祖父・祖母へのお中元2

コンテンツ一覧

祖父・祖母へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

祖父・祖母へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

「祖父・祖母へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集」については、下記に2・3例文を挙げますので参考にしてください。
例文
おじいちゃま、おばあちゃま
こちらはセミの声が賑やかになってきました。
そちらでもお祭りの準備で活気があることでしょう。
おじいちゃま、おばあちゃまお元気でお過ごしですか?
涼しくなったらお邪魔したいと思っています。
おふたりの好きな物を見つけたのでお中元を贈ります。
楽しんでください。
○○(署名)
平成○年○月○日

おじいちゃま、おばあちゃま
すっかりご無沙汰していますが、おふたりともお元気でお過ごしですか?
今年は猛暑が続くらしいのでお体大事にしてください。
何か楽しいお中元を贈ろうと思ったので、
カタログギフトを送ります。お好きな品を選んでください。
○○(署名)
平成○年○月○日
祖父・祖母へのお中元に添える手紙の書き方としては、丁寧に直筆で書くことが大事です。高齢になっている祖父・祖母にはあまり小さな字ではなく、分かりやすい字で書くことも親切です。また文字が少なく見て感じることができる絵手紙のスタイルでお中元に添えるのも良い方法です。祖父・祖母へのお中元にはカタログギフトがおすすめです。

祖父・祖母へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

祖父・祖母へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「祖父・祖母へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」については、一般的なお中元の際に使う熨斗(のし)・表書き・水引のマナーと同じで良いでしょう。お中元はそもそも先祖の霊にお供え物をするという習慣の形が変化したものです。先祖に贈ると言う意味合いからすると、祖父・祖母にお中元を贈るというのはたいへん的を射ていることになります。では一般的なお歳暮の熨斗(のし)・表書き・水引のマナーとはどんなものかと言うと、熨斗(のし)は、のし紙の右上に貼り付けられたものを指しています。本来は酒のさかなであるあわびを細くさいたものを使いました。このため、酒のさかなである魚介類を贈る場合には、のし紙をつけないというのが本式のお歳暮のやり方です。水引に関しては紅白の蝶結びのものを使います。この蝶結びにはまたほどいて結び直すことができると言う意味で、何度あっても良いことがらという意味が込められています。表書きについてはお歳暮と書きます。祖父・祖母への場合は名前を書きます。祖父・祖母へのお歳暮にはカタログギフトがお勧めです。カタログギフトにはいろいろな商品が掲載されているので、受け取った祖父・祖母が自分たちの好みの品を選ぶことができるので喜んでいただけます。

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など祖父・祖母へのお中元に関する基礎知識

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など祖父・祖母へのお中元に関する基礎知識

「お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など祖父・祖母へのお中元に関する基礎知識」についてですが、お中元とは、そもそも先祖の霊にお供え物をするという習慣の形が変化したものです。先祖に贈ると言う意味合いからすると、祖父・祖母にお中元を贈るというのはたいへん的を射ていることになります。お中元を贈るのには決められた時期がありますので、その時期を大きく外れることがないように気をつけましょう。時期というのは7月の初め頃から中旬の土用の入りまでとされています。以前は関西ではもう少しあとの8月になってからとされていました。この7月初旬から中旬という時期を過ぎてしまった時は、「お中元」ではなく「暑中見舞い」や「残暑見舞い」として贈るようにしましょう。お中元はお祝い事ではないので、喪中であってもやり取りすることに問題はありません。喪中の相手に贈るときや自分が喪中のときは無地のしを使う心遣いが必要です。祖父や祖母へのお中元にはカタログギフトを利用するのも良い方法です。カタログギフトにはさまざまな種類の商品が掲載されています。カタログギフトを受け取った祖父・祖母が、楽しくページをめくりながら自分たちの好みの品を選ぶことができるので喜んでもらえます。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧