友人への結婚内祝い3

コンテンツ一覧

友人への結婚内祝いに関するタブー

友人への結婚内祝いに関するタブー

友人への結婚内祝いを贈る時に、どんなものを選んだらいいか悩む人は多いと思います。実は、結婚内祝いには贈るのにタブーとされているものがいくつかあるんです。まずは、刃物。縁が切れるなど、切れることを暗示するものは、結婚内祝いの贈り物として選ぶのはタブーとされています。同じような理由で、割れ物もあまり好ましくはありません。あとは、友人がどのような状況かを見極めることも大切です。一人暮らしの友人に大量のタオルを贈ってもあまり喜ばれないでしょうし、消費期限が早い食べ物は食べるのが大変です(私も、自分が一人暮らしだったころに友人の結婚式が続いてしまった際、引き出物のケーキを消費期限内に食べきれなかった経験が何度かあります)。趣味の合わない雑貨をもらっても、置き場がないかもしれません。このようなリスクを避けるためにおすすめの贈り物がカタログギフトです。カタログギフトは掲載されている商品がインテリア、グルメ、キッチン用品、体験型ギフトなど多岐にわたっていますし、内祝いを贈った相手が自分の必要なものを選ぶことが可能です。これなら、「贈ったものを相手に気に入ってもらえなかったらどうしよう」と心配しなくても済みますね。

友人への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

友人への結婚内祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

ばたばた忙しくしていて、友人への結婚内祝いを贈る時期が遅くなってしまった!という人は案外少なくありません。このように結婚内祝いが遅れた場合は、ちゃんと対処しないと友人にマナーを知らない人だと思われてしまうので注意が必要です。基本的には、遅れてしまった事に気づいたらなるべくはやく内祝いを送るよう対処が必要です。贈り物の数を増やす必要はないですが、「すぐにお礼を申し上げるべきだったのに遅くなり申し訳ありません」といった内容を交えた手紙を一筆添えることが大切です。また、送れたことに気づいてすぐに結婚内祝いを手配したら、相手に電話を入れるというのも有効な方法です。「何を贈ったらいいか悩んでいて内祝いが遅れたのが申し訳ない。本当にごめんね。」という気持ちが友人に伝わるだけでも、あなたに対する印象はかなり変わってくるはずです。内祝いに贈る物としては、貰って嬉しかったプレゼントランキングで上位のカタログギフトがおすすめです。お祝いが遅れたうえに、いらないものをお返しにもらったのでは友人もたまったものではないですからね。カタログギフトであれば掲載されている商品の数も多いですし、きっと友人に満足してもらえるはずです。

友人への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

友人への結婚内祝いでお贈りしてはいけないもの

友人から結婚祝いをいただいた場合、結婚内祝いをお返しする必要があるのですが、結婚内祝いにはお贈りしてはいけないものがあるので気をつける必要があります。結婚は、家と家との結びつきを表すものです。ですから刃物などの「切れる」イメージがある贈り物は、結婚内祝いに贈ってはいけないものだと言われています。同じ理由で「割れる」印象が強い食器なども、お贈りしない方がいいです。そして友人の年齢にもよるのですが、割り切れる偶数を縁起が悪いと考える人もいます。最近では2という数字はペアを表すので問題ないという考え方もあるようですが、割り切れる数字は縁起が悪いと考える人もいまだにいらっしゃることは事実ですので、お菓子の詰め合わせなどのセットを贈る際は、奇数個の詰め合わせで贈りましょう。そして一番大切なのは、友人に喜んでもらえるものを贈ること。例えば、一人暮らしの友人に生菓子の詰め合わせなどを贈っても食べきれない可能性がありますからね。このような点も加味した場合、友人に贈るのにおすすめなのは、カタログギフトですね。カタログギフトであれば掲載されている商品のバリエーションも豊富なので、お贈りした友人に自分の欲しいものを選んでもらうことが可能です。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧