職場の仲間への結婚祝い3

コンテンツ一覧

職場の仲間への結婚祝いに関するタブー

職場の仲間への結婚祝いに関するタブー

職場の仲間が結婚するとなると、特に親しい付き合いの間柄なら個別で、もしくは部署内の職員から連名で結婚祝いを贈ろうという話になりますよね。もし、結婚する職場の仲間から結婚式へ招待を受けたとしたら、その時は極力出席するのがマナー。もちろん、その際には結婚祝いとしてご祝儀を持参しましょう。相場としては、相手が部下である場合には3~5万円、同僚もしくは上司の結婚式に出席する場合には3万円と言われます。相手が部下である場合にも、1年2年しか入社が変わらないなど年齢的にも地位的にも大差ないときはご祝儀金額が3万円でもタブーとはいいません。逆に、先輩・上司への結婚祝いに5万円といった大金を包む方がタブーで生意気とうつることがありますので気をつけましょう。結婚式に招待を受けていない場合、結婚式や入籍後に何かお祝いの品を贈ることがあるかと思います。その際は、あまり遅くならないように結婚の事実を知っているのなら1か月以内にはお渡しできるようにしましょう。品物としてはガラス製品、刃物、ハンカチなど”割れる、別れる”といった結婚にふさわしくない意味をもつものは避けるようにします。部署の仲間内でいくらかずつ出してまとまった金額で用意するなら、予算を告げて何か欲しいものがないか聞いてみるのも一つですね。事前に聞くと遠慮するので聞きにくいという場合にはカタログギフトが良いでしょう。カタログギフトを選ぶ際には新生活にふさわしいものを選ぶのがポイント。インテリアカタログやキッチンツールカタログなどが適しているのではないでしょうか?

職場の仲間への結婚祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

職場の仲間への結婚祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

職場の仲間が結婚した際に、知っていながら結婚祝いを用意するのが遅れたという場合、ちょっと気まずい思いをすることがありますね。本来なら結婚式もしくは入籍後、1か月以内なるべく早期にお渡しできると良い結婚祝い。まして、職場の仲間ならほぼ毎日顔を合わしているわけですから、渡すタイミングがなかったというのは言い訳になりません。極力避けたい事態ですが、渡していないままダラダラと月日が過ぎ、ますます気まずくなりますね。こういった場合には、正直に遅れたことを認めてお詫びの言葉や手紙を添え結婚祝いをなるべく早く準備して渡すようにしましょう。手早く結婚祝いを用意するならカタログギフトが便利ですよ。5000円程度が職場の仲間に対する結婚祝いの相場でしょうが、この価格帯ならカタログギフトもいくつかから選ぶことが可能です。年代や趣味に合いそうなものを選ぶだけでOKのカタログギフトは時間がない時の強い味方。最近はネットショッピングでも購入できますのでお勧めです。お祝いの品物が用意できたら次はお手紙の準備。職場で一人遅れて手渡すのが気まずい場合はお手紙を添えて自宅へ郵送させていただきましょう。お手紙には”結婚おめでとうございます”、”末永くお幸せに”という内容のメッセージが必須。そこへお祝いが遅くなったことに対するお詫びが入ります。”本来であればもっと早くにお祝いするところ、不本意ながら今になってしまい申し訳ないです”という意味合いのメッセージを自分の言葉で記しましょう。きっと気持ちが伝わりますよ。

職場の仲間への結婚祝いでお贈りしてはいけないもの

職場の仲間への結婚祝いでお贈りしてはいけないもの

職場の仲間が結婚した際に、”おめでとう”、”末永くお幸せに”という気持ちで選んだ結婚祝いの品物が、本来は結婚祝いに選んではいけないと言われるものだったり、タブーと言われるもので相手を不快にさせてしまっては双方に残念ですよね。そこで、職場の仲間への結婚祝いを用意する前に、一般的に贈ってはいけないとされる結婚祝いについて確認しておきましょう。よく言われるのは、ガラスや陶器の食器類。これは割れる、別れるといった意味合いをもつからです。中には新生活スタートにあえて来客用に使える食器が欲しいと希望するご夫婦もいらっしゃいますが、本人たちからのリクエストでない限り避けた方がベターです。同じく、手切れを意味するハンカチや、縁を切ると言われる刃物も避けるようにしましょう。また、品物ではありませんが、あまりに高額な結婚祝いも逆に気を使わせてしまったり、結婚内祝いを用意する際にかえって負担をかけることにも繋がるので気をつけたいところ。およそ相場は5000円程度と考えておくと良いでしょう。この価格帯ならカタログギフトなんかが適しているのではないでしょうか?新生活をすでにスタートさせているなら、一通りのものは揃っているかもしれませんが、中にはこんなものがあったら便利なのにな・・・と感じるものが出てくる時期でもあります。生活雑貨やインテリア雑貨、キッチン雑貨を取り扱ったカタログギフトなどを選ぶと喜ばれることでしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧