取引先へのお中元2

コンテンツ一覧

取引先へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

取引先へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

日頃お世話になっている取引先や遠方でご無沙汰になっている親しい友人などに贈るお中元ですが、このお中元には品物に手紙などを添えて贈るのが礼儀とされています。まず品物ですが、世間一般の相場では、5千円前後が相場とされているので、お菓子や飲み物の詰め合わせ等がよく選ばれます。暑い時期という事もあるので、ジュースやアイスコーヒー、ゼリーや寒天など涼しげな物を贈るとよいでしょう。他には、カタログギフトもとても人気の贈り物です。カタログギフトは、自分ではなく相手の方に品物を選んで貰えるので、そこが人気の理由でしょう。特に取引先に贈る場合など、先方の好み等がよく分からないという事も多いでしょうから、そのような時にこそこのカタログギフトが役に立ってくれます。次に品物に添える手紙ですが、まず書き方としては、拝啓から時候の挨拶で始まり、日頃お世話になっているお礼や相手の体調を伺う文章を繋げ、次に心ばかりのお中元を贈る旨を伝え、最後の締めくくりとして、相手の健康や活躍をお祈りする言葉を書き、敬具で終わるというのが一般的な書き方とされています。品物を包む包装紙においてもそうですが、手紙に使用する便箋なども涼しげな印象の物を選ぶというのも1つのマナーかもしれません。

取引先へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

取引先へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

夏の贈り物の1つにお中元というものがあります。このお中元ですが、日頃お世話になっている方や親しくしている方に、日頃のお礼として贈る贈り物です。一般的に5千円前後の品物に手紙などを添えて贈るという人が多いでしょう。ここでよく選ばれる品物としては、予算も予算なので、無難なお菓子や飲み物を選ぶ人が多いでしょう。暑い時期という事もあるので、冷たい飲み物やスイーツなんかが人気です。もし贈る相手が取引先など、複数いる所に贈るような場合には、休憩時間にでも皆さんで食べて貰えれる個包装になったお菓子なんかを選ぶと喜ばれます。ですが、取引先の人数がいまいち分からないとかそこにいる方々の好みがよく分からないといった場合には、どのお菓子を選んでよいか迷われるかもしれません。えそのような場合、カタログギフトを選ぶというのも1つの賢い選択肢です。カタログギフトなら、先方に品物を選んで貰う事が出来るからです。そして具体的に何を贈るか決まったら、きちんとのしを付けて贈るようにしましょう。ここで使用するのしは、紅白蝶結びの水引が付いたのしを使います。そして水引の上に「御中元」と書き、そして水引の下には自分の姓のみ、あるいは姓名を書きます。

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など取引先へのお中元に関する基礎知識

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など取引先へのお中元に関する基礎知識

お中元とは、日頃お世話になっている方にお礼の意味を込めて贈る夏の贈り物の事で、取引先や親戚、あるいは友人などに贈られます。まずこのお中元を贈る時期とは?ですが、そもそも東日本と西日本では贈る時期が違っています。東日本は7月初旬から7月15日頃まで、西日本は7月下旬から8月15日頃までとされているのです。このように地域によって時期がずれているので迷われるようでしたら、7月初旬から7月15日頃までに贈ると無難でしょう。次に贈る相手が喪中であれば贈ってよいのかいけないのかを迷う人も多いかもしれません。新年を祝って贈る年賀状においては、喪中の方には贈ってはいけないとされているので、混乱するかもしれませんが、お中元はあくまでも季節の挨拶でありお祝い事ではないので贈っても構わない事になっています。それに取引先の会社などが喪中となる事はまずありません。もし家族経営のような小さい会社で、そこの代表の方が亡くなれた場合などには会社そのものを喪中とする事はあるかもしれませんが、会社そのものが喪中となる事はまずないでしょう。次にこのお中元でどのような物を贈るとよいのか?ですが、無難な贈り物としては、涼しげな飲み物やお菓子などがよく選ばれています。それかもし先方の好みが分からないようであればカタログギフトもお勧めです。カタログギフトなら先方に品物を選んで貰う事が出来るので、相手の好みを気にせずに贈る事が可能です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧