実両親への結婚内祝い3

コンテンツ一覧

実両親への結婚内祝いに関するタブー

実両親への結婚内祝いに関するタブー

結婚が決まったら、友人、職場の同僚、親戚など様々な方から結婚のお祝いを頂く事になるでしょうが、実両親からもまとまった額のお祝いを頂くケースが多いかもしれません。このように実両親からまとまった額の結婚のお祝いを頂いた場合、そもそも結婚内祝いなるお返しはするものなのか?という疑問を感じる人もいるかもしれませんが、他人への結婚内祝いとは又別問題で、それまで育ててくれた感謝の気持ちやこれからもお願いしますという気持ちを込めて何らかのお返しを渡せたら良いのではないでしょうか?なので、一般的に言われている、結婚内祝いの相場である受け取ったお祝いの額の半分から3分の1程度といったような金額通りにお返しするのは、実両親に関してはタブーかもしれません。これだとあまりにも他人行儀過ぎて実両親に対して失礼でしょう。自分達の身の丈に合った額で、気持ちでお返しすればそれだけで充分なのです。ただ、世間一般的にも、結婚内祝いに切れる物や割れる物は縁起が悪いのでタブーとされていますし、あと偶数個も割り切れる数で縁起が悪くタブーとされているので、そこは気を付けた方が良いでしょう。具体的にどのような物をお返しするかですが、実両親なので、日頃から欲しがっている物を把握しているなら是非その品を、そのような物を把握していないようならカタログギフトがお勧めです。カタログギフトは幅広いジャンルの商品が掲載されているので、その中からじっくりと品物を選んで貰う事が出来ます。

実両親への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

実両親への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

結婚が決まり結婚式を挙げるとなると、それに出席して下さる方々からはご祝儀という形でお祝いのお金を頂く事になるでしょう。このようにご祝儀を頂いた場合には、普通、披露宴の最後に引き出物という形でお返しを渡す事になります。又、結婚式そのものを挙げなかったり、結婚式は挙げたものの、それには出席して貰えなかった方から、結婚のお祝いだけを頂く事もあるでしょう。その場合、お祝いはお金であったり品物であったりします。どちらにせよ、このように結婚のお祝いを頂いた場合には、なるべく早い内に結婚内祝いという形でお返しするのがマナーです。ですが、この結婚のお祝い、実両親からも受け取る人がほとんどだと思います。義両親はほぼ結婚式には出席して貰う事になるでしょうし、記念の品として、みなさんにお返しした引き出物と同じ品をお返しするという人も多いでしょうが、それとは別に日頃の感謝の気持ちやこれからもお願いしますという気持ちを込めて、何らかの結婚内祝いを贈るという人も多いでしょう。結婚内祝いは一般的にはなるべく早い内にお返しするのがマナーですが、実両親に関しては結婚式や入籍が無事に終ってからお返ししたとしても遅れた感じにはならないでしょう。ただ、遅れたからではなく、気持ちを伝える意味でも手紙を添えてお返しする方が良いでしょう。この手紙ですが、まず結婚のお祝いへのお礼、新生活の抱負、そして気持ちだけですが結婚内祝いを贈る事、最後にこれからもお願いしますという気持ちを綴るようにしましょう。次に何を贈るかですが、日頃から欲しがっている物が分かっているならそれを、そのような物が無さそうな場合には、カタログギフトがお勧めです。カタログギフトならたくさんの商品の中からゆっくりと選んで貰う事が出来ます。

実両親への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

実両親への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

結婚が決まったら、実両親からも結婚のお祝いを頂く事になるでしょう。この実両親からのお祝い、一般的なお祝いの額より高額なお祝いである場合も多いかもしれません。普通、この結婚のお祝いに対するお返しである結婚内祝いの相場としては、貰ったお祝いの額の半分から3分の1程度をお返しするのが礼儀とされています。ですが、実両親への結婚内祝いとなると又話しは別でしょう。実両親からしたら、「新たな門出の少しでも足しにして欲しい」という気持ちから渡して下さったお祝いなので、それに対して世間の相場通りお返ししていたら、それはあまりにも水臭いという話しになってしまいます。なので、相場は気にせず、実両親が日頃から欲しがっている物や、贈ったら喜んで貰えそうな物を自分達の経済状況に合わせて贈ったらそれで充分でしょう。ただ、結婚に関する贈り物において、刃物などの切れる物や陶器などの割れる物は贈ってはいけないとされていますし、偶数個も割り切れる数で縁起が悪いので贈ってはいけないとされているので、その点には注意するようにしましょう。もし具体的に欲しがっている物や喜んで貰えそうな物がよく分からないという人は、カタログギフトをお返ししたら間違いないでしょう。カタログギフトは本人に好みの物、必要な物をゆっくり選んで貰う事が出来るので、失敗の無い贈り物と言えます。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧