実両親へのお歳暮3

コンテンツ一覧

実両親へのお歳暮に関するタブー

実両親へのお歳暮に関するタブー

「実両親へのお歳暮に関するタブー」については、一般的なお歳暮に関するタブーからするとハンカチは日本語で書くと「手巾」でてぎれと読むので良く無いとされ、白い布は遺体に使うのでイメージが良く無いとされています。ブラシや櫛も「苦」や「死」を想像させるのでダメだという説もあり、包丁やハサミなども「切れる」ので良く無いし、日本茶も不祝儀に使われる事が多いのでダメだとか。なかなかお歳暮の品選びも難しいものです。お歳暮を贈る相手によっては、こういった点も考慮して慎重に選ぶ必要があるでしょう。実両親へのお歳暮であれば、それほど難しく考えなくても良いでしょう。一般的にお歳暮には向かないタブーとされている品物は品物として、実両親がほんとうに欲しいと思っている品であれば、きっと喜んでくださることでしょう。我が息子や娘が自分たちへお歳暮を贈ってくれるというそのこと自体に、実両親は感動して喜んでくれるでしょう。実両親にはざっくばらんに、お歳暮に何か贈りたいので欲しいものを教えてということができるかもしれませんが、何がいいか分からないと言う時や遠慮をされる時には、カタログギフトを利用することをおすすめします。カタログギフトは受け取った実両親に好みの品を選んでもらえます。

実両親へのお歳暮が遅れた時の手紙の文例や対処法

実両親へのお歳暮が遅れた時の手紙の文例や対処法

「実両親へのお歳暮が遅れた時の手紙の文例や対処法」については、義両親や上司などに対してのお詫びと違って、理解をえられやすい相手なので正直に遅れた理由を手紙に書いて事情をわかってもらうようにしましょう。例文を挙げますので参考にしてください。
お正月の花や玄関の飾りをしなくてはならない押し迫った頃になっても
お歳暮を贈る手筈が整わず、申し訳ありません。
こどもたちが次々インフルエンザにかかってしまって
看病で明け暮れていました。
やっと、お歳暮を贈りに行こうとしたら、今度は私がインフルエンザになってしまったようで
今朝から体調がすぐれません。
家族がインフルエンザの嵐から抜けだしたら、あらためて贈らせていただきます。
今年はインフルエンザが猛威をふるっています。
そちらも十分気をつけてください。
またお会いできるのを楽しみにしています。
○○子
実両親であれば、お歳暮が届かないことなどよりも、その手配が出来なかったのは何かあったからではないかと案じているはずです。大怪我や入院などをしているのではないかと思っているでしょうから、遅れた事情を知らせることで安心してもらいましょう。実両親へのお歳暮にはカタログギフトが便利です。カタログギフトでお好みの品を選んでいただきましょう。

実両親へのお歳暮でお贈りしてはいけないもの

実両親へのお歳暮でお贈りしてはいけないもの

「実両親へのお歳暮でお贈りしてはいけないもの」については、不祝儀に使われると白い布やハンカチ、お茶などは一般的にはあまり良いお歳暮ではないとされているので贈るのは避けた方が賢明です。ハサミや包丁なども「切れる」ことが「縁を切る」に通じるとして、昔から進物にするのにふさわしい品物ではないとされています。こういった品物はやはり避けた方が良いでしょう。ただ、お料理が得意で欲しいと思っている包丁やハサミがあって、なかなか自分では買えないというものがあったら、実両親にそのことについて触れてみて、お歳暮に贈らせてほしいと話してから贈るのであれば問題無いと思います。一般的はタブーはタブーとして、親子ならではの親密な関係で、ほんとうに欲しいものを贈ることが出来て、お歳暮として受け取ることができれば、実両親にも喜んでいただけることでしょう。その他に贈ってはいけない品としては賞味期限の短い食料品などが挙げられます。実両親に限らず、旅行などの予定が入っている人に賞味期限が短い食料品を贈るのはあまり良いことではありません。また持病のある人にはその病気に差しさわりの無い品を選ぶようにします。カタログギフトにすれば、お好みの品を選んでいただけます。実両親へのお歳暮にもカタログギフトはおすすめです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧