職場の仲間へのお中元1

コンテンツ一覧

職場の仲間へのお中元、喜ばれるのはどんな品!? もらって嬉しいお中元ランキング!

職場の仲間へのお中元、喜ばれるのはどんな品!? もらって嬉しいお中元ランキング!

職場の仲間にお中元を贈るなら、どんなものが喜ばれるのかって意外と分からないものですよね。職場の仲間は社会人になってからしか付き合いがないので、余計に悩んでしまいます。このような場合は、お中元でもらって嬉しかったものランキングを参照してみると便利です。お中元でもらって嬉しかったものランキングの上位は、スイーツ、ビール、カタログギフト、商品券などがあげられます。貰って困らないもの、実用的なものが人気なようですね。お酒をよく飲む方であればビールの詰め合わせは喜ばれるでしょうし、スイーツの詰め合わせも自分では買わないものをもらえたら嬉しいものです。何をおくったらいいか分かりづらい場合には、カタログギフトがおすすめです。カタログギフトであれば贈った相手に好みの商品を選んでもらうことが可能なので、特に好みがわからない人にも送りやすいです。持参するか郵送するかはケースバイケースですが、持って帰ってもらうのが大変なものは郵送した方が親切です。また、職場によっては、社員同士でのお中元のやりとりを禁止している会社もありますので、新入社員の方は、総務部などの担当者や親しい先輩に確認することを忘れないようにしてくださいね。

職場の仲間へのお中元に関するマナー・常識

職場の仲間へのお中元に関するマナー・常識

職場の仲間にお中元を贈る場合は、マナーを守ることが大切です。まず、関西と関東でお中元を贈る時期が異なるということはご存知でしょうか。関東では7月初めから15日まで、関西では7月中旬から8月15日までくらいの時期にお中元を贈る風習があります。もし関東と関西の両方に職場の仲間がいる場合は、時期がかぶっている7月上旬に贈ると間違いがなくていいです。また、のしの種類は持参する場合は外のしをかけ、郵送する場合は内のしをかけるのがマナーです。水引の種類は紅白の蝶結びを選び、のしの表書きは上段に「お中元」「御中元」のどちらか、下段に「苗字」「苗字と名前」のどちらかを書くようにします。贈る品物は、カタログギフト、グルメ関係のギフトが人気です。グルメ関係のギフトを贈る場合は、嗜好が分かれやすいもの、日持ちしないもの、調理が面倒なものは相手に迷惑がかかる場合があるので避けましょう。お中元で人気のグルメ関係のギフトとしてはスイーツ、酒類、加工食品等があります。職場の食べ物の好みがわからない場合はカタログギフトを贈るのが便利です。掲載されている商品もバラエティに富んでいますので、相手に自分の欲しいものが見つけてもらえる可能性が高く、贈りやすいギフトと言えます。

職場の仲間へのお中元に最適な相場・品物

職場の仲間へのお中元に最適な相場・品物

職場の仲間にお中元を贈る場合は、3,000円から5,000円程度が相場金額とされています。あまりに安すぎても失礼ですし、相場より高い品物を贈っても相手の方が困惑するので、相場に合ったものを贈るようにすることが大切です。お中元の品物を選ぶときは、職場の仲間が置かれている環境を考慮することが大切です。お酒を飲むのが好きな方であればビールや発泡酒などの詰め合わせが喜ばれると思いますが、お酒が飲めない方であればジュースやコーヒーの詰め合わせギフトの方が喜んでもらえる可能性があります。職場の仲間の家庭にお子さんがいらっしゃる場合は、大人も子供も楽しめるスイーツなどを贈っても喜ばれるギフトとなるでしょう。職場の仲間が喜ぶものがよく分からないという場合は、カタログギフトを贈ると便利です。カタログギフトであれば贈った相手にカタログに掲載されているものから好きな商品を選んでもらえるので、いらないものを送りつけてしまうという事態を防ぐことができます。また、カタログギフトは商品券と違って値段がはっきり相手に伝わってしまうことがないので贈り物として使いやすいです。何が好きかわからない人に贈るには便利なギフトと言えます。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧