• TOP >相場>出産 内祝い お返し 相場

出産内祝いやお返しの相場

コンテンツ一覧

出産内祝いやお返しの相場金額

出産内祝いやお返しの相場金額

出産 内祝い お返し 相場は頂いたお祝いの半返し相当が基本です。出産祝いの金額の相場はだいたい10000円くらいが一般的なので、3000円~5000円のお返しが出産 内祝い お返し 相場です。頂いたお祝いの半返し程度の金額で、カタログギフトをはじめとしたお返しの品を贈ることになります。現在人気のカタログギフトですが、出産内祝いとしても非常に人気があります。細かい金額設定ができることや、相手に好きな商品を選んでいただけるという良さもあり、年々カタログギフトが定番の内祝いとなりつつあります。個人的に頂いたお祝いに関しては上記が基本ですが、複数人から1つのプレゼントを頂いた場合はその限りではありません。頂いたものの相場をだして、それを頂いた人数で割って、さらに半分程度の金額のお返しを贈るということになります。出産祝いに関しては、お返し用の専用カタログがあるので、そういったものを利用すると500円からお祝い返し用のプチギフトが用意されているので、少額のお返しの場合でもきちんと対応することができます。したがって頂いたお祝いとその人数によってもお返しの金額は異なってくるので、1つ1つにきちんと対応する姿勢が必要です。

出産内祝いやお返しの相場と喜ばれる品

出産内祝いやお返しの相場と喜ばれる品

出産 内祝い お返し 相場は、3000円から5000円が一般的です。喜ばれる品物については、やはりカタログギフトが1番の人気商品です。価格設定が500円単位で細かく用意されていることや、相手に好きなものを選んでもらえるので、好き嫌いなどを把握していない場合でも贈ることができるという面からもカタログギフトを利用する人が増えています。お互いにとって良いこと尽くしのカタログギフトではありますが、一方で物足りなさやあっけなさを感じてしまう人もいるようです。特に年配の方でカタログギフトの利用方法が分からなかったり、手配が面倒な人もいます。そういった方へは、食べ物や日用品の方が喜ばれる場合が多いです。お菓子の詰め合わせや洗剤、タオルなど消耗品を贈ると喜んでもらえる場合が多いです。それから出産内祝いならではの赤ちゃんにちなんだお返しも喜ばれることが多いです。例えば名入りのカステラやバームクーヘン、赤ちゃんの出生体重のお米など、食べてしまえばなくなってしまうけど少しおしゃれなお返しも頂いたら嬉しい人は多いと思います。ただし名入りギフトは残らないものが基本ですので、名入りの雑貨屋マグカップなどは避けましょう。出産 内祝い お返し 相場は、頂いたものの値段や金額で違ってくるので1人1人へ対応するようにしましょう。

出産内祝いやお返しの相場や贈る時期などのマナー

出産内祝いやお返しの相場や贈る時期などのマナー

出産 内祝い お返し 相場は、3000円から5000円が一般的です。お返しに人気なのはカタログギフトで、選んでもらえるという手軽さや、金額がピッタリくるものが多いという理由もあります。これらの出産内祝いをはいつ頃贈ったらよいのでしょうか。一番適切な時期は、お宮参りを終えた生後1ヵ月~2か月の間です。お宮参りを終えるまでは買い物などに行くことは避けた方がよいので、お祝いを頂いたお礼だけは伝えて、内祝いは後程贈るようにします。産後2か月をすぎてのお祝い返しはマナー違反と捉えられてしまうこともあるので注意しましょう。カタログギフト等のお返しと共に、必ず赤ちゃんの命名がわかるものを添えるようにしましょう。基本的にはお礼状や挨拶状を添付するのでその文面に入れるか、のしをきちんと作って子供の名前をいれるようにしましょう。出産 内祝い お返し 相場は、頂いたものやお金の金額、人数によっても全く違ってくるので、お祝いを頂いたらすぐにメモなどをとっておき、しっかりと管理していくようにしましょう。そうすることでこちらが逆の立場になってもマナー違反を犯さずに手配をすることができます。内祝いを贈る時期やマナーは相手に失礼のないようにきちんと勉強しておきましょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
激安 出産お祝い・内祝い 激安 結婚お祝い・内祝い 激安 ブライダル 激安 お祝い・内祝い 激安 グルメ 激安 香典返し

関連記事一覧