取引先へのお中元1

コンテンツ一覧

取引先へのお中元、喜ばれるのはどんな品!?もらって嬉しいお中元ランキング!

取引先へのお中元、喜ばれるのはどんな品!?もらって嬉しいお中元ランキング!

夏のご挨拶として贈るお中元ですが、日頃仕事上でお世話になっている取引先に贈るという人もいるかもしれません。ではここで、取引先にどのような物をお中元に贈ればよいのか?ですが、貰って嬉しいお中元ランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか?すると、このランキングで堂々1位はカタログギフトなのです。取引先に贈るとなると、皆さんに休憩時間にでも分けて貰えれるお菓子の詰め合わせ等が良さそうですが、カタログギフトでも全く問題無いでしょう。むしろ喜ばれるぐらいかもしれません。カタログギフトにも勿論の事、お菓子なども含まれていますし、皆さんで使って貰えれるコーヒーや紅茶などの飲み物系や、タオルなどの生活雑貨なども幅広く掲載されているので、先方のお好みで選んで貰う事が出来ます。このカタログギフトですg、お中元に関わらず、あらゆる贈り物やお返しにおけるランキングで軒並み上位をしめている今や人気の贈り物なのです。このように人気なので、カタログギフトを扱う会社もたくさんありますし、そこからも様々なテイストのカタログが用意されているので、自分が是非贈りたいと思う1冊を見つけて贈って差し上げてみてはどうでしょうか?

取引先へのお中元に関するマナー・常識

取引先へのお中元に関するマナー・常識

日頃お世話になっている取引先に日頃のお礼とご挨拶を兼ねてお中元を贈るという事はよくある話しです。このお中元ですが、一般的に7月初旬から7月15日頃に贈るのがマナーとされていますが、西日本などでは7月下旬から8月15日頃に贈るのがマナーとされている地域もあるので注意が必要です。ただ贈る時期に迷われるようでしたら、7月15日頃までに贈ると無難でしょう。そしてこのお中元の他に年末に贈るお歳暮というのもあります。このお歳暮は1年のお礼を込めて12月に贈るのですが、取引先にも勿論贈られます。もしお中元、お歳暮の内年1回のご挨拶でと考えているようなら、お歳暮のみを贈るのがマナーです。そもそもお中元というのはお歳暮だけでは足り無いので1年の間でもう1回付け足して贈る贈り物なので、どちらかだけと言うのならお歳暮のみを贈るのがマナーなのです。次にこのお中元においてどのような物を贈るのが無難かと言うと、取引先に贈るのなら、皆さんで食べて貰えれるお菓子などが最も無難かもしれません。ここで注意する点は、皆さんで分けて貰えれる個包装のお菓子を選ぶという事です。ただ、先方の人数や好みがよく分からないというようでしたら、カタログギフトもお勧めです。カタログギフトなら、先方に品物を選んで貰う事が出来るからです。

取引先へのお中元に最適な相場・品物

取引先へのお中元に最適な相場・品物

お中元とは夏の暑い時期、日頃お世話になっている方々に贈る季節の挨拶なのですが、贈る相手としては取引先や親戚、友人などが考えられます。このお中元の相場ですが、多少幅はあるものの、一般的には5千円前後が相場とされています。ですから、多くの人はお菓子や飲み物などを贈るでしょう。中でも暑い時期なので、冷やして食べるお菓子や冷たい飲み物を選ぶ人が多いでしょう。取引先に贈るといった場合には、お菓子であれば分けて貰いやすいように個包装になっている物を選ぶ、日持ちするような物を選ぶといった心遣いが必要でしょう。お中元一般においては、同じく涼しげな物という事でビールなども人気の品なのですが、取引先宛というのならビールなどのアルコール類は避けた方が無難でしょう。ですが、もし贈る相手である取引先の人数や好みなど状況がいまいち分からないといった場合には、お菓子などの品物を選ぶのは難しくなります。だからと言って、商品券やギフト券なども場合によっては失礼に当たる可能性もあるので、そのような場合にはカタログギフトを贈ってはどうでしょうか?カタログギフトは贈った相手に品物を直接選んで貰う事が出来るので、相手の状況が分からなくても安心して贈る事が出来ます。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧