取引先への結婚内祝い3

コンテンツ一覧

取引先への結婚内祝いに関するタブー

取引先への結婚内祝いに関するタブー

自分自身や身内に結婚が決まったら、周りの方々からお祝いを頂く事になるでしょう。その中には仕事上の取引先からお祝いを頂くといった場合もあるかもしれません。このように取引先から結婚のお祝いを受け取った場合には、なるべく早く結婚内祝いをお返しするようにしましょう。一般的にこの結婚内祝いの予算ですが、だいたい受け取ったお祝いの額の半分から3分の1程度をお返しするのが相場とされています。ですが、万が一、かなり高額なお祝いを受け取ったような場合には、この相場通りお返しするのはタブーで、他の方への結婚内祝いより少し多めにお返しするぐらいでよいとされています。次にこの結婚内祝いにどのような物をお返しするかですが、そもそもタブーとされている物があります。それは刃物などの切れる物、陶器などの割れる物です。これらは結婚における贈り物としては縁起が悪いとされているのです。又、個数も偶数個は割り切れる数で縁起が悪いので奇数個を意識する事が大切です。結婚内祝いでよく選ばれる品としては、タオルや洗剤、調味料、お菓子、ジュース、コーヒーなど後に残らないような物が無難とされていますが、カタログギフトも非常に人気のお返しです。品物ですとどうしても好みに合わなかったりするので、その点、カタログギフトなら、お返しを受け取った御本人に自分で選んで貰う事が出来るので、何を選んだらよいか迷わずに済むのです。

取引先への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

取引先への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

結婚が決まったら、結婚式に出席して下さる方々からはほとんど式当日にご祝儀という形でお祝いを受け取る事になるでしょうが、式には出席して貰えない方々からはお祝いだけを頂くという形になる事も多いでしょう。このように結婚のお祝いを受け取ったらなるべく早い内に結婚内祝いをお返しをするのが礼儀です。遅れたとしても、結婚式や入籍の日から1ヶ月以内にはお返し出来るようにしましょう。ですが何らかの事情で遅れたような場合には、その結婚内祝いを送る際に、お祝いに対するお礼状に遅れた事に対するお詫びの一文を入れるとよいでしょう。結婚のお祝いを下さる方々の中には、プライベートな付き合いがある方だけでなく、例えば取引先など公的な付き合いの方からお祝いを受け取るような場合もあるかもしれません。このように公的な付き合いの方からお祝いを受け取った際には、何よりも早く結婚内祝いをお返しするのがマナーでしょうが、遅れる場合もあるかもしれません。そのような場合には、まずお祝いに対するお礼、そのお祝いが品物であればその感想も書きましょう。そして無事に結婚式や入籍が済んだ事の報告、結婚内祝いを贈る事の報告、そしてここで、「本来ならもっと早い段階で贈るべきところを失礼いたしました」といったような内容の一文を入れましょう。そして最後に、今後のお付き合いのお願いをきちんと書くようにしましょう。次にこの結婚内祝いにどのような物を選ぶかですが、無難な物として、お菓子や紅茶、コーヒーなどの詰め合わせが挙げられますが、これも好みがあるので、取引先の好みがいまいち分からないようであれば、カタログギフトがお勧めです。カタログギフトなら、お返しを受け取った方自身に好みの品を選んで貰う事が出来るので失敗がありません。

取引先への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

取引先への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

結婚が決まり、周りの方々から結婚のお祝いを受け取った場合には、それに対して結婚内祝いをお返しするのが常識です。この結婚内祝いの相場ですが、だいたい受け取ったお祝いの半分から3分の1程度をお返しするのが相場と言われています。ただ、もしかなり高額なお祝いを受け取ったような場合には、この相場にあまりこだわらず、他の方々への結婚内祝いの額より少し多めにお返しするようにしましょう。次にこの結婚内祝いに適する物としては、タオルや洗剤など誰もが使うであろう日用品や、食べ物や飲み物など後に残らない物が無難とされています。逆に結婚に関する贈り物で贈ってはいけないとされている物には、刃物や割れ物などは縁起が悪いので贈ってはいけないとされています。結婚のお祝いは日頃から親しくしている方々からだけ受け取るものでもなく、遠方の親戚や取引先など、日頃プライベートでそこまで親しくお付き合いの無いような方からも受け取る場合もあります。そのような場合、一般的にタブーとされている物は避けるとしても、なかなか好みが分からない事も多いでしょう。そうなると日用品や食べ物系を選ぶといっても悩まれるかもしれません。そのような場合にお勧めなのがカタログギフトなのです。カタログギフトなら相手の方に品物を選んで貰う事になるので、プライベートでお付き合いの無い遠方の親戚や取引先に対しても安心してお返しする事が出来るでしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧