職場の仲間へのお中元3

コンテンツ一覧

職場の仲間へのお中元に関するタブー

職場の仲間へのお中元に関するタブー

お中元とは夏の暑い時期に日頃お世話になっている方などに贈る季節のご挨拶です。ですから、職場の仲間や上司、あるいは親戚や友人など様々な方に贈る事が想定されます。このお中元ですが、相場としてはだいたい5千円前後と考えられています。そして選ばれる品としてはお菓子や飲み物など、涼しげな印象の物を贈るのが一般的です。ただ、贈る相手の好みが分からなかったり、相手が1人暮らしといったような場合には、このような品物を贈るより、カタログギフトを贈った方が喜ばれるかもしれません。カタログギフトでしたら、食べ物や飲み物にこだわらず、広い選択肢の中から品物を選んで貰う事が出来るからです。ではこのお中元においてタブーとされている事はあるのか?ですが、そこまではっきりとタブーとされている事はありません。ですが、4や9といったような不吉な数字は避けるのが贈り物においては一般常識なので、気心の知れた職場の仲間に贈るといったような場合にも気を付けた方がよいでしょう。あとは贈る時期にも注意が必要です。そもそもお中元は、東日本と西日本で贈る時期がずれています。東日本や7月初旬から7月15日頃まで、西日本は7月下旬から8月15日頃までとされているので、注意が必要です。

職場の仲間へのお中元が遅れた時の手紙の文例や対処法

職場の仲間へのお中元が遅れた時の手紙の文例や対処法

お中元は夏の贈り物の1つですが、もし職場の仲間からお中元を頂いたような場合には、同じくお中元を贈り返すのがマナーでしょう。ですが、お中元というのは贈る時期がある程度決まっています。地域にもよりますが、だいたい7月初旬から7月15日頃までに贈るとされているのです。ですから、この時期より遅れた場合には、暑中見舞い、あるいは残暑見舞いとして贈ればよいでしょう。暑中見舞いは一般的に梅雨明けから立秋の頃、つまりだいたい8月7日頃まで、そして残者見舞いは立秋の頃から8月末頃までとされているので、お中元に遅れた場合でも、日にちを確認してどちらかの形で夏の贈り物としてお返ししたらよいでしょう。お中元でしたら、添える手紙の書き方は、拝啓から時候の挨拶を続ける形で入りますが、暑中見舞い、残暑見舞いにおいては、拝啓は書かず、まず「暑中(残暑)御見舞い申し上げます」から時候の挨拶を続けるといった形で入るのが一般的です。そして日頃お世話になっているお礼を述べ、お中元あるいは暑中(残暑)見舞いに贈り物をする旨、続いて相手の今後の健康と活躍をお祈りする言葉などでしめるのが一般的です。(ただお中元では最後は敬具が必要)そしてもし贈る相手である職場の仲間が1人暮らとかであれば、カタログギフトを贈ってはどうでしょうか?1人暮らしの方にお菓子の詰め合わせ等を贈っても困られるという事はよくある話しです。それよりは好みの物を選んで貰えれるカタログギフトの方が喜んで貰える事でしょう。

職場の仲間へのお中元でお贈りしてはいけないもの

職場の仲間へのお中元でお贈りしてはいけないもの

日頃お世話になっている方などに夏のご挨拶として贈るお中元ですが、中には職場の仲間に贈るという人もいるでしょう。このお中元の相場としては、多少幅はあるでしょうが、一般的には5千円前後と言われています。ですから、冷たいスイーツやドリンク、あるいは夏が旬の果物、あとはビールなどのアルコール類などがよく選ばれています。その他には少し趣向が変わった物としてカタログギフトもとても人気の贈り物です。品物ですとどうしても好みに合う合わないといった問題が出て来るので、それならカタログギフトを贈って相手の方に品物を選んで貰った方がよいだろうという事で、最近ではカタログギフトの人気が急上昇しているのです。このお中元において、はっきりと贈ってはいけない物とされているような物はないのですが、やはり相手の好みでない物を贈るというのはとても失礼に当たるので、贈る相手である職場の仲間の好みがはっきりしないといった場合には、いちかばちかで品物を選んで贈るより、カタログギフトを選んだ方が無難でしょう。他には、これはお中元に限った事ではないのですが、4や9といった数字は贈ってはいけないとされているので、これらの数字は避けるようにしましょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧