職場の仲間へのお中元2

コンテンツ一覧

職場の仲間へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

職場の仲間へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

お中元ですが、これは昔から続いている夏の贈り物で、日頃お世話になっている人や日頃なかなか会えない方への挨拶を込めて贈る物です。ですから、職場の仲間や遠くの友人、親戚などに贈るといったケースが考えられるでしょう。ではこのお中元ですが、品物にかける予算としては、だいたい5千円前後ぐらいが相場と言われています。具体的にどのような品物がよく選ばれているかと言うと、お菓子や飲み物などを選ぶ人が多いでしょう。中でも、夏という事で、冷たい飲み物や冷やして食べるお菓子が人気です。その他に、カタログギフトもとても人気の贈り物です。この時期は贈り物が重なる時期でもあるので、たくさんの方面から贈り物が届くといったような方にとっては、同じような品物ばかりが重なる可能性が高いので、そのような点からもカタログギフトはとても嬉しい贈り物でしょう。次にこの品物に添える挨拶状ですが、まず拝啓から始まり、続いて時候の挨拶を書きます。そして日頃お世話になっているお礼や相手の近況を伺う文章などを続けます。続いてお中元を贈る旨を告げ、相手の健康をお祈りする言葉などの結びの文章でしめくくります。そして最後に敬具を書くといのが一般的な書き方でしょう。贈る相手は気心の知れた職場の仲間などであれば、そこまでかしこまった書き方をしなくてもよいでしょうが、だいたいこのような書き方をベースにすればよいでしょう。

職場の仲間へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

職場の仲間へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

お中元とは、夏の暑い時期、日頃お世話になっている方にお礼と感謝の気持ちを伝える贈り物の事です。このお中元ですが、贈る相手としては職場の仲間や親戚、友人、恩師などが挙げられます。普通は5千円ぐらいの品に短い挨拶状などを添えて贈るのが一般的です。贈る品としては、暑い時期という事もあり、涼しげな印象を与えてくれるような物を選ぶとよいでしょう。人気の贈り物としてはジュースやゼリー、素麺やビールなどが人気です。他には最近ではカタログギフトもとても人気のお中元になってきています。贈る相手によっては好みがはっきりしていたり、1人暮らしで合ったりと、品物を固定して贈るのが難しい場合もあるでしょう。そのような場合にカタログギフトはとても重宝するのです。このように贈る品が決まり、挨拶状も用意できたら、涼しげな包装紙で包装し、のしを付けてから贈るようにしましょう。ここで選ぶのしですが、紅白蝶結びの水引が付いたのしを選びます。そしてこの水引の上に「御中元」あるいは「お中元」と書き、水引の下に自分の姓のみ、あるいは姓名を書くというのが一般的です。贈る相手である職場の仲間とは気心の知れたざっくばらんな間柄だとしても、このようなスタイルで贈ると丁寧でよいでしょう。

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など職場の仲間へのお中元に関する基礎知識

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など職場の仲間へのお中元に関する基礎知識

お中元とは夏の暑い時期に日頃お世話になっている方へのお礼と感謝の気持ちを伝える贈り物の事ですが、贈る時期としては、一般的には7月初旬から7月15日頃とされています。ですがこの贈る時期、地域によってまちまちで、西日本では7月下旬から8月15日頃とされているので注意が必要でしょう。もし迷われるようであれば、7月15日頃までに贈るのが無難とされています。そしてこのお中元ですが、相手の方が喪中である場合、贈ってよいかどうかですが、お中元は季節の挨拶なので、喪中の方にも贈って構わないとされています。ただ、もし相手の方が喪中である場合には、慶事用の紅白の水引きのしは使わず、白無地の奉書紙か無地の短冊を使います。又、もし四十九日を過ぎていないようであれば、お中元の時期が過ぎるとしても、その時期を避け、暑中見舞いや残暑見舞いといった形で贈るとよいでしょう。次にこのお中元に適する贈り物とは?ですが、相場がだいたい5千円前後と言われているので、冷たい飲み物や涼しげなお菓子が無難と言われています。贈る相手として考えられる人に、職場の仲間や上司、あるいは友人、親戚などが考えられますが、もしその職場の仲間や友人であっても、相手の好みがよく分からないようであればカタログギフトがお勧めかもしれません。カタログギフトなら相手の方に品物を選んで貰う事が出来るからです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧