親戚への結婚祝い3

コンテンツ一覧

親戚への結婚祝いに関するタブー

親戚への結婚祝いに関するタブー

親戚が結婚ことになり、結婚式に招待していただいた場合にはなるべく出席させていただくのがマナーです。その際には、結婚祝いとしてご祝儀を持参しましょう。相場としては、所帯を別にしている兄弟姉妹の場合は3万円、従妹の場合にも同じく3万円、夫婦で招待された場合のお祝いは5万円がおおよその価格帯です。自分が年長者で甥や姪の結婚式に出席する場合には5万円、夫婦で出席する場合には7~10万円を包む方が多いようで、こういった相場価格より極端に少ないお祝いはタブーと言えるでしょう。なぜなら、結婚式に出席する時点で結婚する親戚にお料理代や引き出物代など金銭的な負担を強いているためで、最低限この金額を下回ることがないように結婚祝いを準備していきましょう。一方で、中には結婚式を挙げないカップルや新郎新婦だけの挙式、ごく身内だけの挙式を選ぶカップルもありますね。結婚式に出席しない場合には、式後もしくは入籍後に結婚祝いをご祝儀か品物で贈るようにします。品物で贈る際に注意したいのは品物がもつ意味。食器などは割れる、別れるを意味し、刃物は縁を切るを意味するため慶事のお祝いとして贈るのはタブーと言われています。よほど新郎新婦からのリクエストでない限り、こちらが選んで贈るのは避けた方が無難でしょう。また、お祝いの品物で迷うようならカタログギフトが便利ですね。直接手渡しできず郵送で贈る際にもカタログギフトなら日持ちを心配することもありませんし、新生活で不足している品物を選べるとなると重宝されること間違いなしですから迷った時には思い出すと良いでしょう。

親戚への結婚祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

親戚への結婚祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

親戚が結婚することになった際、結婚式に招待を受けていればたいていの方はご祝儀を持参で出席されることと思うので、結婚祝いを渡す時期が遅れたということもないでしょう。しかし、結婚する親戚が挙式しない場合や、ごく近しい身内だけの小規模結婚式で招待を受けていない場合など、うっかり結婚祝いをお渡しするのが遅れたということもあり得ますね。本来なら、結婚式後、もしくは入籍後1か月以内になるべく早くお渡ししたい結婚祝いですが、すでに1か月を過ぎてしまった場合には、お祝いの品物にお手紙やメッセージカードを添えて一言、お祝いが遅くなったことへのお詫びの気持ちが伝わるようにしましょう。お手紙には、当然のことながら”ご結婚おめでとうございます”と”末永くお幸せに”というメッセージを忘れずに。そこに加えて、”本来なら早々にお祝い申し上げるべきところ、不本意ながら今になってしまったことをお詫び申し上げます”というような一文を添えましょう。親戚との間柄が自分の兄弟・姉妹であったり、ごく親しく育った従妹などくだけた間柄である場合には、形式的な言葉選びを意識するよりも自分なりの言葉で気持ちが伝わるメッセージとなるよう意識したいですね。結婚祝い選びに関しては、新生活をスタートさせた時期ですから実用的な品物が喜ばれるかと思います。何か欲しいものある?と直接聞いてみても良いかもしれませんが、聞きにくい場合や何が好みがわからない場合にはカタログギフトを贈ってはどうでしょうか?カタログギフトなら、新生活にもってこいのアイテムが多数掲載されていますので、一つや二つあれば便利と感じるギフトを見つけていただけることでしょう。

親戚への結婚祝いでお贈りしてはいけないもの

親戚への結婚祝いでお贈りしてはいけないもの

親戚への結婚祝いは、下手なものを贈ってしまうと後々まで親族に”あの時は~”とマナー違反を指摘されかねないので気をつけたいところ。また、粗相があっても切ることができない親戚との関係ですから、結婚祝いに贈ってはいけないとされている品物や、タブーとされる贈り方について確認しておき、失敗のないようにしましょう。まず、贈る時期ですが、結婚式もしくは入籍後1か月以内にお祝いの品を贈るのがマナーです。結婚式に出席しご祝儀をお渡しした場合はそれでお祝いの気持ちが伝わっていますから別途お祝いの品を用意する必要はありません。結婚祝いに何か品物を贈る際は、刃物、ガラスや陶器食器、ハンカチ、櫛、日本茶などは贈ってはいけないと言われる品なので避けるようにしましょう。刃物は縁を切る、食器は割れる、分かれる、ハンカチは手切れ、櫛は苦しむ、日本茶は弔事を連想されると言うことでお祝いごとの品としては嫌煙されています。また、親戚との関係性によって結婚祝いを贈る際の目安となる相場がありますが、一般的な相場価格よりもあまりに安価なお祝い、逆に高額すぎるお祝いも失礼であったり、受け取り手に気を遣わせてしまうので気をつけたいところです。品物としては、ちょっとしたお祝いの気持ちとして贈るなら、日用生活雑貨や消耗品などが喜ばれますし、5000円や10000円を超えるようなまとまった金額ならカタログギフトがおすすめ。新生活に不足している品物も、このくらいの価格帯でカタログギフトをいただくと掲載されている確率が高く、新郎新婦にも喜ばれること間違いなしですよ。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧