親戚への引き出物3

コンテンツ一覧

親戚への引き出物に関するタブー

親戚への引き出物に関するタブー

結婚式の引き出物選びはなかなか頭を悩ませるテーマのひとつかと思います。お迎えするゲストも友人から親戚、会社関係者など多岐にわたるので、それぞれのゲストに対して引き出物は贈り分けするという方も少なくありませんよね。そこで、今回は親戚に対する引き出物選びにおいて知っておきたいマナー、タブーについて紹介しましょう。まず、引き出物の相場です。親戚への引き出物はいただいたお祝い金額の3分の1から半返しが基本。年長者、自分より年上の相手(祖父・祖母や叔父・叔母など)には3分の1、年下(年下の兄弟・姉妹や従妹など)なら半返しが基本となります。これら相場から著しく外れた金額で用意すると失礼にあたることもありますよ。例えば、祖父・祖母や叔父・叔母など明らかに目上の方に対して半返しやそれ以上の高額な引出物を用意するのは生意気と思われてしまうことに。相場を押さえて適切な価格から選びましょうね。また、品物選びにも知っておきたいポイントが。慶事の場合には選んではいけないという品があります。例えば弔事の引き出物としてよく選ばれる日本茶。縁を切るという意味をもつハンカチや刃物。苦しむという意味をもつ櫛などが代表例。これらは慶事に選ぶにはふさわしくないタブーな品と広く認識されていますので注意しましょう。最近多く選ばれている引き出物はカタログギフトです。カタログギフトは本1冊なので手軽に持ち帰りいただける点が嬉しいポイントですが、ちょっと見た目に寂しいと感じる場合も。その際には、カタログギフトと引菓子などちょっとしたその他ギフトとセットにすると見栄えも良いでしょう。

失敗しない! 親戚への引出物を上手に選ぶコツ

失敗しない! 親戚への引出物を上手に選ぶコツ

引き出物選びって結構迷うものですよね。例えば、結婚式の引き出物なんかでは夫婦お互いに妥協できないポイントなので、それで話がこじれて喧嘩になってしまうことも少なくないと言いますよ。しかし、視点を変えて考えてみれば、引き出物を持ち帰って使うのはゲスト側。そこでゲストがもらって嬉しい引き出物を理解すると、選ぶ際にも視点が定まりスムーズ且つ選んで失敗のない引き出物が見つかるはずですね。まず、親戚に対して引き出物を用意することを想定して考えてみましょう。親戚がもらって嬉しいものは、持って帰る際に重かったり大きかったりしないものというポイントがあります。そこで、選ぶ時には手軽に持ち帰れる品物を選ぶのが1つ目のコツであるとわかりますね。次に、日常的に使えるもの、好みを選ばないものが嬉しいという意見が多数あるそうですから、選ぶ際には消耗品や個性の強くないものを選ぶというのが2つ目のコツであるとわかります。また、できれば量よりも質の良いものが欲しいという意見が多数であることから、選ぶ際にはブランド物や伝統的なものなど質の良さが客観的に基準で判断できるものを選ぶといのが3つ目のコツであると言えるでしょう。これらを総合して考えると、名店のお菓子(引菓子)、ブランドタオルやブランド食器、生活雑貨などがもらって嬉しい品物であると考えられます。しかし、持ち帰り時の負担を考えると、どれもさかばり重くなりそうなので考えてしまいますね。そこで、これらの条件を満たし、且つ軽く持ち帰りできる品物として紹介したいのがカタログギフトです。カタログギフトはジャンルも細かく分かれているので、ブランドタオルをお返しに選ぶならタオルカタログギフト、名店のお菓子を選びたいならスイーツカタログと、コンセプトに合った商品が簡単に見つかる点も用意する側には嬉しいですね。

親戚への引き出物でお贈りしてはいけないもの

親戚への引き出物でお贈りしてはいけないもの

結婚式や出産などの引き出物としてお返しに選んではいけないと言われるものがあるのをご存知でしょうか。これら慶事のイベントでは、縁起を大変重視しますので、一般的に縁起が悪いとされるハンカチ、刃物、日本茶、肌着、などは選んではいけないとされています。特に、親戚などごく近しい関係である方に対して、刃物やハンカチというのは”縁を切る”という意味をもつ品のため不適切。親戚の中でも若い方はこういった意味をご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、年長者には常識的なルールであるため恥をかくことにならないよう覚えておきましょう。また、引き出物には予算相場があります。叔父や叔母など自分より目上の方に対してはいただいた金額から考えて3分の1程度の金額がお返しの相場となり、いくら感謝の気持ちがあるからと言って、張り切って高額な品物をお返ししてしまうとかえって相手に”お祝いを返された”と不快な思いをさせてしまったり、”何かと入用な時期なのに、変に気を遣わせてしまった”と恐縮させてしまうことも。相場価格を理解して気持ち良く受け取っていただける品物を選ぶようにしましょうね。引き出物選びで迷う時にはカタログギフトもおススメ。カタログギフトは毎年、どんどん魅力的なものへと進化しているので、商品のラインナップも数年前とは比べ物になりませんよ。一度見本を取り寄せて確認してみるのも良いかもしれませんね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧