義両親への香典返し2

コンテンツ一覧

義両親への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集

義両親への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集

「義両親への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集」については、下記に例文を挙げますので参考にしてください。
例文
このたびはわたくしの祖母の葬儀にご参列いただき、ありがとうございました。
お忙しい中お越しいただき、また格別の御芳志を賜り、両親もたいへん感謝をしております。
葬儀の際は取込中にて万事不行届きにて申し訳なく存じます。
忌明けの法要にあたり、供養のしるしまでに心ばかりの品を送らせて頂きましたのでお納め下さいますようお願い申し上げます。
本来であれば直接お目にかかって御礼申し上げるのが本意ではございますが、
略儀にて失礼ながら書中を以って謹んで御挨拶申し上げます。
高齢の親戚が入院をしていて、以前から容体がおもわしくないということをお知らせしているという場合であれば、心積もりができているかもしれませんが、突然の葬儀などの場合にはいろいろなことを万障繰り合わせて参列していただくことになります。またお香典もいただくでしょうから、香典返しには丁寧にお礼を伝える書き方のお礼状を添えましょう。義両親への香典返しにはカタログギフトを利用することをおすすめします。カタログギフトには香典返しに特化したものがあります。

義両親への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

義両親への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「義両親への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」については、義両親への香典返しだから特別に一般的な香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナーと違っているということはありません。一般的な香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引については、冠婚葬祭の上での決まりごとがあり、それが熨斗(のし)・表書き・水引をどういったものにするかで意味合いがあります。香典返しの場合は、冠婚葬祭の上での不祝儀になります。不祝儀の際の熨斗(のし)・表書き・水引は、黒白の「結び切り」の形の水引を使ったもので、表書きは「志」と書いたものを使います。水引の下には喪家の姓を書きます。昔は丁寧に筆で書いたのですが、現代ではほとんど印刷になっています。表書きについては一般的には「志」としますが、関西から西の地方では「満中陰志」や「忌明」とするところもあります。そういった地方では水引も黄白で「結び切り」の形のものを使うことがあります。キリスト教などでは表書きを「偲草」とする場合もあります。義両親への香典返しはカタログギフトを利用することをおすすめします。カタログギフトは熨斗(のし)・表書き・水引などについてのノウハウもあるので安心です。

義両親への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合への対処法とは?

義両親への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合への対処法とは?

「義両親への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合の対処法とは?」については、いろいろと取り込んでいるだろうからという、暖かいお心遣いからの言葉でしょう。そのままお気持ちを受け取って、ということもありますが、いわゆる社交辞令での言葉である可能性もあります。社交辞令ではないかと思ったら、一般の方へ香典返しをするように義両親へも香典返しをすることは間違ってはいません。故人へのお香典に対する感謝の気持ちとして香典返しを贈っても失礼になるということはありません。また、カタログギフトを香典返しとして贈るという方法もあります。きちんとお礼の言葉を書いた礼状を自筆で丁寧に書いて、香典返しのカタログギフトに添えて贈れば、受け取って頂けるでしょう。カタログギフトは、冠婚葬祭のさまざまな場合に対応できるようなカタログギフトになっているので、包み紙から熨斗(のし)・表書き・水引まで最適なものを使って贈る手筈を整えてくれます。カタログギフトなら安心です。また、どうしてもということで香典返しを贈ることが出来なかった場合には、お食事にお招きするなど他の方法で感謝の気持ちを表すこともできるので、感謝を忘れないようにしましょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧