友人へのお中元2

コンテンツ一覧

友人へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

友人へのお中元に添える挨拶文の書き方・例文集

夏のご挨拶として贈るお中元ですが、親しい方や日頃お世話になっている方などに贈ります。遠方に住まれていて日頃なかなか会えない友人などにお中元を贈る事でお付き合いが続くという事もあるでしょう。ではこのお中元にどのような物を贈るかですが、夏の暑い時期という事で、涼しさが感じられる物が人気です。例えばジュースなどの冷たい飲み物、あるいはゼリーや餡蜜などの詰め合わせ等が人気の品と言えるでしょう。他には具体的な品物とは違ってカタログギフトもとても人気の品と言われています。ジュースやゼリーなども夏の贈り物では喜ばれる贈り物なのでしょうが、この時期よく頂く品物でもあるので、同じような物ばかりが重なってしまうという事もよくある事なのです。その点カタログギフトなら、受け取った方自身に品物を注文して貰う事が出来るので、同じような物ばかりが重なるといった心配がありません。そしてこのお中元ですが、ただ品物を贈るのではなく、それに挨拶状などを添えて贈るとよいでしょう。ではこの挨拶状の書き方ですが、まず拝啓に続いて時候の挨拶といった形で始め、日頃のお礼や相手の近況を尋ねるような文章を入れ、次にお中元を贈る旨、そして最後に相手の健康をお祈りするといったような結びの文章を入れてから敬具で終るといった感じがオーソドックスな書き方と言えるでしょう。このように挨拶状を添える事で遠方の友人とのお付き合いも末永く続くはずです。

友人へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

友人へのお中元の熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

夏の贈り物の1つにお中元があります。このお中元ですが、日頃お世話になっている親戚や親しくしている友人などに対して、相手の体調などをお伺いする季節の挨拶でもあります。一般的に、このお中元においては、だいたい5千円前後ぐらいの品物を贈るのが相場とされています。相場金額から考えても、無難なところで冷たい飲み物や涼しげなお菓子などを贈る人が多いでしょう。ただ、最近ではこれらの品物に加えてカタログギフトも非常に人気の贈り物と言われています。人によってはジュースを飲まない人もいるでしょうし、そもそもお菓子を食べないといった人もいらっしゃるでしょう。又、単身で暮らしている友人などの場合、1人なのにそのような詰め合わせを受け取っても困るといった事もあるのです。そのような事から、カタログギフトの方がお中元を贈った方自身に品物を選んで貰えるので、喜ばれるだろうという事で最近人気が出て来ているのです。このお中元ですが、贈る際にはのしを付けるのが礼儀です。ここで使うのしは紅白蝶結びの水引が付いたのしを選びます。そしてこの水引の上に「御中元」と書き、水引の下に自分の姓のみ、あるいは姓名を書くのが一般的とされています。

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など友人へのお中元に関する基礎知識

お中元とは?贈る時期、喪中の時は?など友人へのお中元に関する基礎知識

お中元は夏の贈り物というイメージですが、具体的に贈る時期とは?と聞かれたらハッキリとは答えられない人も多いかもしれません。このお中元の時期ですが、実は東日本と西日本で違っているのです。東日本は7月初旬から7月15日頃まで、そして西日本では7月下旬から8月15日頃までとされているのです。ですが、自分は東日本で贈る相手である友人などが西日本、あるいは自分は西日本で友人が東日本といった場合はどちらに合わせればよいのか迷うかもしれません。もし迷われた場合には、7月初旬から7月15日頃までに贈っておけば無難でしょう。又、贈る相手である友人などが喪中の場合、贈ってはいけないのかどうかを迷う人も多いかもしれません。確かに新年の挨拶である年賀状は喪中の方には贈ってはいけない事になっているので、お中元も控えた方がよいように思われますが、お中元は季節の挨拶なので贈っても構わない事になっています。次にこのお中元で贈る品ですが、出来たら涼しげな印象の物を贈るのがマナーかもしれません。例えばゼリーや寒天、素麺などです。それか、このような品物がいまちという感じなら、カタログギフトもお勧めです。カタログギフトなら贈った相手の方に品物を選んで貰う事が出来るので、迷う事なく贈る事が出来るでしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧