親戚へのお中元1

コンテンツ一覧

親戚へのお中元、喜ばれるのはどんな品!? もらって嬉しいお中元ランキング!

親戚へのお中元、喜ばれるのはどんな品!? もらって嬉しいお中元ランキング!

親戚にお中元を贈る時、何を贈ったら喜ばれるのか考えていてなかなか品物が決められないことってありますよね。このような場合は、もらって嬉しいお中元ランキングを参考にするのがお勧めです。インターネットを検索するとギフト関係を取り扱っている会社が統計を取ったものがすぐにヒットします。どのランキングをみても、上位の品物はほぼ同じ傾向です。人気があるのは、スイーツ、カタログギフト、ビールや発泡酒などの酒類、加工食品、ギフトカードなどです。食べられるグルメ関係のものや、実用的なギフトカードやカタログギフトが人気なようです。これらの品物から、親戚によりマッチしたものを選んでいくと失敗がないです。例えば、お酒をよく飲む親戚ならビールの詰め合わせギフトやお酒の肴になる缶詰のギフト、子供がいる親戚なら大人も子供も楽しめるスイーツギフト、三世代の大家族なら世代を問わず食べられる加工食品のギフトを選ぶといった感じです。好みがわかりづらい場合は、親戚に好きなものを選んでいただけるカタログギフトや商品券を贈ると失敗がないです。ただし商品券などの相手に値段がわかるものは目上の方には贈るのは失礼とされていますので親戚との関係を考慮してギフトに取り入れましょう。

親戚へのお中元に関するマナー・常識

親戚へのお中元に関するマナー・常識

親戚へお中元を贈る際のマナーで最も気をつけてほしいのが、お中元を贈る時期です。関東と関西で、お中元を贈る時期が異なることはご存知でしょうか?近年はあまり差がなくなりつつあるとも言われていますが、時期を気にされる方もいますので注意する必要があります。関東では6月下旬~7月15日の間、関西では7月上旬~8月15日の間に贈るのが一般的です。関西と関東両方に親戚が住んでいて混乱しそうという場合は、両者の時期がかぶっている7月上旬の間に贈ると失敗がないと思います。また、お中元は持参する場合と郵送する場合でのしのかけ方が異なります。持参する場合は外のし、郵送する場合は内のしをかける事が多いです。のしの水引は、蝶結びを選ぶのがマナー。お中元やお歳暮のように今後何回も贈る贈り物には蝶結びを選ぶのがルールです。表書きは上段に「御中元」もしくは「お中元」、下段に「苗字」もしくは「苗字と名前」を書きます。贈る品物はスイーツ、ビール、加工食品などのグルメ関係のギフト、カタログギフト、商品券やギフトカードなどです。食べ物の好みがわかりづらい場合はカタログギフトなどの相手に商品を選んでもらえるギフトを選ぶと失敗がありません。

親戚へのお中元に最適な相場・品物

親戚へのお中元に最適な相場・品物

親戚へお中元をおくる場合の相場金額は三千円から五千円というのが一般的です。あまりにも相場より高いものをお贈りしても相手が負担を感じることがありますので、相場に応じた品物で、かつ親戚の好みに合うものをお贈りするのが最適と言えます。お中元で人気のギフトとしては、グルメ関係のギフトが人気です。例えば親戚にお子様がいらっしゃる場合は、大人も子供も楽しめるスイーツが喜ばれるでしょう。焼き菓子でもいいですし、お中元を贈るのは夏ですからフルーツゼリーの詰め合わせなんかも季節感があって素敵です。ただし賞味期限が短すぎる食べ物は相手に迷惑がかかることがあるので避けましょう。お酒を飲まれる親戚の方であればビールの詰め合わせなどもおすすめです。夏はビールが美味しい時期です。飲めない人が家族の中にいらっしゃる場合は、ビールとジュースの詰め合わせを贈るなどすると親切です。三世代同居されている親戚の場合は、どの世代でも楽しめる加工食品の詰め合わせなどもおすすめです。親戚の好みが全く分からない場合は、カタログギフトをお贈りするといいです。カタログギフトであれば親戚の方に自分の好きなものを選んでいただけるので、いらないものを送りつけてしまう心配がないので安心です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧