祖父・祖母への香典返し3

コンテンツ一覧

知っているようで知らない、祖父・祖母への香典返しに関するタブー

知っているようで知らない、祖父・祖母への香典返しに関するタブー

稀なケースですが、祖父・祖母に対して香典返しを贈ることがあります。レアケースとも言われマナーやタブーを紹介している情報が少ないのが現状です。まず、一般的なタブーと同じく、香典返しの品物に生ものや酒を選ぶのはタブーです。お酒は神事で使用するので問題ないイメージですが、祝い事の印象が強いので祖父・祖母に対する香典返しにも使用しません。品物のイメージでタブーとなる場合もあります。カタログギフトは若い年代には一般的ですが、祖父・祖母の世代にはタブー視されそうで不安でしょう。しかし、カタログギフトに掲載されているなら、品物としてはタブーになるものも許容範囲に含まれます。そのため、この事情を伝えるならカタログギフトの方がマナーに適した香典返しになるでしょう。商品券も現金と同じ扱いになるため、返礼品として使用することはないでしょう。ギフト券もタブーとして扱われるケースもあり、ご両親との相談が欠かせません。祖父・祖母は目上の方ですので、現金と同じ意味合いの商品券は香典返しとしてタブーに該当します。香典返しが遅れたり連絡が行き届かないのも、祖父や祖母に対して失礼に当たりますので対処方法を学んではいかがでしょうか。

祖父・祖母への香典返しが遅れた時の手紙の文例や対処法

祖父・祖母への香典返しが遅れた時の手紙の文例や対処法

祖父・祖母に香典返しを贈ろうと思っていたのに忘れたという方がいるでしょう。恐らく葬儀後が多忙になることをご存知ですので、立腹することはないでしょうが手紙でのフォローなど対処方法が必要です。香典返しが遅れたことをお詫びする文章を入れておくと安心でしょう。後からカタログギフトなどを贈るときでも同じです。文例としては「四十九日を終えた報告」「生前の故人への心遣いへの感謝」「遅れたお詫び」「品物を贈ったので受け取って欲しい」という内容を順番通りに入れておきましょう。手紙を添えたカタログギフトに時間がかかるようなら、孫から直接電話をするのも良い対処方法です。久しぶりに声を聴かせてあげることで失礼な対応のイメージを薄くすることも出来るでしょう。電話でお詫びを伝えるなら、手紙には遅れたお詫びを記載しなくても良い場合があります。以上のように、祖父・祖母への香典返しが遅れた場合は、相手の立場を配慮した対処方法を用いるようにして下さい。孫に対して香典返しが届かないと怒る祖父・祖母はいないと思いますが、きちんとお詫びの言葉を伝えるのが大人として誠実な対応となります。節目のマナーには、ご紹介したような注意が必要です。

祖父・祖母への香典返しでお贈りしてはいけないもの

祖父・祖母への香典返しでお贈りしてはいけないもの

祖父・祖母への香典返しとして贈ってはいけないものもありますのでご紹介しましょう。お祝いでもお礼でも、踏んで使用するスリッパや敷物類は失礼に当たるので返礼品には選びません。お酒や生ものを選んではいけないのはタブーでもご紹介したとおりです。形として残る品物は不祝儀の記憶を残してしまいますので、食べてなくなるものや使ってなくなるものを選ぶのが基本です。消耗品や生ものではない食品が該当するでしょう。香典返しはお祝いに対する返礼品とは異なりますので、実は細かい配慮が求められます。カタログギフトに掲載しているものは、贈ってはいけないもののジャンルから外れるので、祖父・祖母への香典返しにも最適です。贈ってはいけないものを把握しきれないならカタログギフトを使うことで、マナーを熟知している祖父・祖母にも礼儀正しく香典返しを選べます。贈ってはいけないものとタブーを理解した上で、しっかり対応できれば理想的な香典返し選びはとても簡単にできるでしょう。昔ながらの礼儀作法を全て理解するのは難しいので、タブーや基本のマナーを知っておくだけで十分です。マナー違反回避の方法が増えており、カタログギフトも有効活用できます。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧