親戚への香典返し3

コンテンツ一覧

知っているようで知らない、親戚への香典返しに関するタブー

知っているようで知らない、親戚への香典返しに関するタブー

香典返しを送るのは当然のマナーと言えますが、親戚が相手となるとどうしても気が緩むものです。気心が知れた親戚相手にはどうしても好みに沿ったものなどを送りがちですが、香典返しにはタブーがある事を事前に知っておく必要があります。香典返しのタブーとされているものは、肉や魚などの生ものです。生ものは宗教的な習慣や地域の特色から避けられることが多いもので、現代になってもその流れは変わっていないのです。また、お酒や鰹節、昆布なども祝い事に使われることが多く、香典返しには不向きとされています。香典返しのタブーは、おめでたい時に使うものや結婚式のお祝いに使われるものと言う考え方をすれば、ほぼ間違いないと言えます。しかし、親戚相手でも、結婚後の宗教関係や好みなどはわかり辛く、良いものをと考えるとどうしても悩みがちです。そこでおすすめなのがカタログギフトです。カタログギフトであれば、多くの品物の中から自由に選べるため、家庭の事情などに配慮しなくても良いのが魅力です。また、確実に必要なものを返す事が出来るため、不要なものを送って親戚間で問題視されることも無いのもメリットです。同じカタログギフトでも多彩な品物を扱うケースが増えているのも魅力です。

親戚への香典返しが遅れた時の手紙の文例や対処法

親戚への香典返しが遅れた時の手紙の文例や対処法

親戚相手とはいえ、香典返しが遅れたとなればもめごとの種になる事もあります。しかし、葬儀の後などはあわただしく過ぎ去ってしまう事も多く、諸々の手続きでどうしても後回しになってしまったり、一部の人にだけ送り忘れたりと後になってわかるケースも多いのです。香典返しは通常忌明けの後、2週間以内に届くように手配するため、見直す時間は十分にあると言えます。忌明けは四十九日の法要が終わった時を指す事が通常ですが、状況によっては三十五日で切り上げの法要などを行う場合があるので注意が必要です。親戚に対して香典返しが遅れた場合は、通常の香典返しの文章に、「ご挨拶が遅れた事を心よりお詫び申し上げます」など、一言添えるのがマナーと言えます。現在ではカタログギフトを香典返しとして用意するケースが多く、香典返しのための一言も入れられるようになっていることが大半です。カタログギフトを手配する際に香典返しとして用意するだけでなく、手書きの礼状を添えるとさらに気持ちが伝わりやすくなります。親戚相手の香典返しに礼状を添える際の注意点としては、逝去と言う言葉を使わない事です。逝去は故人に対する敬語のため、親戚関係では使わないようにするのがマナーです。

親戚への香典返しでお贈りしてはいけないもの

親戚への香典返しでお贈りしてはいけないもの

親戚への香典返しには送っていけないものがあります。一般的に香典返しは消え物が良いと言われています。これは不祝儀は残さないものが良いと言われているためで、形として長く残る花瓶やお皿などは送ってはいけないものとなります。タオルに関してはある程度消耗するものなので喜ばれる場合もありますが、あまり高級すぎるものは避けた方が無難です。食品や入浴剤など、すぐに使ってなくなるものが適切と言えます。また、親戚であっても、高価過ぎる香典返しも送ってはいけないものになります。香典返しは半返しがマナーと言われており、あまり高すぎるものでは相手に逆に気を使わせてしまいます。香典を頂いているのであれば、額面をしっかりと確認の上で半額に相当する品物を選ぶのが常識と言えます。近年ではカタログギフトで香典返しをする人が増えていますが、カタログギフトも500円単位で選べるものがあるため、非常に便利になっています。また、親戚が多い場合は、それぞれに選ぶのは非常に手間がかかります。好みや宗教的な価値観にと、気を使いだすと時間がいくらあっても足りなくなることが多いため、送る側だけでなく送られる側も嬉しいカタログギフトに落ち着くことが多いのです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧