時は、マナーを守って贈ることが大切です。礼儀はきちんとしておかないと親戚づきあいに影響が出ることもあるので注意しましょう。本来お歳暮は、持参して手渡しするのが礼儀とされていましたが、今では郵送でお歳暮をおくるというパターンも増えてきました。このような場合、「送り状」を送ります。この時、送り状はお歳暮の品が届く前に親戚に届くようにしましょう。お礼状には日ごろの感謝の気持ちと、お歳暮を贈ったという内容を明記します。のし、水引の選び方にも注意が必要です。一般的に持参する場合は外のし、郵送する場合は内のしにする場合が多いです。表書きは上段に「御歳暮」または「お歳暮」とし、下段に「苗字」もしくは「苗字と名前」を記載します。水引は蝶結びを選択するのがマナーです。贈る時期は関東と関西で違いがあり、関東の方が贈る時期が早めです。一般的には12月に入ってから12月20日くらいまでがお歳暮を贈る時期とされています。贈るものは、親戚に喜んでもらえるものかどうかを第一に考えて選びましょう。親戚に何を贈ったら喜んでもらえるかわからない場合は、カタログギフトをお贈りして、カタログギフトの中から好みの商品を選んでいただくというのもおすすめの方法です。

親戚へのお歳暮に最適な相場・品物

親戚へのお歳暮に最適な相場・品物

親戚へお歳暮を贈る場合、いくらくらいが相場なのか悩むことってありますよね。一般的にお歳暮は三千円から五千円程度が相場と言われています。ですからこの価格帯で、親戚に喜んでいただけるものを贈り物として選ぶことが大切です。例えばお酒をよく飲む人が多い家族であればビールの詰め合わせなどが喜ばれると思いますが、お酒に弱い方やお子様がいらっしゃる場合はビールとジュースの詰め合わせにした方がより一層好ましいと思います。お子様がいらっしゃる家庭であれば、大人も子供の食べられるスイーツ(日持ちするもの)を選ぶのもいいです。三世代同居の親戚の場合は、世代を問わず食べられる物をえらんだほうが喜んでいただけるでしょう。相手の好みが全く分からない場合は、商品券やカタログギフトをお贈りするというのも手です。これなら、贈った相手に手に入れる品物を何にするかを選んでいただくことができるので、いらないものを相手に送りつけてしまうというリスクを避けられます。ただし値段がはっきり分かるものを贈り物にするのに抵抗があるという方も少なからずいらっしゃいますので、そういうところを気にする人には商品券ではなくカタログギフトを贈る方がベターです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧