祖父・祖母への結婚内祝い3

コンテンツ一覧

祖父・祖母への結婚内祝いに関するタブー

祖父・祖母への結婚内祝いに関するタブー

「祖父・祖母への結婚内祝いに関するタブー」については、冠婚葬祭では昔から縁起を大事にするという風習が日本にはあるので、そういった古くからの決まりごとについて気を付けるようにしましょう。特に高齢の祖父・祖母は、人生経験も豊かですから冠婚葬祭でのタブーについてもよく知っていて、気にする人も多いでしょうから、現代的な感覚で祖父・祖母の気持ちを傷つけることがないようにしましょう。せっかくの孫の結婚という嬉しいできごとに水を差すようなことをしないというのも、祖父・祖母へのいたわりであり、夫婦としての社会生活をしていく上でも冠婚葬祭の常識を学ぶことは大事です。では、どういったものが結婚内祝いにはふさわしくないとして、タブーにされているのでしょうか。一般的には「縁を切る」ことを連想させるために刃物は良くないとされています。また割れものも良くないとか数は偶数だと割り切れるので切れるにつうじるために良くないといったことも言われます。ただ、地方によっては「未来を切り拓く」というイメージで刃物を結婚内祝いに使うところもあります。結婚内祝いにカタログギフトを利用するとこうしたタブーにも配慮したお返しができます。カタログギフトは安心して利用できる結婚内祝いです。

祖父・祖母への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

祖父・祖母への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

「祖父・祖母への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法」については文例を下記に二・三挙げますので参考にしてください。
文例
このたびは、私達の結婚に際してお祝いをいただきありがとうございました。
慣れない事が多く、本来であればもっと早くお礼を申し上げないといけなかったのですが、
つい、おじいちゃん・おばあちゃんに甘えてしまって遅くなってしまいました。
こころばかりの品を贈りますのでお受け取りください。

先日は結婚のお祝いをたくさんいただき、ありがとうございました。
あわただしく過ごすうちに時間が過ぎてしまって、お礼が遅くなり申し訳ありません。
落ち着いたら、ふたりで伺いますので待っていてください。
内祝いの品を同送しますので、ご笑納ください。
祖父・祖母にしてみれば、孫の結婚を嬉しいことだと喜んで結婚祝いをしてくれているはずです。また人生経験がゆたかな年配の人であれば、結婚生活のあわただしさも理解できます。お祝いをいただいたお礼や遅れたことを詫びる手紙が添えられていれば、結婚内祝いが届いたことで安心してくれることでしょう。カタログギフトを内祝いに利用すれば、祖父・祖母の好みの品を選んでもらうことができます。カタログギフトには結婚内祝いにふさわしい品が掲載されています。

祖父・祖母への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

祖父・祖母への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

「祖父・祖母への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの」については、一般的に結婚に関する品物でタブーとなっているものと同じです。一般的には「縁を切る」ことを連想させるために刃物は良くないとされています。また割れものも良くないとか数は偶数だと割り切れるので切れるにつうじるために良くないといったことも言われます。ただ、地方によっては「未来を切り拓く」というイメージで刃物を結婚内祝いに使うところもあります。こうした縁起に関係してお贈りしてはいけないものの他にも、祖父・祖母が高齢であった場合などには、配慮をした方が良いということもあります。高齢であれば持病があるという人もいます。例えば糖尿病などの場合には若い人の間では人気のあるパティシエのスイーツであっても、病気の人にはたくさん食べてはいけないということもあります。かわいい孫からの内祝いということで喜んで、そして賞味期限も短ければ急いで食べようと食べ過ぎたりすることもあります。結婚内祝いにカタログギフトを利用すれば、スイーツの他にも保存期間が長い食品を選ぶこともできます。またカタログギフトには食品の他にもリネン類や洗剤なども掲載されているのでほんとうに必要な品を選んでもらうことができます。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧