親戚への引き出物1

コンテンツ一覧

親戚に贈りたい引き出物ランキング

親戚に贈りたい引き出物ランキング

親戚に贈る引き出物。どのようなものを贈ったら喜んでもらえるのか悩みますよね。このような場合は、ブライダル関係やギフト関係の会社が集計している「もらって嬉しかった引き出物ランキング」を参考にすると便利です。もらって嬉しかった引き出物ランキングで上位なのは、カタログギフト、スイーツ、食器、日用雑貨、かつお節などです。暮らしの中で便利に使える実用的なものや美味しいものが人気であることが、この結果から読み取れます。中でも一番人気なのはカタログギフト。これは性別や世代を問わず、人気のギフトです。カタログギフトは贈った相手が自分の好きなものを選べるという点で、他の品物よりも圧倒的なメリットがあります。貰って嬉しくない引き出物というのは、貰っても使えないものや趣味に合わないものなのです。そういうものを贈ってしまうリスクを防げるため、引き出物に選ぶ人が多いのです。親戚に贈る引き出物の品数は、3品、5品が多いです。最近は「2はペアを表すので失礼には当たらない」という考えも出てきましたが、少し前までは割り切れる数字は引き出物に適さないという考えが根強くあったため、年配の親戚には割り切れない品数の引き出物を用意する方がよいでしょう。

親戚への引き出物に関するマナー・常識

親戚への引き出物に関するマナー・常識

親戚へ引き出物を贈る時は、マナーを守って贈ることが大切です。マナーを無視して引き出物を贈ってその後の親戚づきあいに影響が出ないよう気を配ることは大変重要です。まず、結婚式の引き出物で贈ってはいけないものとしてあげられるのが、「切れるもの」「重なるもの」など。これは別れや結婚を重ねることを想起させるという理由で、避けた方が良いとされています。例えば刃物や重箱などが該当しますね。あとは、緑茶などの弔事を彷彿とさせるものも贈らない方が無難です。そして意外と盲点なんですが、商品券も引き出物にはふさわしくないんです。商品券は実用的だし、贈ったら喜んでもらえるように思えます。しかし値段がはっきりわかるものを引き出物として贈るのは、相手を値踏みしているような印象を与えかねず、失礼です。実用的で値段が相手に伝わらない引き出物を贈りたい場合は、カタログギフトを利用しましょう。カタログギフトは掲載されている商品の中から好きなものを選んでもらえるため、必要ないものや趣味に合わないものを相手に贈ってしまうというリスクを避けられます。なおかつ、カタログそのものの値段も伝わらないので失礼にもならないのでおすすめです。

親戚への引き出物に最適な相場・品物

親戚への引き出物に最適な相場・品物

親戚への引き出物の相場は、地域にもよりますが、大体七千円~一万円程度とする人が多いようです。いただくご祝儀の金額も友人より高めになりますので、引き出物の相場金額も友人より高めになります。地域にもよると書いたのは、地域によって引き出物を豪華にする地域と、そうでない地域があるためです。基本的に親戚への引き出物を選ぶときは、両親の考えも聞くようにすると失敗がありません。品数は、割り切れない品数(奇数)で用意することをおすすめします。今では2という数字はペアを表すので失礼ではないという風潮も浸透しつつありますが、つい最近までは、引き出物は割り切れない品数で用意するという考えが根強かったため、親戚への引き出物は3品、ないし5品選んだほうが好ましいでしょう。お贈りする品物としておすすめなのはカタログギフト、スイーツ、鰹節などの縁起物、食器類などです。これらはもらって嬉しかった引き出物ランキングでも人気の品物です。普段の生活に役立てられる物をお贈りした方が、相手にも喜ばれます。中でも一番人気が高いのがカタログギフトです。贈った相手に好きなものをえらんでいただけること、価格設定がさまざまなので贈り分けに便利なことなどからよく選ばれています。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧