義両親への結婚内祝い3

コンテンツ一覧

義両親への結婚内祝いに関するタブー

義両親への結婚内祝いに関するタブー

結婚するとなると自分の両親から、そして結婚相手の義両親からも結婚のお祝いを頂く事になるでしょう。このように結婚のお祝いを頂いた場合には、それに対して結婚内祝いという形でお返しするのが一般的です。この結婚内祝いですが、一般的相場としたら、だいたい頂いたお祝いの半分から3分の1程度をお返しするのが相場とされています。ですが、自分の両親や義両親への結婚内祝いとなると話しは変わってくるでしょう。そもそも、他人から頂くお祝いとは額が違うでしょうし、ある意味、両親、義両親は身内にあたる方々です。そのような方々に対して、一般的相場通り、半分や3分の1程度の額でお返しすると壁を作るようで失礼に当たる事になりかねません。日頃の感謝の気持ちと「これからも宜しくお願いします」という気持ちを込めて何か贈り物をするといった感じが好まれるでしょう。どのような物を贈ればよいかですが、まず刃物などの切れる物や、食器などの割れ物はタブーとされているので避けるようにしましょう。又、偶数も割り切れる数でタブーとされているので、個数などにも注意が必要です。どうしても具体的品物が思い付かないといった場合にはカタログギフトがお勧めです。カタログギフトなら様々なジャンルの品物が掲載されているので、そこから自由に好きな物を選んで貰う事が出来るでしょう。

義両親への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

義両親への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

結婚が決まり、結婚式や入籍が近付くと、自分の両親、そして相手の方の義両親からも結婚のお祝いを頂く事になるでしょう。このように両親や義両親からのお祝いとなると、ある程度まとまった金額のお祝いを頂く場合も少なくないでしょう。このようにある程度まとまった金額のお祝いを受け取ったものの、結婚式や新生活の準備に追われなかなか結婚内祝いを渡せず仕舞いで日にちが過ぎていってしまうという事はよくある事です。もし自分の両親ならまだしも、義両親への結婚内祝いが遅れた場合には、その事に対するお詫びの気持ちをきちんと伝えた方が良いでしょう。結婚式が終わり一段落した時でも、直ぐに新婚旅行に行くのなら、新婚旅行から帰って来てからでもよいので、今後のお付き合いのお願いも兼ねて2人で直接挨拶に行くのが礼儀でしょう。ただ、事情がありどうしても直接尋ねて行く事が無理な場合には、結婚内祝いと一緒に、結婚内祝いが遅れた事へのお詫びの気持ちと、お祝いへのお礼、そして今後のお付き合いのお願いを記した手紙を添えるようにしましょう。ここで義両親への結婚内祝いの品ですが、まとまった額のお祝いを受け取ったからと言って、それに見合った高価な品をお返しする必要はありません。自分達の出来る範囲で、気持ちがこもった品をお返しすれば充分でしょう。どうしても具体的な品物が思い付かないような場合には、カタログギフトがお勧めです。カタログギフトなら様々な商品が掲載されているので、その中から気に入った品物を選んで貰う事が出来るはずです。

義両親への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

義両親への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

結婚が決まったら、自分の両親から、又、結婚相手の義両親からも結婚のお祝いを頂く事になるでしょう。普通、結婚のお祝いの相場としては、結婚式に出席する場合には1人3万円、夫婦2人で出席する場合には2人で5万円、親族などの身内や職場の上司になると1人5万円、夫婦2人で10万円とされています。ですが、両親や義両親からのお祝いとなると更に高額である場合もあるかもしれません。普通、このお祝いに対するお返しを結婚内祝いと言うのすが、この結婚内祝い、だいたい受け取ったお祝いの半分から3分の1程度をお返しするのが相場とされていますが、両親や義両親に対してはこの相場をそこまで気にする事はないでしょう。「新生活の少しでも足しにして欲しい」という親心から贈って下さったお祝いでしょうから、身の丈にあった額でお返しすればそれで充分でしょう。ただ、この結婚内祝いで贈ってはいけないとされている物があるので、そこは注意した方が良いでしょう。結婚内祝いで贈ってはいけないとされている物に、刃物などの切れる物や、陶器などの割れ物は縁起が良くないので避けるべきとされています。又、個数も偶数は割れる数で縁起が良くないとされているので、個数にも気を付けるようにしましょう。もし義両親が日頃から欲しがっている物があるようならそれを贈るのが一番良いのでしょうが、そのような物もなく、これといった物も思い付かないようなら、カタログギフトがお勧めです。カタログギフトなら幅広いジャンルの商品、そしてブランドが掲載されているので、広い選択肢の中からお気に入りの1品を選んで貰う事が出来るはずです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧