親戚へのお中元3

コンテンツ一覧

親戚へのお中元に関するタブー

親戚へのお中元に関するタブー

お中元と言うと、日ごろお世話になっている方に贈るものですよね。たいてい贈る相手は、親、親戚、上司や恩師ではないでしょうか?親に対してお中元を贈るかどうかは各家庭によっても違いがあるかと思いますが、実両親や義両親から”お中元やお歳暮は必要ないよ”と言われている場合は、特に用意しなくても良いでしょう。しかし、ここで迷うのが親戚ですね。親戚というと兄弟姉妹から従妹や叔父や叔母と数え出すときりがありません。どこまでをお中元を贈るべき親戚と考えれば良いのでしょうか?答えは特に決まっていないのが正直なところ。結婚すると自分の親戚には贈っていないけど旦那さんの両親や兄弟姉妹には贈っているという方もいるでしょうし、親戚内でお互いにお中元はなしでという決まりが定着している場合は全く用意しない場合もあるでしょう。要は、親戚内の暗黙のルールをよく理解することが大切です。本来贈るべきところに贈っていないと親族からタブー視されますし、特に結婚して1年目はわからないようなら両親、兄弟姉妹には贈っておく方が無難という見方もありますよ。また、お中元が本来贈るべき時期から贈れることもタブーです。先方から先に届いて大幅に日数を経てからお届けしているようでは最初は用意する気がなかったと思われても仕方ないので気をつけましょう。お中元には、夏の暑さを和らげてくれるようなゼリーなどの水菓子やそうめんなどあっさり食べれるものが人気ですよね。しかし、あちこちからお中元をいただくような家庭では同時期に同じようなお菓子がいっぱいという事態も発生します。そこで、おススメなのがカタログギフト。カタログギフトなら同じグルメ商品のカタログを選んだとしても今あるお中元が片付いた頃に取り寄せることができるので嬉しいですね。

親戚へのお中元が遅れた時の手紙の文例や対処法

親戚へのお中元が遅れた時の手紙の文例や対処法

お中元というとお世話になった人たちに贈る夏のご挨拶ですが、親戚となるとどこまでの人に用意するべきか迷ってしまいます。特に、結婚1年目では義両親や義兄弟姉妹などに贈ってバッチリと思っていたら、ご主人の叔父や叔母、従妹から届いて大慌てなんてこともあるようです。そこで、親戚へのお中元を用意するのが遅れた場合の対処法について考えてみましょう。一般的にお中元を用意すべき時期は7月初旬から8月15日(お盆)までと言われています。関東など地域によっては7月中がお中元を贈る期限とも言われます。そこで、8月下旬に用意するお中元は明らかに”お中元”として郵送するには遅れた時期。そこで、8月15日以降に用意したギフトに関しては”残暑見舞い”として贈らせていただくと良いでしょう。その際には、お手紙を添えるのがマナーです。お手紙には例えば、”残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?先日はご丁寧に見舞いいただきまして恐縮に存じます。暑さはまだ続きそうですが、くれぐれもお身体ご自愛ください”と言うように、先方の健康を気遣う言葉を添えるようにしましょう。また、お中元に選ぶギフトはどうしても食べもの、特に冷たく甘いお菓子類に偏りがちですね。後から渡すのですから、これらを選ぶと同じようなものがまた届いたといった印象になりかねません。そこでおすすめなのがカタログギフト。カタログギフトなら先方に好きなものを選んでいただけるので新鮮な気持ちで受け取っていただけるのではないでしょうか。

親戚へのお中元でお贈りしてはいけないもの

親戚へのお中元でお贈りしてはいけないもの

親戚へのお中元を用意する時に注意すべきポイントはあるのでしょうか?まず、お中元は夏のご挨拶で日ごろお世話になっている方へ贈るギフト。その点を考慮すると、夏にふさわしくない品物、暑さをさらに増幅させるような食べものなどは贈ってはいけないと言えそうです。少しでも暑さの和らぐ涼やかな品物を選びたいですね。また、一般常識から考えて、日本茶やハンカチなど縁起が良くないとされているものは贈ってはいけないと言われます。親戚や上司や恩師など目上の方に贈ることが大半ですから、マナーをしっかり守りましょう。定番であるゼリーやそうめんなどの涼やかな印象のある食品。これらは真空パックになっていたり、乾物になっているために大変日持ちが良いものですね。同じく、冷たくて美味しいからと言って、日持ちの悪い食品を贈るのも避けたいところ。手持ちで親戚宅に伺うのなら良いのですが、郵送の場合はどうしても傷んでしまうリスクが高いので気をつけましょう。もし、親戚の在宅スケジュールがわからない場合は、カタログギフトを選択すると良いでしょう。カタログギフトなら同じスイーツを取り扱ったカタログを選んで贈っても、先方の都合の良い時に商品と引き換えすることができるので到着までに傷んでしまう心配がありませんね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧