親戚への結婚内祝い2

コンテンツ一覧

親戚への結婚内祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

親戚への結婚内祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

結婚する事になり、結婚式を挙げるとなると、それに出席して下さる方々からはご祝儀という形でお祝いのお金を頂く事になるでしょう。ですが、もし結婚式そのものを挙げなかったり、結婚式は挙げたものの、それには出席して貰えなかった方から、結婚のお祝いだけを受け取るといったような場合もよくある事です。その中には親戚の方もいらっしゃるでしょう。もし親戚の方から結婚のお祝いだけを受け取った場合には、出来るだけ早い内に結婚内祝いという形でお返しする事が大切です。この結婚内祝いですが、一般的相場としては、頂いたお祝いの半分から3分の1程度の額とされています。親戚からの結婚のお祝いとなりますと、相場としては1万円から3万円程度とされています。ただ、親戚の方の中には相場よりかなり多くのお祝いを下さるような方もいらっしゃるかもしれません。このような場合には、相場を気にせず、他の方より気持ち多めにお返しする感じでよいでしょう。そしてこの結婚内祝いにお勧めの品としては、今とても人気の品としてカタログギフトがあります。カタログギフトなら相手の好みが分からなくても、相手の方に品物を選んで貰う事が出来るからです。そして実際に結婚内祝いをお返しする際には、メッセージカードを添えるようにしましょう。メッセージカードの書き方ですが、まず結婚のお祝いのお礼、そのお祝いが品物なら、それに対する感想を添えましょう。そして結婚内祝いを贈る事の報告、最後にこれからのお付き合いのお願いと続けます。そこまで遠方で無い親戚の方にでしたら、「お近くにお寄りの際には是非お立ち寄り下さい」といったような内容を入れると尚良いかもしれません。

親戚への結婚内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

親戚への結婚内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

結婚式に出席して下さる方々からは、当日、お祝いのお金としてご祝儀を受け取る事になるのが一般的です。ですが、近くにお住まいの親戚の方などからは結婚式より前の段階でご祝儀を受け取る事もよくある事です。どちらにせよ、ご祝儀を頂いた方には、結婚式当日に引き出物という形で新郎新婦からお返しするのが一般的です。その一方で結婚式には出席して貰えなかった方から、結婚のお祝いだけを受け取るという事もあります。親戚の方の中にも、遠方に住まれていたり、何らかの事情で結婚式には出席して貰えず、お祝いだけを頂く事もあるでしょう。このように結婚のお祝いだけを受け取った場合には、結婚内祝いという形でお返しをするのがマナーです。この結婚内祝いですが、だいたい受け取ったお祝いの半分から3分の1程度をお返しするのが相場で、よく選ばれる品としては、タオルや洗剤などの日用品やコーヒーやお菓子、乾物などの食料品系があります。又、最近人気の結婚内祝いとして、カタログギフトがあります。このカタログギフトですが、引き出物でもだんとつ一番人気の贈り物ではないでしょうか?品物ですとどうしても好みが合う合わないが出て来てしまいますが、カタログギフトなら、相手の方に品物を選んで貰う事が出来るので、そこが人気の理由なのでしょう。次にこの結婚内祝いですが、のしを付けてお返しするようにしましょう。結婚内祝いののしは、紅白結び切りの水引が付いたのしを選びます。そして水引の上に「内祝」か「寿」と書き、水引の下に新姓だけ、あるいは新姓の下に新郎新婦の名前を並べて書くのが一般的とされています。

親戚への結婚内祝い、もらって嬉しいものとは?

親戚への結婚内祝い、もらって嬉しいものとは?

結婚式を挙げ、それに出席して下さる方々からは、ご祝儀という形でお祝いのお金を頂く事になります。これに対して新郎新婦は引き出物という形でお返しを渡す事になるのです。ですが、結婚式に知人、親戚、全ての関係者を招待する事は不可能ですし、招待したものの、何らかの事情で出席して貰えないといったような場合もあります。このように結婚式に出席して貰えなかった方の中に、結婚のお祝いだけを贈って下さるような方もいらっしゃいます。このように結婚のお祝いだけを頂いた場合には、なるばく早い内に結婚内祝いという形でお返しするのが一般的です。ではこの結婚内祝いにどのような物を選ぶのが無難かと言うと、昔から言われている事に、タオルや洗剤などの日用品やお菓子やコーヒー、調味料などの食料品系が無難なお返しと言われてきました。ですが、このような定番品も、時代と共に必ずしも定番とは言えなくなってきているのです。好みも多様化してきていますし、家族構成だってバラバラです。「おそらく誰もが使うであろう」と思っても、そうとも限らなくなっているのが現実なのです。それなら、商品券やギフト券といったような物が喜ばれそうですが、さすがにこれだとお金と同じになってしまうので、特に目上の親戚の方には失礼に当たる可能性もあります。そこでお勧めの物としてカタログギフトがあります。カタログギフトとは、カタログ内には限りますが、自由に品物を選ぶ事が出来ます。ですが、商品券やギフト券といったような物のようにお金とは又性質が違うので、失礼に当たる事も無いのです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧