友人への引き出物の相場2

コンテンツ一覧

友人への結婚式の引き出物の相場

友人への結婚式の引き出物の相場

引き出物は、おもてなしとして贈る品物ですが、現在では結婚祝いのお返しとして贈るということも増えてきています。結婚祝いのお返しなので、相手によって品物を変える「贈り分け」が主流になってきています。友人を結婚式に招待する場合に、友人 引き出物 相場はどれくらいなのでしょうか。友人 引き出物 相場としては、4000円前後の品物を用意することが多いようです。贈り分けをする場合には、上司や親戚よりも1000円から数千円程度値段を抑えた品物を贈るのが一般的です。また、引き出物の平均額の一つの目安としては、結婚式での飲食費の3分の1程度、というものがあります。しかしながら、引き出物の相場は地域によって大きな差があるのが特徴です。ですから、地域に合わせて引き出物の金額や内容などを変える必要があります。特に贈り分けをする際には、価格ごとに引き出物を揃えるのは手間がかかりますし、相手の好みなどを事前に考慮して引き出物を選ぶのは、時間的制約もあり難しいです。そのため、カタログギフトなどを利用するのがおすすめです。カタログギフトを利用すれば、価格帯ごとにカタログを選ぶことができ、また出席者も自分の好きなものを選ぶことができるため、好評です。

名古屋の友人への引き出物の相場

名古屋の友人への引き出物の相場

名古屋をはじめとする中部地域では、結婚披露宴なども豪勢なものにする、というイメージがあります。現在でも、以前ほどではないものの、他の地域と比較すると結婚にまつわることは派手になりがちです。ご祝儀の相場も、親族では10万円を超すこともめずらしくはありません。それに対するそれにともなってお返しである引き出物の相場も他県よりも高くなります。友人 引き出物 相場も、やや高くなる傾向にあります。品数としては、3品または5品を贈るのが一般的です。3品の場合、引き出物・引き菓子に加えて、名披露目(なびろめ)を贈ります。名披露目は、名古屋などの東海地方特有の習慣で、新郎新婦の名前が書かれたのしを掛けた品物を贈ります。贈る物としては、タオル等がよく選ばれます。名披露目には、結婚した2人の名前を覚えてもらうという目的があります。名古屋での友人 引き出物 相場は、他地域よりも高く、6000円前後の予算で選ぶのが一般的です。名古屋では、以前は、重くてかさばるものが好まれ、引き出物はなるべくたくさん用意するという習慣でした。しかしながら、現在ではカタログギフトなども多用されています。カタログギフトは利便性が高く、お返しとしても最適です。

新潟の友人への引き出物の相場

新潟の友人への引き出物の相場

新潟も、引き出物に特有の習慣がある地域で、引き出物の相場も高くなっています。新潟では、お返しの引き出物として5品を贈るのが一般的です。その5品とは、記念品・菓子・松の葉・赤飯・かご盛りです。「記念品」および「菓子」は、他の地域でも引き出物として定番となっていることが多いものです。新潟の引き菓子は、2段になっているものなど、ややかさばるものを選ぶことが多い、という特徴があります。カタログギフトなどを利用して、お返しとすることもできます。ほかの3品は、新潟特有のものです。松の葉は、新郎新婦の名前を覚えてもらうために贈ります。タオルやハンカチ、風呂敷などを松の葉として贈ることが多く、のしなどに2人の名前を入れます。赤飯は、その名の通り炊いた赤飯を贈ります。かご盛りは、食品などを詰め合わせた物を贈るもので、かつおぶしやハムが一般的です。特にかつおぶしは、縁起がよいとされていることから、好まれるようです。新潟の友人 引き出物 相場は、5000円から6000円程度とされています。品数が他の地域と比べて多いことから、友人 引き出物 相場も上がりがちです。これだけの品数を、出席者に応じて何通りも選択するのは難しいため、カタログギフトなどを使うのもよいでしょう。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
激安 出産お祝い・内祝い 激安 結婚お祝い・内祝い 激安 ブライダル 激安 お祝い・内祝い 激安 グルメ 激安 香典返し

関連記事一覧