兄弟・姉妹へのお中元1

コンテンツ一覧

兄弟・姉妹へのお中元、喜ばれるのはどんな品!? もらって嬉しいお中元ランキング!

兄弟・姉妹へのお中元、喜ばれるのはどんな品!? もらって嬉しいお中元ランキング!

兄弟・姉妹へお中元を贈ることになった時に、一番悩むのは何を贈ったら喜ばれるのかということだと思います。こんな時には、ギフト関係の会社がアンケート集計したもらって嬉しいお中元ランキングを参考にすると役立ちます。大体どこの会社が集計したものでも、似たような傾向が出ているようで、ランキング上位なのはスイーツ、カタログギフト、お酒、加工食品、商品券などが人気です。食べられる物や実用的なものが上位なようですね。確かに夏はビールが美味しい季節ですから、お酒を飲む方にビールを贈ったら確実に喜んでいただけます。兄弟・姉妹にお子さんがいらっしゃる場合はスイーツも子供も大人も楽しめるものとして人気が高いです。焼き菓子以外にも、夏らしさを演出できるフルーツゼリーの詰め合わせなども涼しげでおすすめです。夏場は食べ物が傷みやすいですが、加工食品であれば日持ちしますし安心ですね。グルメ関係のものは、老舗のものやご当地の特産品、話題の商品だとなお喜ばれるようです。何を贈ったらいいかわからない場合はカタログギフトや商品券を贈るのがベストです。カタログギフトや商品券のいいところは、贈った相手に商品の選択をゆだねられるというところ。相手の欲しいものを確実に選んでいただけるという意味で、メリットが大きいです。

兄弟・姉妹へのお中元に関するマナー・常識

兄弟・姉妹へのお中元に関するマナー・常識

兄弟・姉妹の関係であっても、お中元のマナーや常識はしっかり気を配ることが大切です。まずお中元のマナーとして忘れてほしくないのが、贈り先が関東なのか関西なのかによって贈る時期が変わるという点です。関東ではお中元を贈る時期が一般的に6月下旬~7月15日とされているのに対し、関西では7月上旬~8月15日とされています。ですから兄弟・姉妹が住んでいる場所が関東なのか関西なのかによって贈る時期を考える必要があるのです。両者の時期が重なる7月10日~15日くらいにお中元が届くようにすれば一番間違いはないです。のしのつけ方も、持参するのか郵送するのかによって異なります。持参する場合は外のし、郵送する場合は内のしをつけるようにするのが一般的です。のしの表書きは御中元とし、水引は紅白の蝶結びを選びましょう。贈りものはグルメ関係のギフトやカタログギフト、商品券などが人気です。グルメギフトを贈る場合は贈る相手の好みや家族構成を考慮して選ぶことが大切です。好みがわからない場合は、カタログギフトや商品券をお贈りしましょう。カタログギフトから自分の欲しいものを選んでもらったり、商品券で好きなものを購入してもらえば、いらないものを送りつけるという事態を避けられますからね。

兄弟・姉妹へのお中元に最適な相場・品物

兄弟・姉妹へのお中元に最適な相場・品物

兄弟・姉妹にお中元を贈る場合の相場は、一般的に三千円から五千円程度とされています。あまり高すぎるものをお贈りしても相手が困惑してしまう可能性がありますので、この相場金額に合わせて品物を選ぶことがコツです。お中元を贈る品物を考える上で重要なのは、贈る相手の状況や家族構成を考慮すること。例えば家を開けている時間が長い人に賞味期限が長くない食べ物を贈っても迷惑になりますし、お酒が飲めない人にビールの詰め合わせを送っても相手は困ってしまうでしょう。家族構成の中にお酒を飲む人と飲めない人が両方いる場合はビールとジュースの詰め合わせを贈る、兄弟・姉妹が三世代同居の場合は、どの世代でも食べられそうなものを贈る、子供がいるばあいは大人でも子供でも食べられるスイーツを贈ると言った感じで、状況に合わせて品物を選びましょう。どうしても何を贈ったらいいかわからない場合は、カタログギフトや商品券を贈るのがおすすめです。商品券であれば、贈った自分の好きなものを購入してもらうことができます。カタログギフトであれば、相手に好きなものを選んでもらうことができるので、好みに合わないものを送って相手を困らせる心配がないので安心して贈ることができるでしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧