取引先への結婚内祝い2

コンテンツ一覧

取引先への結婚内祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

取引先への結婚内祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

結婚内祝いとは、結婚の際に頂戴したご祝儀への感謝と、結婚をご報告するという意味があります。通常、結婚式や結婚披露宴などに参列頂かなかった方からお祝いを頂戴した場合にお贈りするものです。お式にはご招待することはなかったけれども、仕事でのお取引先からお祝いを頂戴することもあるでしょう。そういった場合に結婚内祝いを贈るのですが、単にお品物をお贈りすだけではなく、きちんと感謝の気持ちを文章としてしたためたメッセージカードを添えることをお勧めします。カタログギフトにはメッセージカードがつくサービスもありますので、その場合は是非利用しましょう。メッセージカードには、まず、頂戴したお祝いとそのお心遣いに感謝の気持ちを表しましょう。そして、結婚のご報告をきちんと述べます。ここで注意が必要なのが、全体的な文章の雰囲気です。結婚を祝福され、幸せな気持ちを前面に文章を作成してしまうと、くどくなったり、尊大な印象を与えかねません。あくまで、控えめな文章を心がけましょう。お相手は仕事上のお取引先であることを忘れずに、ビジネス上のお付き合いの上での礼を逸することのないように、節度を保った文章にするように気を配ると良いでしょう。メッセージカードがついたカタログギフトを賢く利用することをお勧めします。

取引先への結婚内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

取引先への結婚内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

結婚内祝いに人気の高いお品と言えば、贈られた方の好みで選ぶことができるカタログギフトです。カタログギフトであれば結婚内祝い用のものも用意されていますので、タブーと言われるお品を間違って手配してしまうことも防げます。こういったことからも、仕事上の取引先への結婚内祝いとしても、最適だといえるでしょう。結婚内祝いのような慶事の贈りものには、のしをかけることになっています。水引は紅白のもので、両方の端が上向きになっているものを選びます。最も注意しなければならないのが、その水引の形状です。水引には、蝶結びと結び切りの二つの形があります。蝶結びはほどけてまた結びなおしが出来ますので何度でも繰り返して良いこととして、慶事の贈りものに使われるのですが、婚礼関係には適していませんので注意が必要です。結婚内祝いの場合は、結びが解けない、これ一度きりとしての結び切りの形を選びます。またのし上に書く内容を表書きと言いますが、ここには寿、もしくは内祝とするのが一般的とされています。お取引先とは、今後も仕事上のお付き合いが続くのですから、決して礼を逸することのないように、マナーに沿った贈り方となるように十分気をつけましょう。

取引先への結婚内祝い、もらって嬉しいものとは?

取引先への結婚内祝い、もらって嬉しいものとは?

結婚内祝いとは、お祝いを頂戴したけれどもお式には参列していただかなかった方への感謝の気持ちを表し、結婚のご報告をする意味があります。挙式には参列されない仕事上のお取引先からお祝いを頂くことも多いでしょうから、その場合は、マナーに従って結婚内祝いをお贈りすることになります。仕事上のお取引先とは、今後も円滑なコミュニケーションが求められるものです。ご友人やご親戚とは違い、ビジネスの場でのお付き合いなのですから、社会人としての礼を逸することのないようにしたいものです。その点カタログギフトは、結婚内祝いに適したものが厳選されていますので、安心してお贈りできるお品となっています。手間もかからず手配も簡便であるので、時期を外してしまうようなマナー違反も防ぎやすいですね。また、せっかく結婚内祝いをお贈りするのですから、お相手に気に入って頂けるお品物を選びたいものですが、プライベートなお付き合いのないお取引先のお眼鏡にかなうお品を一点だけ選ぶのは至難の業です。ですがカタログギフトであれば、バラエティ豊かなラインナップで取り揃えられていますし、その中から選んで頂ける楽しみ方もあります。贈る方の安心も、贈られる方の喜びも両立できる結婚内祝いとするには、カタログギフトがお勧めできるのです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧