友人への結婚祝い3

コンテンツ一覧

友人への結婚祝いに関するタブー

友人への結婚祝いに関するタブー

結婚が決まった友人へは、結婚祝いを贈りたいものです。しかし、お祝いする気持ちがあれば何でも贈ってかまわないというものではありません。結婚祝いで贈ることがタブーとされているものもあるので、注意が必要です。まず、「切れるもの」はタブーです。包丁やはさみなどの刃物類ですね。これは縁が切れることをイメージさせるので、結婚祝いにはふさわしくないとされています。他には食器や鏡などの「割れるもの」も関係が壊れることを暗示しているのでよくないという考えがあります。しかし食器類などは、日常生活で使うものなので人気が高いのも事実で、タブーを気にせず贈っていらっしゃる人も多いです。このような場合に一番おすすめなのは、カタログギフトを贈るという方法です。カタログギフトには、包丁や食器類も載っています。例えば友人が食器が必要であるならば、カタログギフトから食器を選んでもらえばいいのです。カタログギフトには食器以外にもインテリア用品やグルメ関係の商品、キッチン用品やファッション用品などバリエーションに富んだものがいろいろ掲載されています。カタログギフトを利用すれば結婚祝いのタブーを犯すことなく、友人に好きなものを選んでもらうことができますよ。

友人への結婚祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

友人への結婚祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

友人へ結婚祝いを渡したいと思っていたのに渡すのが遅れてしまった場合、どのような対応をとればいいのでしょうか。このような場合は、遅れたことのお詫びを一筆書いた手紙を添えてお祝いを贈る、もしくは電話で「何を贈ったらいいか悩んでしまって渡すのが遅れてごめんね、もうすぐ届くと思うから待っててね」と連絡を入れるなどの対処をするようにしましょう。結婚祝いが遅れた事に対して気を配ることで、友人にもあなたの真摯な気持ちが伝わります。一番ダメなのは、何も言わずに結婚祝いだけを贈ってしまうこと。このようなことをされると友人も、「なぜ今ごろになって結婚祝いが届いたのだろう?」と困惑してしまうかもしれません。贈る物としておすすめなのは、カタログギフトです。カタログギフトであれば、贈った友人に自分の欲しいものを選んでもらうことができます。「お祝いをいただいたけど頂いた品物が自分の趣味に合わない」「贈った品物はすでに他の人からお祝いに頂いてしまっている」というリスクを避けられるという意味でもおすすめできます。遅れて結婚祝いをおくるならなおのことです。結婚祝いに選ばれやすい品物というのはある程度決まってしまっているので、食器やタオルなどを贈ると、「他の人からももらったから間に合っています」という状況になることもありえますからね。

友人への結婚祝いでお贈りしてはいけないもの

友人への結婚祝いでお贈りしてはいけないもの

友人の結婚が決まった時に、結婚祝いを贈りたいという人は多いと思います。しかし友人だからと言ってなんでも贈っていいわけではありません。結婚祝いにお贈りしてはいけないものもありますから、お祝いを選ぶ時には注意が必要です。「割れるもの」「切れるもの」などは「関係が壊れる」「縁が切れる」ことをイメージさせるため縁起が悪いと言われています。友人がコレが欲しいと包丁などを指定してきたなら贈ってもいいですが、そうでない場合は贈るのは避けた方が良いです。あとは、もらって困る小物類や、賞味期限が長くない食べ物なども、相手に迷惑になるといけないので避けましょう。お贈りするのに一番オススメできるのはカタログギフトです。カタログギフトであれば、友人に自分の好きな商品を選んでもらうことが可能です。結婚祝いの定番商品というのはある程度決まってしまっているので、こちらで品物を選んで贈った場合、同じ品物を他の人からも結婚祝いで頂いてしまう可能性があるのです。その結果「同じものばかり贈られてきて困る」という悩みを持つ新郎新婦は意外と多くいます。自分で好きなものを選べるカタログギフトなら、そのような心配もいりませんからね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧