友人への香典返し2

コンテンツ一覧

友人への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集

友人への香典返しに添えるお礼状の書き方例文集

葬儀に参列してくれた友人には香典返しを贈りますが、手紙を添えるのがマナーとなっています。しかし友人は親しい間柄なので、硬い書き方の文章は避けたいと思う方も多いでしょう。フォーマルな儀式に関するお礼ですので、香典歌詞に添える手紙も出来れば固い文体にしましょう。たとえば父親が亡くなったのなら、「先日の父(父親の名前)永眠に際しましては、ご丁寧なお心遣いを賜り誠にありがとうございました。○月○日に四十九日の法要を滞りなく済ませることが出来ました。生前に個人が賜りましたご厚情に対して改めて御礼申し上げます。心ばかりの品を供養のしるしにお送りしますのでお納めくださいませ。」など文例をアレンジして手紙を添えます。お返しにカタログギフトを選ぶ方がいますので、その時は業者に依頼して手紙を添えるのがお勧めです。年代によってはカタログギフトを返礼にするなら手紙は必要ないと思う方もいますが、マナー違反にならないように注意しましょう。香典返しの手紙の書き方を参考にしながら、友人へ香典返しを選びましょう。香典返しにはタブーの品物もありますので、カタログギフトの方が無難に活用できるでしょう。先方が選ぶ分には問題ない品物も多いのです。

友人への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

友人への香典返しの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

香典返しの水引や表書きは、他の親族も友人も同じく対応します。繰り返さない方がいいセレモニーですので、水引は黒白の結びきりを使用します。葬儀の後の香典返しは「志」を表書きとして喪主の名前を添えます。法事の引き出物なら「粗供養」、49日あけには「忌明志」を分けて使用していますので使い分けてください。もちろん、返礼品をカタログギフトにしてものしをつけるのがマナーです。恐らく依頼を受けたカタログギフトの業者にのしを省略してほしいと言っても、本当に良いのか確認されるでしょう。友人宛4に香典返しを選ぶときも、水引やのしを省略することはマナー違反だと考えてください。友人宛の香典返しではマナーを簡略化しても許される気持ちになるのはどなたも同じでしょうが、家族の葬儀で香典をいただいていますので、フォーマルな対応が欠かせません。手紙でも同じですし、香典返しに添えるのしや水引も同じ扱いになります。ご自分でカタログギフトなどの香典返しにのしとつけることはありませんが、業者に指示をするときに知識があれば失敗することはありません。友人同士でも失礼があると今後のお付き合いに触るので、出来るだけ気を付けて香典返しを贈るようにして下さい。

友人への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合の対処法とは?

友人への香典返し、「香典返し不要」と辞退なさった場合の対処法とは?

葬儀では不祝儀袋に、香典不要と記載されている場合があります。気持ちがあって辞退してくださったのだとわかりますが、香典返しは辞退した友人にも贈るのが基本的なマナーとなっています。友人から香典返し不要の意思表明があった時の対処方法とは、どうするといいのでしょうか。まず、一般的な香典返しの品物とは分けて考えた方が良いでしょう。カタログギフトのように、感謝のギフトとして贈る方法があります。お茶や乾物など、香典返しでスタンダードな品物を用意していても、カタログギフトに切り替えておくと香典返し不要の気持ちに反することなく感謝のギフトに出来るメリットがあります。もちろんギフトだけでは友人への気持ちが伝わりませんので、手紙を添えることによってこちらの意思を伝えることも出来るでしょう。香典返し不要と不祝儀袋に書いていても、断固として受け取らないという友人はいないでしょうから、カタログギフトなどを贈って連絡を取り合いましょう。何か特別の理由がある以外は、香典返し不要としている友人にも返礼品を贈るのがマナーです。きちんと連絡を取っていると意思疎通に問題は起こらないので、この点には注意することをお勧めします。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧