お祝い返しのギフトマナー

コンテンツ一覧

結婚祝いのお返しギフトに関するマナー

結婚祝いのお返しギフトに関するマナー

結婚するにあたり、お祝いをいただいたら速やかにお礼の言葉を先方に伝えるようにします。直接頂いた場合はもちろんその場で、配送であった場合は電話をかけましょう。メールでの連絡は余程普段からメールでやり取りをする親しい仲でない限り、控えた方が賢明です。そして、結婚式後なるべく1か月以内お祝いお返しギフトを贈るようにします。お祝いお返しギフトとは、結婚する二人の新たな門出としてお祝いをくださった方々に感謝の思いを込めてお返しするものです。お返しは結婚式に出席できなかった方などへ贈るのが一般的で、地域性にもよりますがお返しする金額の目安はだいたい、いただいたお祝いの半額程度です。頂くお祝いの金額も人により様々ですから、お祝いお返しギフトの予算も複数考えなくてはなりません。せっかく感謝の思いを込めて贈るのですから、先方の趣味にそぐわないといった、もらって困ってしまうようなものは避けたいところです。複数の予算ごとに、贈り先の方々それぞれが喜ぶものを選ぶ。というのはとても難しいですよね。そういった点では、カタログギフトがおすすめです。カタログギフトは予算別にカタログが用意されており、掲載内容も食材から食器・アクセサリーなど幅広く選択できるようになっています。

出産祝いのお返しギフトに関するマナー

出産祝いのお返しギフトに関するマナー

子どもを出産したら知人・親せきからお祝いをいただくことと思います。この時も、結婚の場合と同様にお祝いをくださった方々へ感謝の思いを込めて出産のお祝いお返しギフトを贈るようにします。このお返しの金額には注意したい点があります。最初に贈った側には、自分が贈ったものより高額なものがお返しとして届けられると、不愉快だと感じる方が多いようです(特にご年配に多い)。逆に自分が贈ったものよりはるかに下回るものがお返しされてもやはり不愉快に感じてしまうという方も多いです(こちらは若い世代に多い)。なので、お祝いお返しギフトの金額は頂いた金額の半分を目安とするのが無難でしょう。お返しを贈るのはだいたい頂いてから1か月以内。通常、お宮参りの頃だと認識しておけばよいかと思います。お返しの品物についてですが、人によってタオル類が嬉しいという人もいれば、残ってしまうものは困るのでお茶など消費できるものが嬉しいという人もいます。万人に喜んでもらうためにはカタログギフトを贈るのが最もよいでしょう。カタログギフトだと、先方が自分の欲しいものを選ぶことができますし、複数の予算別にカタログがあるので、こちらもお返ししやすいです。

新築祝いのお返しギフトに関するマナー

新築祝いのお返しギフトに関するマナー

人生で「最も大きな買い物」といえる家の新築。家を新築したら親戚・知人・友人からお祝いをいただくことになると思います。いただくものは、火事をおこすことが無いようにという縁起を担いで火にまつわるものは避けられています。新築祝いをいただいたら、新居にお招きしおもてなしをすることがその方たちへの「お返し」ということになりますが、遠方に住んでいるなどの事情でお招きすることが出来ない場合には、お祝いお返しギフトを贈るようにします。その場合、のしの表書きは「内祝」または「新築内祝」とし、紅白の蝶結びの水引きでのしのついたものにします。お返しの金額の目安は、頂いた金額の半分から3分の1程度です。お祝いお返しギフトの内容ですが、食品・日用品といった実用的な消耗品が適していますが、より相手の好みを外さず喜んでいただくにはお返しにカタログギフトを贈るのがよいでしょう。先にあげた食品・日用品以外にもエステや温泉利用券といったアクティビティ系のものまで幅広いラインナップがあるので、贈られた側にも選ぶ楽しさがあります。また、カタログギフトは電話やハガキで簡単に注文手続きができるので、相手に面倒な手間をかけさせてしまうという心配がありません。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
激安 出産お祝い・内祝い 激安 結婚お祝い・内祝い 激安 ブライダル 激安 お祝い・内祝い 激安 グルメ 激安 香典返し

関連記事一覧