取引先への香典返し2

コンテンツ一覧

取引先への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集

取引先への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集

「取引先への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集」については、下記に例文を挙げますので参考にしてください。
例文
拝啓 時下皆様には益々の御清祥のことと御慶び申し上げます
さて先般亡父○○○○永眠の折にはお忙しい中御懇意なるお言葉を頂きまた御厚意なる御弔意をいただき誠に厚く御礼申し上げます
葬儀の際は取り込み中のため万事不行き届きの段、申し訳なく存じます
お蔭をもちまして忌明け法要を営みましたので供養のしるしに心ばかりの品をお送り致しましたので ご受納くださいますようお願い致します
本来でありましたらお目にかかって親しく御礼申し上げるのが本意でございますが略儀ながら書中をもちまして謹んでご挨拶申し上げます
敬具
平成 ○○ 年 ○ 月 ○○ 日
喪主 (喪主氏名)
香典返しをする際にはその品物に添える挨拶状の雛型が用意されている場合がほとんどです。上記のものは仏式の葬儀の場合の挨拶状の例文です。他に、キリスト教式や神式の場合の葬儀についての挨拶状の雛型もあります。挨拶状の書き方としては印刷であっても薄墨にするなど注意が必要です。取引先への香典返しにはカタログギフトがおすすめです。カタログギフトは受け取った人が好みの品を選ぶことができます。

取引先への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

取引先への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「取引先への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」については、取引先への香典返しだからといって特別なマナーがあるということはありません。一般的な香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナーに沿ったものを使うようにしましょう。では一般的な熨斗(のし)・表書き・水引のマナーとはどういったものでしょうか。香典返しの場合は、冠婚葬祭の上での不祝儀にあたります。不祝儀の際の熨斗(のし)・表書き・水引は、黒白の「結び切り」の形の水引を使ったものです。表書きは「志」と書いたものを使います。水引の下には喪家の姓を書きます。昔は丁寧に筆で書いたのですが、現代ではほとんど印刷になっています。印刷であっても薄墨のようにします。表書きについては一般的には「志」としますが、関西から西の地方では「満中陰志」や「忌明」とするところもあります。そういった地方での水引は黄白で「結び切り」の形のものを使うことがあります。キリスト教などでは表書きを「偲草」とする場合もあります。取引先への香典返しはカタログギフトを利用することをおすすめします。カタログギフトは熨斗(のし)・表書き・水引などについてのノウハウもあるので、マナーにのっとった香典返しができます。

取引先への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合への対処法とは?

取引先への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合への対処法とは?

「取引先への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合の対処法とは?」については、その取引先の会社の規定などで香典返しは不要とするといった決まりがある場合には、取引先の決まりに従うことが良いのではないでしょうか。そういう規定のような決まりではなく、単に取り込んでいるだろうからとの気遣いで「香典返しは不要」と辞退なさった場合には、香典返しにカタログギフトを利用すると言う方法もあります。カタログギフトであれば、冠婚葬祭のそれぞれの場合に応じたカタログをカタログギフトを会社で作っています。香典返しを受け取る側の年齢や性別によって対応したものもあるので、取引先には取引先の合ったカタログギフトを選ぶこともできます。わからないことがあったら、カタログギフトの会社の担当者に相談することもできるので、マナーにのっとった香典返しをすることができます。取引会社への香典返しに最適な物とはどんなものかといったことも、冠婚葬祭に関するノウハウに通じているカタログギフトの会社であればよくわかっているので、相談をしてみましょう。取引先への香典返しには包装紙や「のし」などについても心配りがあるカタログギフトを選ぶのは良い選択です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧