実両親への香典返し2

コンテンツ一覧

実両親への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集

実両親への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集

「実両親への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集」については、下記に文例を挙げますので参考にしてください。
このたびは○○の葬儀にご参列いただき、ほんとうにありがとうございました。
お忙しい中お越しいただき、そのうえ格別の御芳志をいただき、たいへん感謝をしております。
葬儀の際は取込中にて万事不行届きを申し訳なく存じます。
忌明けの法要にあたり、供養のしるしまでに心ばかりの品を送らせて頂きましたのでお納め下さいますようお願い申し上げます。
本来であれば、きちんとうかがってお礼を申し上げなくてはならないのですが、お義母さんを一人にしておくわけにはいかないので
申し訳ありませんが手紙を書きました。
寒さに向かいますのでどうぞご自愛ください。
以前から容体がおもわしくないということをお知らせしているという場合であれば、心積もりができているかもしれませんが、突然の葬儀などの場合には実両親にも万障繰り合わせて参列していただくことになります。またお香典などもいただくでしょうから、香典返しには丁寧にお礼を伝える書き方のお礼状を添えるようにしましょう。実両親への香典返しにはカタログギフトを利用することをおすすめします。カタログギフトには香典返しに特化したものがあり最適です。

実両親への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

実両親への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

「実両親への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー」については、実両親への香典返しだからといって特に一般的な香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナーと違っているということはありません。一般的な香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引については、昔からの冠婚葬祭の上での決まりごとがあります。それは熨斗(のし)・表書き・水引をどういったものにするかによって意味合いが違ってきます。不祝儀の際の熨斗(のし)・表書き・水引では、黒白の「結び切り」の形の水引を使い、表書きには「志」と書いたものを使います。水引の下には喪家の姓を書きます。昔は丁寧に筆で書いたのですが、現代ではほとんど印刷になっています。表書きについては一般的には「志」としますが、関西から西の地方では「満中陰志」や「忌明」とするところもあります。そういった場合は水引も黄白で「結び切り」の形のものを使うようです。「結び切り」の形は何度もあってほしく無いという意味があります。キリスト教などでは表書きを「偲草」とする場合もあります。実両親への香典返しはカタログギフトを利用することをおすすめします。カタログギフトは熨斗(のし)・表書き・水引などについてのノウハウもあるのでマナーにもかなっていて安心です。

実両親への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合への対処法とは?

実両親への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合への対処法とは?

「実両親への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合の対処法とは?」については、葬儀でいろいろと取り込んでいるだろうからという、優しいお心遣いからの言葉でしょう。そのままお気持ちを受け取って・・・ということもありますが、一般の方へ香典返しをするのと同じように実両親へも香典返しをすることは間違ってはいません。故人へいただいた香典に対する感謝の気持ちとして香典返しを贈っても失礼になるということはありません。また、カタログギフトを実両親への香典返しとして贈るという方法もあります。きちんとお礼の言葉を書いた礼状を自筆で丁寧に書いて、香典返しのカタログギフトに添えて贈れば、受け取って頂けるでしょう。カタログギフトは、冠婚葬祭のさまざまな場合に対応できるような品を掲載している上に、包装紙から熨斗(のし)・表書き・水引まで、最適なものを使って贈るように手筈を整えてくれます。カタログギフトを利用すれば、香典返しのマナーの上でも安心です。また、どうしてもということで香典返しを贈ることが出来なかった場合には、お食事にお招きするなど、他の方法で感謝の気持ちを表すこともできるので、感謝を忘れないようにしましょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧