取引先への香典返し3

コンテンツ一覧

知っているようで知らない、取引先への香典返しに関するタブー

知っているようで知らない、取引先への香典返しに関するタブー

香典返しを初めてしなければならない時、誰でも、どうすればいいのか分からなかったり、また、品物選びに迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。足を運んでくださる弔問客の皆さまが快く受け取れ、失礼のないような品物選びをしたいものですよね。そこで、香典返しのタブーを知っておく必要があります。今回は、取引先などへの香典返しに関するタブーとされていることについてご紹介していくことにしましょう。昔から香典返しには「四足生臭もの」と呼ばれるものはタブーといわれています。肉や魚をはじめとし、嗜好品のお酒なども避けた方がよさそうです。また、慶事に使われることの多いかつお節や昆布なども、香典返しには合わないものとされています。しかし、最近は比較的自由な発想で品物を選ぶことが多くなりつつあり、祝い事に使われない品物であれば問題ない、という考え方が浸透しつつあります。また、取引先などへの香典返しで定番の品物は、カタログギフト、タオルセット、ハンカチセット、風呂敷、シーツ、毛布などや、また、石鹸、砂糖などの消耗品が多いようです。最近では、自分の好みで自由に香典返しが選べるカタログギフトが、特に人気があるようです。

取引先への香典返しが遅れた時の手紙の文例や対処法

取引先への香典返しが遅れた時の手紙の文例や対処法

昔は不幸があったとき、親戚の人や近所の人々が物を持ち寄って故人の供養をしたそうです。現在では、それらの物が「香典」や「供物」にと形を変えてきたようです。遺族の方々は、こうした気持ちを十分にくみ取り、香典返しをする際には、お礼を込めて丁寧にお返しを贈ります。また、葬儀の後、遺族は手続等で何かと忙しいため、取引先などへの香典返しが遅れてしまうこともあるかもしれません。今回は、取引先への香典返しが遅れた時の手紙の文例や遅れた時の対処法について、ご紹介することにしましょう。
【例文1】
「謹啓 時下益々ご清祥のことと御慶び申し上げます。
先般 ○○ 永眠の際はご鄭重なるご弔意ご厚志を賜わり、誠にありがとうございました。
本日供養の印までに心ばかりの品であるカタログギフトをお届け申し上げます。
何卒御受納下さいますよう、お願い申し上げますと共に、ご挨拶が遅れましたこと、誠に申し訳ございませんでした。
処略儀ながら書中を以てご挨拶申し上げます。
敬具」
【例文2】
「拝啓 本来は先方にお伺いし、無事法要を済ませることができたお礼を申し上げるのがマナーなのですが、近年では発送するケースが増え、直接お礼を申し上げることができないかわりに挨拶状を添えて贈ります。
心ばかりですが、追善供養の品であるカタログギフトを御受納下さいませ。
また、ご挨拶が遅れましたこと、お詫び申し上げます。
簡単ではございますが、書中にて御礼申し上げます。
敬具」

取引先への香典返しでお贈りしてはいけないもの

取引先への香典返しでお贈りしてはいけないもの

香典返しは、時間を割いて駆けつけて下さり、香典を包んでいただいた取引先などの参列者に感謝を示すものであり、決して、失礼があってはならないものです。皆さんは、香典返しでお贈りしてはいけないものがあることをご存知でしょうか?社会人として、恥をかかないように、日頃から基本的なマナーは身に着けていたいものですね。今回は、取引先などへの香典返しでお贈りしてはいけないものについて、紹介していくことにしましょう。基本的に、香典返しに贈る品物には、日持ちがして手元に残らない食べ物やお茶碗・シーツなどの実用品が適しているといわれています。では、これらとは逆に香典返しでお贈りしてはいけないものとはなんでしょうか?それは、「四足生臭もの」と呼ばれるものです。これらはタブーとされており、肉や魚、そしてお酒をはじめとする嗜好品です。決して、これらの香典返しは選ばないように、覚えておく必要があります。また、香典返しで、何を選べばよいのかを迷われている方は、お勧めの品物があります。それは、カタログギフトです。贈る側も便利だし、もらう側にも喜ばれます。カタログギフトであれば、受け取った側がその中から好きな商品を選ぶことができますので特に人気があります。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧