親戚へのお中元2

コンテンツ一覧

親戚へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

親戚へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

お中元などの贈り物には、お品物だけを送付するのではなく、必ず添え状や送り状を作成しお相手に贈り物の趣旨を説明するというしきたりがあります。また、お中元やお歳暮などは、季節のご挨拶ですから、時候の挨拶から書き始めるなどいった、ある一定の書き方というものがありますので、それに従って作成すると良いでしょう。カタログギフトは親戚へのお中元にもとても喜ばれるお品物ですが、送り状の中にそれを選んだ旨を記すとより一層心の通じる贈り物になります。まず、季節のご挨拶として、時候の挨拶から書き始めます。次いで、贈り先のご親戚の健康などを気遣う文章を続けます。それから、ご自身と家族の近況を簡単に報告するとお相手もお喜びになるでしょう。お世話になった感謝の気持ちを添えて、お中元をお贈りする旨を記載しますが、あまり大げさに書いてしまう、受け取る方が却って恐縮してしまいますので、気をつけましょう。カタログギフトを贈る場合、お好きなものを選んで頂きたい旨を一言添えると相手を思う気持ちが伝わります。最後に挨拶の言葉で締めくくると文章全体の構成がすっきりとして、まとまった手紙となります。送り状には書き方がありますが、それに、ちょっとした心遣いを添えることで誠意が伝わりやすくなりますので工夫してみてください。

親戚へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

親戚へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

お中元などの贈り物にはのしをかけることになっています。親戚へのお中元にも、のしをかけ体裁をきちんと整えた贈り物となるように心がけましょう。カタログギフトには、お中元にふさわしいものが用意さえていますし、のしも適切なものを選べますので、安心して贈ることができます。親戚へのお中元には、カタログギフトがお勧めです。のしの水引には、2種類の形状があります。ひとつは蝶結びで、ほどくことができて結び直すことが可能であることから、何度あっても良い事に使われます。お中元にはこちらの形が適していますので、蝶結びのものを使います。もうひとつは、結び切りという形になりますが、簡単にほどけず結び直せないことから、一度きりである慶事に用いられます。お中元には結び切りは使いませんので注意しましょう。水引は、紅白のものを選びます。水引の上は、表書きといって、その贈り物が何であるのかを記します。お中元の場合は、「御中元」と書けばよいでしょう。下段には、贈り主の氏名を記入します。親戚への御中元の場合は、誰からの贈り物であるかはっきり示すために、フルネームで書きましょう。お中元は、正しい形式に則って、お互い気持の良い贈り物としたいですね。

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など親戚へのお中元に関する基礎知識

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など親戚へのお中元に関する基礎知識

お中元とは季節の贈り物です。贈る時期は、地方によって違うようですので、親戚へのお中元を贈る際には、お相手の地方の慣習に従いましょう。一般的に、関東以北では七月初旬から中旬までをお中元とし、それ以降は暑中見舞いや残暑見舞いとして贈り物をします。関西以南では七月中旬から八月中旬までをお中元とし、以降は残暑見舞いといった形になっているようです。地方によっての違いはありますが、最近では早めにお中元を贈るようになってきたこともあるようです。親戚とは末永く良きお付き合いを望むところですから、お相手に合わせて表書きを使い分けるようにしましょう。お中元は季節のご挨拶で慶事ではありませんので、贈り先の親戚が喪中であってもお贈りして構わないとされていますが、四十九日が過ぎていないようでしたら時期をずらして、残暑見舞いなどの形式でお贈りした方が良いでしょう。お中元の季節に好まれるお品をお贈りしたいものですが、相手のライフスタイルや好みに合った物を一品選んで贈るとなるとなかなか難しいものがあります。親戚へのお中元としてお勧めできるのがカタログギフトです。カタログギフトはお中元としてふさわしいお品が選りすぐられており、その中からお好きなものを選んで頂けるという楽しさもあります。のしなども用意されていますので、親戚へのお中元として安心してお贈りすることができるお品です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧