義両親へのお中元3

コンテンツ一覧

義両親へのお中元に関するタブー

義両親へのお中元に関するタブー

お中元でタブーとされることの一つは、贈る時期を外してしまうことです。地域性もありますのでその点は義両親の慣習に従うと宜しいでしょう。一般的には関東では、七月の初めより中旬までがお中元の時期とされており、それ以降は、暑中見舞いや、残暑見舞いの形を取ることが多いようです。関西以南では、八月中旬のお盆あたりまではお中元を用いることもあるようです。地方によってかなり違いがありますので、お相手の地域の慣習に沿ってお贈りしましょう。また、義両親へお中元をお贈りする場合は、年末のお歳暮も贈られた方が礼にかなっているとされています。お中元だけを贈るというのはタブーとされていますので注意しましょう。義両親へのお中元にはカタログギフトがお勧めです。カタログギフトにはお中元にふさわしいものがバラエティ豊かに掲載されていますので、お好きなものを選んで頂ける楽しみもあります。お中元などの贈り物にはのしをかけることになっていますが、カタログギフトであればそういった用意もされていますので、安心して贈ることができますね。お相手が望んでいない物を贈ることも出来れば避けたい事態ですが、カタログギフトはそういった心配もありません。義両親との良きコミュニケーションのためにも、失礼のない、形式に則った素敵なお中元を贈って、喜んで頂きたいものです。

義両親へのお中元が遅れた時の手紙の文例や対処法

義両親へのお中元が遅れた時の手紙の文例や対処法

お中元は、季節のご挨拶ですから、時期を外してしまうこと、特に遅れた贈り物は大変失礼にあたることとされています。万が一、義両親へのお中元が遅れた時には、その旨を素直に詫びる文面を送り状や添え状にしたためましょう。そして時期を外しているにも関わらず、無理にお中元としての体裁を整えるのは避けましょう。その場合は、暑中見舞いや残暑見舞いといった、時節にあった贈り物をする方が良いとされています。義両親へのお中元にお勧めしたいのが、カタログギフトです。季節にあったお品物が掲載されていますし、その他定番のお品も選りすぐられた物ばかりですので、義両親にも安心してお贈りすることができます。カタログギフトだけを贈るのではなく、必ず送り状を添えるようにして、真心を文章で伝えましょう。送り状には、時候の挨拶に続き、義両親の健康を気遣う文章を記します。そして、ご自身のご家族の近況を報告するようにします。義両親へのお手紙ですので、自分自身の事を中心に書くのではなく、義両親の子ども、つまり配偶者への配慮が必要ですので注意したいところです。そして贈り物をする旨を簡単に記し、文末の挨拶で締めくくると、まとまりの良い送り状となります。誠意を表わすことが大事ですが、あまり大げさにならないように全体的に控えめな雰囲気の文章とすると、読みやすく、かつ気遣いの伝わる送り状になります。

義両親へのお中元でお贈りしてはいけないもの

義両親へのお中元でお贈りしてはいけないもの

義両親へのお中元は、目上の方にお贈りするものですので、少し注意が必要な点があります。それはお品選びです。喜ばれるものを、と思ってお贈りしたお品が常識的にはお中元として適切でない場合もあります。意図せずして無礼となることがあれば、とても残念ですよね。一般的に目上の方にはお贈りしてはいけないとされるものがありますので、お品物選びの際にはこの点に注意しましょう。履物は踏みつけることを連想させてしまいます。例えば、靴や靴下の他、足ふきマットや玄関マットなどは目上の方に贈ることは避けましょう。現金や、金券なども、目上の方には贈ってはいけないとされるお品です。その他、時計や万年筆は、勤勉さを意味しますので、年上の方に贈るにはあまり適切でないとされています。また、四や九といった数も、苦労などを連想させますので贈り物にはふさわしくありません。海苔やお茶などは、贈り物に適しているようですが、一般的には不祝儀に使われるお品ですので、やはり義両親へのお中元では選ばないほうが無難です。義両親へのお中元にはカタログギフトがお勧めです。カタログギフトであれば、お中元にふさわしいお品が数多く取り揃えられています。義両親とは、末永い良いお付き合いが望まれます。せっかくのお中元なのですから、マナーを守って礼を逸しないように注意を払いながら、お互いに気持の良い贈り物としたいですね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧