結婚祝いのお返しにおすすめのプレゼント1

コンテンツ一覧

結婚祝いのお返しの相場と人気のプレゼント

結婚祝いのお返しの相場と人気のプレゼント

結婚祝い お返し プレゼントは何にしようか?選ぶ楽しみもありますが、なかなか迷ってしまうテーマでもありますよね。そこで、お返しを用意する際の相場金額と、人気の高い結婚祝い お返し プレゼントについて紹介します。まず、お返しの相場に関してですが、一般的にはいただいたお祝いの金額の3割から半返しが基本と言われています。お返しする相手が友人や職場の同僚など同等の関係性であれば、およそ半額を目安に用意すると良いでしょう。1万円のお祝いであれば5千円相当のプレゼントを選べば良いわけです。ただ、親戚や上司、会社の社長など自分より明らかに目上の方からお祝いをいただいた場合は、あまり高価なものをお返しすると逆に失礼にあたることがあります。”お祝いを返された”と感じる方がいたり、十分に受け取らないことや高いものをお返しすることが”若輩者が生意気なことをする”と受け取られかねないので注意が必要。こういう場合は、きっちり半返しをするのではなく3割程度のお返しに抑えておくことも大切です。判断が難しい場合には、ご両親に相談してから決めると良いでしょう。お返しに選ぶプレゼントとして人気の商品は何と言ってもカタログギフトです。特に若い層にはカタログギフトの人気が高くお返しする相手に合わせてグルメ系、インテリア雑貨系などのカタログを選ぶと良いかと思います。年配の方はカタログギフトよりギフトカードの方が良いと感じる方も多いので、カタログギフトをお返ししても手続きが面倒かな?と思われるお相手にはギフトカードを選ぶという手も。その際には、金券だとお返しの金額が露骨に伝わってしまうので、その他縁起物の”かつお節”や人気のギフト”高級タオル”などと組み合わせでお返しして直接的にお返しの金額がわからないようにするという方法もありますよ。

職場への結婚祝いのお返しにおすすめのプレゼント

職場への結婚祝いのお返しにおすすめのプレゼント

職場の方たち複数名から結婚のお祝いをいただくことってありますよね?その場合には、結婚式、もしくは挙式予定がない場合入籍後、無事に済みましたというご報告を兼ねて職場の方たちにお礼とお返しを用意するのがマナーです。職場の方へ結婚祝い お返し プレゼントでよく選ばれているお返しは、やはり消え物と呼ばれるお菓子や洗剤・入浴剤などのようです。これらは、価格も比較的リーズナブルで職場の皆さんで分けやすくその場で食べて消費することも可能で、持ち帰ることも可能という点が人気のポイント。お菓子では、誰しも一度くらい食べてみたいと思っているような名店のお菓子を用意すると喜ばれるのではないでしょうか?仕事の合間、ちょっとした休憩時間に良かったら召し上がってください、とお返しするとその日1日、素敵なひとときが持てて好感度アップです。また、入浴剤などを個包装してたくさん用意しておき、好きな香りのものを持ち帰っていただくというのも楽しそうですね。一言、”先日はお祝いありがとうございました。これでお仕事の疲れをゆっくりとってくださいね”と付け加えておくと気が利いた印象です。結婚祝い お返し プレゼントで人気のカタログギフトは、安いものでも3000円程度とやや値が張りますので、職場の方たちが2000円、3000円ずつお祝いを出してまとまった額にしてくださったという場合には、高級すぎるお返しになってしまうかもしれません。一人あたり5000円ずつ出し合った場合のお返しなら、カタログギフトでも3000円を切る価格帯のものがありますので、1人1冊ずつお持ち帰りいただくという選択もありますね。

友人への結婚祝いのお返しにおすすめのプレゼント

友人への結婚祝いのお返しにおすすめのプレゼント

友人から結婚のお祝いをいただいた場合、お返しにどんなものを贈ろうか?その人の家庭環境や好みのわかるだけに”喜ばれるものをお返ししたい”とあれこれ迷ってしまいますね。友人だからこそ、人気のカタログギフトではなく、現物で喜びそうなものを・・・と考える方も少なくないのかもしれません。しかし、ちょっと待って!最近のカタログギフトでは、ファッション小物、インテリア雑貨、キッチン小物、高級文具、ビジネス用品などなど、人気の海外ブランドまで選べるような魅力的なカタログが豊富に登場しています。結婚祝い お返し プレゼントでもらって嬉しいものの第一位はカタログギフトと言われていますが、20~30代の若い年齢層では、お返しでもらって嬉しいものとして、これらファッション小物、輸入雑貨、キッチン小物やブランド食器、高級文具やコスメなどが挙げられているのです。これらを取り扱ったカタログギフトはピッタリの結婚祝い お返し プレゼントと言えるのではないでしょうか?特に、これらの商品は消え物と呼ばれる食品や洗剤などの消耗品とは違い、現物として形に残るものなだけに、色や柄など好みが分かれやすいところです。同じポーチにしても素材や色合いなど”もうちょっと濃い色が良かった”、”チェックよりボーダーが良かった”なんてことにもなりかねません。友人関係であるだけに、一見他人行儀な印象を受けるカタログギフトはどうなの?と敬遠する方もいるかもしれませんが、実は受け取り手は自分好みのアイテムを選択できることを案外喜んでいるということがアンケート結果からは明らかです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧