出産祝いのお返しの相場2

コンテンツ一覧

会社への出産祝いのお返しの相場

会社への出産祝いのお返しの相場

子どもが生まれると、勤めている会社の皆さんからお祝いをいただくことがありますね。会社からの出産祝いは同じ部署で働く人や、小さい会社なら一緒には仕事をしている人たち数名で数千円ずつ出し合って3万円ほどの金額にまとめて連名でいただくことが多いかと思います。その際、お返しで用意したい出産祝い返し 相場 はいくらになるでしょうか?まず、お返しに用意する出産祝い返し 相場 はいただいた金額の3分の1~半返しが基本のマナーと言われています。多くの場合は半返しをすればOKですが、いただいた金額が大きい時(およそ3万円以上の時が目安と言われています。)や、自分よりも目上の方にいただいた時は3分の1程度でお返しする方が良いそうですよ。ですから、1万円のお祝いをいただいたら同僚や後輩には5000円程度のお返しを、社長や上司にいただいた場合には3分の1くらいでお返しを用意すると良いでしょう。そして、先ほど申し上げたように、会社の方たちから連名でお祝いをいただいた時には金額によりますが、一人2000円ずつで、まとめて2万円くらいの金額なら半返しになると一人にお返しできる金額が1000円前後の商品となりますから、この金額で購入できる品物というとタオルや洗剤、入浴剤くらいでしょうか?会社なので職場で使えるマグカップなども良いかもしれません。それを一人一人に用意してお礼と共にお返しするのがひとつ。もう一つは、取り分けしやすいちょっと高級なお菓子やお茶など半返しである1万円程度の予算で用意して、皆さんに召し上がっていただくことでお返しするという方法です。ただ、これは一人あたりのお祝い金額が少ない時で、一人5000円ずつ出してくれているような場合には、やはり一人ずつに2500円程度のお返しを用意する方が好まれると思いますよ。お返しの金額が2500円程度になるなら、カタログギフトがおすすめです。カタログギフトなら一人一人の好みがバラバラでもお好きなものを選んでいただけますし、会社から帰宅する際もカタログ1冊手荷物が増えるだけなので持ち帰り時の負担もありませんね。

出産祝いのお返しの相場と喜ばれる品

出産祝いのお返しの相場と喜ばれる品

出産祝いをいただくと、およそ生後1か月~遅くても2か月以内に内祝いと呼ばれるお返しを用意するのが一般的なマナーですよね。そこで、実行しておくと良いのがお祝いをいただいたら誰からどんな品物、またはいくらの金額でお祝いをいただいたか記録しておくこと。これを記録しておくと、お返しを用意する際にいただいた金額が一目瞭然なので、誰にいくらの予算でお返しを購入すれば良いのかすぐにわかりますよ。そして、お返しを購入する際に押さえておきたいのが、出産祝い返し 相場 ですね。一般的な出産祝い返し 相場 はいただいた金額の半返しと言われますから、1万お祝いをいただいたとしたら、お返しの相場は5000円前後となります。しかし、お祝いをくださった方が自分より目上の方であったり、お祝いの金額が高額である場合には子どものために使ってくださいという気持ちを込めて多く包んでくださっているのに、きっちり半分お返しすることで”渡した意味がなくなってしまう”、もしくは”年下なんだから好意に素直に甘えておけばいいのに”とマイナスに受け取られてしまうこともあります。よって、こういう場合にはお返しの金額は3分の1程度でもOK。1万円いただいて3000~4000円程度のお返しで良いわけです。また、お返しの選び方ですが、せっかくですから喜ばれる品物を贈りたいですよね。よく選ばれる商品はタオル類や石鹸・洗剤、お菓子などの消耗品ですが、もちろんこれら定番ギフトは喜ばれています。しかし、確実に喜ばれるお返しとなると実は別のものがあるんです。それは、カタログギフト。やはり各家庭によって必要なものが異なりますので、カタログギフトをいただくと掲載商品の中から好きなものが選べて嬉しいというのが受け取り手の本音のようですよ。

出産祝いのお返しの相場や贈る時期などのマナー

出産祝いのお返しの相場や贈る時期などのマナー

出産祝いをいただいたら、いくら”子どものために使ってね”と言っていただいても、そのままもらいっぱなしというわけにはいきません。内祝いを用意してお返しするのがマナーというものですね。この内祝いをお返しする時期ですが、目安としては生後1か月くらいに贈ります。以前はお宮参りを終えたら内祝いをお返ししなければという考えが強かったようですが、最近では厳密に生後1か月とは言われません。お宮参りを終えてひと段落着いてから贈っても特にマナー違反とは言われないのでご安心を。それでも生後2か月を超えるとさすがに遅すぎますから、気をつけるようにしたいですね。内祝いを用意する際には、出産祝い返し 相場 を押さえておきましょう。出産祝い返し 相場 はいただいた金額の半返しが基本ですから、10000円の出産祝いでお返しは5000円程度のものとなります。また、お返しを用意する時にはのしをつけるのがマナー。のしは、表書きに”内祝い”もしくは”出産内祝”と記し、水引は紅白の蝶結びを選びましょう。紅白の蝶結びは何度あっても嬉しいことを指しますから、間違えないようにのしを選びましょうね。内祝い選びに迷ったときは、カタログギフトがおススメ。産後は何かと余裕のない時期ですから、一人一人に合うギフトを考えて贈るのは至難の業です。しかし、カタログギフトなら掲載商品から選ぶ作業を先方にゆだねることができますので、贈り手としても気がラクですし、貰い手としても嬉しいですね。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
激安 出産お祝い・内祝い 激安 結婚お祝い・内祝い 激安 ブライダル 激安 お祝い・内祝い 激安 グルメ 激安 香典返し

関連記事一覧