取引先の方への引き出物3

コンテンツ一覧

取引先の方への引き出物に関するタブー

取引先の方への引き出物に関するタブー

お取引先への引き出物に関するタブーですが、一般的な引き出物のルールに加え、そのお取引先にとってタブーのお品ではないかどうかを勘案する必要があります。何か1点を引き出物に選ぼうとすると、例えば複数のお取引先を結婚式へ招待している場合に、お互いの関係性からかなり難しい作業になってしまう可能性があります。そこでお勧めしたい引き出物が、カタログギフトです。カタログギフトは、結婚式の引き出物にふさわしいお品がバラエティ豊かに取り揃えられていますので、その中からお好きに選んで頂ける自由さが人気の高さの理由の一つです。また、厳選されたお品ばかりですので、引き出物としてタブーであるお品物は掲載されていません。お取引先にもご満足いただけるる引き出物はやはりカタログギフトであると言えます。また、複数のお取引先をご招待する場合もあるでしょう。その場合、ご祝儀の額によって引き出物の予算も変わってきます。その際カタログギフトであれば価格帯も様々に用意がされていますので、対応が可能になっています。一見してその差が分からないのが、カタログギフトの良いところです。参列してくださったお取引先が、お互いに気まずい思いをせずに済むということからも、カタログギフトをお勧めしたいですね。

失敗しない! 取引先の方への引出物を上手に選ぶコツ

失敗しない! 取引先の方への引出物を上手に選ぶコツ

お取引先への引き出物を上手に選ぶコツですが、お仕事の関係ですから、贈り主とお相手の双方にとって、あまり個人的な趣味に立ちいるようなお品は避けておいた方が無難です。例えば、名入りの引き出物は賛否両論あるようですが、仕事の関係先であるお取引先にとっては、あまり嬉しくないお品である可能性が高いと思います。反対に良かれと思ってお取引先のご趣味のものを用意するのも、やはり出過ぎた印象があります。お取引先への引き出物選びのコツは何と言っても、定番かつ引き出物にふさわしいお品をお贈りすることかと思います。ただ、定番のお品と言ってもそこはやはり参列して頂いた方ですから、お相手には喜んで頂けるものを選びたいですね。その点、カタログギフトが引き出物として大変お勧めできるお品だと思います。カタログギフトは慶事の贈り物としては既に定番になっていますが、その人気の理由はやはりお好みに合わせてお好きに選んで頂ける楽しさにあると思います。また、引き出物用として専用のカタログギフトも用意されていますので、安心してお贈りできるお品となっています。のしなども用意されていますし、マナー違反の心配もありません。ご祝儀に合わせて適切な額の引き出物を用意出来る点も好まれている理由の一つです。贈って安心、贈られて嬉しい、お取引先への引き出物はやはりカタログギフトがお勧めできます。

取引先の方への引き出物でお贈りしてはいけないもの

取引先の方への引き出物でお贈りしてはいけないもの

お取引先への引き出物でお贈りしてはいけないものの筆頭に挙げられるのは、まずそのお取引先の競合企業の製品です。ライバルである企業の商品をご用意してしまったのでは、せっかくのお礼のお品が、お相手を不愉快にさせてしまいます。結婚式や結婚披露宴という場であっても、お仕事の関係があるお取引先に参列頂いたのですから、最低限のビジネスマナーとして気をつけておきたいところです。その他に、お取引先への引き出物でお贈りしてはいけないものとは、一般的な引き出物のマナーに従っておけば問題ないかと思います。その点、最もお勧めできる引き出物は、カタログギフトです。カタログギフトでは、結婚式の引き出物にふさわしいお品が厳選されていますので、マナーに反した贈ってはいけない品はそもそも掲載されていません。また、カタログギフトに掲載されているものの中から、お好きなものを選んで頂ける楽しさもあります。頂いたご祝儀に合わせてお品物を贈り分けすることが多い引き出物ですが、カタログギフトは様々な価格帯のものが用意されていますので、参列者に一見してその違いが分からないというメリットもあります。複数のお取引先をご招待するときなどにも大変便利にお使いいただける引き出物がカタログギフトです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧