義両親への引き出物2

コンテンツ一覧

義両親への引き出物に添えるメッセージカードの書き方例文集

義両親への引き出物に添えるメッセージカードの書き方例文集

「義両親への引き出物に添えるメッセージカードの書き方例文集」については、2・3の文例を下記に挙げますので参考にしてください。
文例
おとうさま、おかあさま
本日は私達の結婚式に出席していただきありがとうございました。
今日の日を迎えることができたのも、お二人のお陰だと感謝しています。
たくさんの方々からお祝いをしていただくことができて感動しています。
いたらない私ですが、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

父上様・母上様
今日から私にとって実の両親と○○夫さんのご両親の四人はたいせつな家族になりました。
これからは、○○夫さんとふたりで四人に親孝行ができるように幸せな家庭を作って行こうと思っています。
いろいろと教えていただくことになると思いますが、どうぞよろしくお願いします。
いたらない嫁ですがこれからも宜しくお願いします。
義両親への引き出物にもカタログギフトは喜んでいただけることでしょう。カタログギフトには結婚式・披露宴の引き出物として最適な品物がたくさん掲載されています。楽しくカタログギフトのページを繰りながら、結婚式や披露宴を思い出していただけることでしょう。メッセージカードを添えるとより丁寧です。

義両親への引き出物の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

義両親への引き出物の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「義両親への引き出物の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」については、一般的に引き出物の熨斗(のし)・表書き・水引には冠婚葬祭の決まりごとがあります。お祝い事にはお祝い事にふさわしい熨斗(のし)・表書き・水引と言うものが決まっています。お祝いごとに使う熨斗(のし)に、水引は紅白か金銀のものを使います。水引の本数としてはおめでたい事には奇数(3本・5本・7本)というのが決まりですが、婚礼に関する場合には10本1組の水引を使うことになっています。10本は偶数ともとれますが、そうではなく5本という奇数を二束合わせたものという解釈です。水引の結び方はおめでたいことでありながら、二度三度とあってはならないと言う意味から「結び切り」という形のものを使います。この「結び切り」という形は結婚のほかに「快気祝い」などにも使います。「結び切り」は一度結んだらほどけないということを象徴しています。表書きは新郎新婦の姓(◯◯家、もしくは◯◯)・新郎の姓名と新婦の名(◯◯ 太郎、の横に花子)・新郎新婦の名(太郎、花子)の3パターンが多いようです。義両親への引き出物にはカタログギフトを利用しましょう。カタログギフトにきちんとしたのしをつけて贈ると喜んでもらえます。

義両親への引き出物、用意すべき品数とは?

義両親への引き出物、用意すべき品数とは?

「義両親への引き出物、用意すべき品数とは?」については、一般的に結婚式・披露宴に出席していただいた方がご夫婦の場合にはおふたりに一組の引き出物を贈ることになっています。義両親への引き出物についてもおふたりで一組で良いでしょう。義両親に喜んでいただける引き出物とはどんなものでしょうか。まだそれほどお付き合いの時間が経っていない義両親の好みについては、分からないことが多いのではないでしょうか。あまりよく知らないのに適当に選んだ品を贈ると言った場合に、好みの品ではなかったら、あまり嬉しくなかったという印象が残ってしまいます。まだ始まったばかりの関係性で、嬉しくなかったというマイナスの印象が残るのではマイナスからのスタートになってしまいます。できれば、あの引き出物は気が効いていたとか、欲しい品物が手に入ったとかいったプラスの印象でスタートすれば、その後の関係もうまくいくのではないでしょうか。こういった場合におすすめなのがカタログギフトです。カタログギフトには多岐にわたる商品が掲載されています。美両親も結婚式や披露宴の思い出に微笑みながらカタログギフトの中から好みの品を選ぶことができます。カタログギフトは引き出物に最適です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧