祖父・祖母への結婚内祝い2

コンテンツ一覧

祖父・祖母への結婚内祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

祖父・祖母への結婚内祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

結婚内祝いを祖父・祖母に贈る場合は、ご自分もしくはパートナーの祖父・祖母いずれの場合もメッセージカードよりは手紙にした方が良いでしょう。メッセージカードを添えるとしても丁寧な文章が必要です。手紙なら「拝啓」に始まり「敬具」で終わる文体が理想的で、春なら「春うららかな季節を迎え皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます」というように季節の言葉から書き始めて結婚のお祝いに対してのお礼を述べます。カタログギフトを結婚内祝いにするときでも手紙を添えるならフォーマルな文体になります。メッセージカードでは短い書き出しが良いので「花だよりが各地から届くこの頃お元気でお過ごしでしょうか」の季節の言葉で始め、簡略でもお礼を忘れないようにしましょう。祖父・祖母もカタログギフトのように好きなものを選べる結婚内祝いは喜んでくれますし、手紙やメッセージの文章がしっかりしていることで、孫が立派な大人になったと実感するものです。ご自分の祖父・祖母にはより感謝の気持ちを伝えたいことでしょうが、結婚内祝いはマナーに合わせて行いますので、個別のメッセージで気持ちを伝えるように分けて考えると良いです。

祖父・祖母への結婚内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

祖父・祖母への結婚内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

祖父・祖母への結婚内祝いでも、のし・水引・表書きのマナーは守りましょう。カタログギフトを選んだ場合は、業者の方でもマナーに必要な項目を確認してくれるので安心ですが、基本的なことは覚えた方が安心です。結婚は何回もするものではないので、結びきりの水引を選び、表書きは「結婚内祝」で構いません。夫婦の連名も書き添えておきましょう。事情により結婚式に祖父・祖母に来てもらえなかった場合は、パートナーの名前をお披露目するにも表書きの連名は必須です。最近ではデザインを施したのしも多くなりました。祖父・祖母に贈る場合は、スタンダードなのしの方が良いのですが、カタログギフトでも熨斗を個別に付け替えるサービスがあまりないでしょう。全員同じくスタンダードなのしや水引を添えると失礼に当たることはありません。結婚内祝いは祖父・祖母に対しても礼儀正しく贈るのが常識です。ご自分の祖父母だけでなくパートナーの祖父母に贈ることも考えると、礼儀作法に油断はできないでしょう。地域によって風習が異なるローカルルールの他に、各ご家庭での決まり事があるケースも考えられますので、両親などに先に確認してから間違いのないようにしてください。

祖父・祖母への結婚内祝い、もらって嬉しいものとは?

祖父・祖母への結婚内祝い、もらって嬉しいものとは?

祖父・祖母に結婚内祝いを贈るときはどんな品物にするのかも迷ってしまうでしょう。しかし結婚内祝いに欲しいものとは?と本人に確かめることはできません。そこで、カタログギフトのように好きなものから選んでもらうか、結婚内祝いでもらってほしいものとは?とアンケートを取ったランキングを参考にしてください。ランキングを参考にしても祖父・祖母が当てはまらないと思う方には、カタログギフトの方が安心できるでしょう。祖父・祖母は結婚のお祝いも高額のケースがありますが、結婚内祝いには相場がありますので目上の方に失礼のないように選びましょう。高額なご祝儀をいただいても、祖父・祖母がお返しは必要ないといった場合、結婚内祝いは贈らないのがマナーです。気持ちを表すお礼状を贈るか、個別にプチギフトを渡した方が喜んでくれるでしょう。結婚内祝いを断られたときの礼儀正しいマナーも合わせて確認しておくことをお勧めします。ご自分の祖父・祖母ならプチギフトも渡しやすいですが、パートナーの祖父・祖母に対しては、ご自分からではなくパートナーから渡してもらった方が今後の関係もスムーズになります。関係性も踏まえて適切な結婚内祝いを贈ってください。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧