お祝い返しのマナー

コンテンツ一覧

お祝い返しを送る時期や金額

お祝い返しを送る時期や金額

「お祝い返しを送る時期や金額」については、何についてのお祝いをいただいたのかによってそれぞれ違っています。お祝いのお返しをしなくても良いものなどもありますが、一般的にお返しをするのは、結婚のお祝いや出産のお祝いなどが代表的です。結婚のお祝いをいただいた方を結婚式や披露宴にご招待して出席していただいている場合には、お帰りの際に引き出物として「お祝い金 お返し」を持ち帰っていただきます。昔は鯛やはまぐり、伊勢海老などの形に砂糖を詰めたものだったり、かまぼこなどをお目出度い形に作った物を引き出物としてお渡ししたりしました。最近では「お祝い金 お返し」としてカタログギフトを持ち帰っていただくことが多くなっています。結婚式や披露宴に出席していただかなかった方にも、結婚式後一カ月以内にはいただいたお祝いの金額に応じたお返しをします。出産祝いのお返しについても、お宮参りを済ませたらお返しをするようにします。結婚のお祝いと同じようにカタログギフトを「お祝い金 お返し」として利用すると便利です。出産後は何かと忙しいのでお返しの品物を選んだり手配したりする手間が省けます。お返しを貰う側も、好みの品物を選べるので喜んでいただけます。

お祝い返しの「のし」の書き方やマナー

お祝い返しの「のし」の書き方やマナー

「お祝い返しの「のし」の書き方やマナー」については、結婚式などは「内祝」や「寿」として、昔は両家の結びつきの意味合いが大きく、両家に対してのお祝いへのお返しということで水引の結び目の下には新郎側・新婦側の姓を書きました。最近では両家の結びつきよりも新郎新婦を中心に考えて、水引の結び目の下には新姓の苗字の下に夫婦の名前を書くことも多くなっているようです。出産祝いのお返しについてはのしには「内祝」として、水引の結び目の下には生まれたこどもの名前を書きます。結婚の「お祝い金 お返し」としても出産祝いの「お祝い金 お返し」にしても、カタログギフトを利用すると便利です。カタログギフトにも、きちんとした「のし」をつけてお返しすることが可能なのでお返しの体裁としてマナーにかなったものとして送ることができます。「のし」で気をつけなければならないのは、書き方とともに水引の選び方があります。水引にはいろいろな種類があり、それぞれに意味があります。結婚や病気の快癒の際の快気祝いなどのお返しには、何度もあるのは縁起が悪いということで水引は結びきりのものを使います。また、出産祝いや開店祝いなど繰り返して良いものは蝶結びの水引を使います。

お祝い金をいただいたときのお礼状の書き方

お祝い金をいただいたときのお礼状の書き方

「お祝い金をいただいたときのお礼状の書き方」については、どんなに忙しくてもきちんと時間をとって、お祝いをいただいた方に対してお礼の手紙を書くようにすると印象が良いのではないでしょうか。印刷したものでは無く、できれば手書きの手紙が良いでしょう。心をこめて感謝の言葉を書くことによって、お祝いをいただいた方がお祝いをしてあげて良かったと喜んでくださるでしょう。結婚のお祝いの場合であれば、ふたりが喜んで頂戴したということや、両親も喜んでいるといったことなど、結婚後の将来への展望やこれからもご指導ご鞭撻をいただけるようにお願いしますといった言葉を文章にします。いただいた「お祝い金 お返し」としてカタログギフトを送るときに、お礼状を送ればとても丁寧です。カタログギフトは、食品や食器、タオル類などといった、さまざまな品物が掲載されているので、お好みの物を選んでいただけるので、お返しとして人気があります。「お祝い金 お返し」にカタログギフトを送り、お礼の手紙で「カタログギフトをお返しの品として送らせていただきました。」といった文章を加えて書いておくと、お返しを貰う側にも分かりやすく、たいへん丁寧です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
激安 出産お祝い・内祝い 激安 結婚お祝い・内祝い 激安 ブライダル 激安 お祝い・内祝い 激安 グルメ 激安 香典返し

関連記事一覧