兄弟・姉妹への結婚内祝い2

コンテンツ一覧

兄弟・姉妹への結婚内祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

兄弟・姉妹への結婚内祝いに添えるメッセージカード・手紙の書き方例文集

結婚内祝いを兄弟・姉妹に贈るときにもメッセージカードを添えるのがマナーです。文章には注意点があり、兄や姉であれば目上になりますので、できるだけフォーマルな文体が良いです。また、弟や妹が独身なら少し砕けた文章でも構いませんが、既婚なら弟や妹の配偶者との関係もありますので、この場合にはフォーマルな文章が理想的です。カタログギフトを贈るとしてもメッセージカードは添えた方が良いでしょう。実際の文例ですが、「結婚祝いをいただき心より感謝しております。心ばかりのお礼の品ですがご笑納くださいませ。末永くお付き合いくださいますようよろしくお願い申し上げます。」といった文章をメインとしてアレンジしてください。結婚内祝いの品を選ぶときに、ご自分、もしくは配偶者の兄弟・姉妹に向けて選ぶと、その配偶者がないがしろにされたイメージになります。そのようなトラブルにならないように、カタログギフトを贈ると好きなものを選んでくれるでしょう。また、添えるメッセージカードも、兄弟・姉妹の配偶者の名前も入れて、連名の宛名にすると、配慮の行き届いた結婚内祝いとなります。感謝の気持ちと配慮を込めてメッセージを作るのがお勧めです。

兄弟・姉妹への結婚内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

兄弟・姉妹への結婚内祝いの熨斗(のし)・表書き・水引のマナー

兄弟・姉妹に結婚内祝いを贈るときは、カタログギフトを贈るとしてものしや水引、表書きのマナーを守りましょう。結婚内祝いの場合、何回も繰り返すものではないため、紅白の結びきりで水引を選びます。また、のしの表書きには「結婚内祝」もしくは「内祝」とします。送り主は夫婦連名にしましょう。兄弟・姉妹に結婚内祝いを贈るときは品物選びにも迷いますので、カタログギフトにしておくと選択を先方にゆだねられるメリットがあります。ご自分の兄弟・姉妹でも好みがわからないとか、配偶者がいると何がいいのかわかりにくいでしょう。また、兄や姉など目上の立場の方には、気遣いが求められるため失礼に当たる品物を選ぶことはできません。ご自分の夫や妻の兄弟・姉妹なら余計に好みがわからずに困ってしまうでしょう。そこで、気楽に選んでもらえるカタログギフトが注目されています。のしや表書き、水引のマナーを守りながら、先方に喜ばれるギフトを選んではいかがでしょうか。長く付き合いが続く兄弟・姉妹との関係を損ねないようにするのが重要です。結婚をして過程を持つとワンランク上の大人のマナーが求められるようになるので、冠婚葬祭での礼儀は大切なものとなるでしょう。

兄弟・姉妹への結婚内祝い、もらって嬉しいものとは?

兄弟・姉妹への結婚内祝い、もらって嬉しいものとは?

兄弟・姉妹への結婚内祝いに悩んだら、様々なランキングを参考にするのも良いでしょう。2015年の「もらってうれしい結婚内祝いの品とは?」というアンケートでは、1位にカタログギフトが挙げられています。その次に商品券やギフト券、スイーツなどもランクインしています。ダントツでカタログギフトを選んだ方が多くなっています。兄弟・姉妹でも相手の好みがわからないとか品物選びに悩んでしまいますが、送られる方も自分で選べるのが楽しいとか、家族で見ながら決められるのが良いなどの意見を出しています。結婚内祝いとは、結婚を祝ってくださった方への感謝を表すものなので、やはり喜んでもらうのが一番大切なことです。カタログギフトも商品券・ギフト券も、もらった方が好きなものを選べるのが大きなメリットでしょう。受け取ってからガッカリされることがありませんので、安心して結婚内祝いにすることができます。ただし、カタログギフトでも価格帯が分かれていますので、目上と目下に対する内祝いの相場を確認してから決めた方が良いでしょう。一般的な相場の他に、それぞれのご家庭でのルールもあるので、ご家族に確認してから結婚内祝いの手配をすると無難でしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧