出産祝いのお返しにおすすめのカタログギフト1

コンテンツ一覧

出産祝いのお返しにギフト券を贈る場合の選び方やマナー

出産祝いのお返しにギフト券を贈る場合の選び方やマナー

「出産祝い お返し ギフト券」で検索されましたか?もしかして、出産祝いのお返し悩んでいらっしゃるのでしょうか?出産祝いは、もともと「子供が産まれました!これから宜しくお願いします」といった報告と挨拶を兼ねた意味合いがあり、親せきや兄弟、日頃お世話になっている方を始め、これからお世話になる方も含めて家へ招いて、赤ちゃんのお披露目を行い、近所や友人に「幸せのお福分け」を行っていたものです。自分の家のお祝い事だったのですね。なので「内のお祝」=「内祝い」ということです。しかし、昨今の内祝いは、出産祝いをもらった方にそのお返しとしてギフト券やカタログギフト、名前の入った日用品や消耗品を贈るのが一般的になっています。正に「出産祝い お返し ギフト券」ですよね。出産祝いを贈る時期として、正式には生後1ヶ月頃、お宮参りの頃に差し上げるのが一般的で実際は、お祝いごとなので数ヶ月遅れても失礼にはならないようです。出産のお祝いのお返しの目安は、一般的に“もらったお祝いの半分から1/3”位を目安にお返しするのがマナーと言われております。出産のお祝いを差し上げた半分以上の方がギフト券やカタログギフトを含めて、何かしら“お返し”なるものを頂いています。何もしない、お返しなしではやはり失礼に当たるとのご意見もあり、うれしいお祝い事ですから、多かれ少なかれ「お礼のお返し」をすることが、日本の一般的な常識に値するマナーと思われます。

出産祝いのお返しに人気のギフト券

出産祝いのお返しに人気のギフト券

「出産祝い お返し ギフト券」は、誰しもが一番もらってうれしい、贈って楽ちんのキーワードですが、簡単に答えが出るかといえば~そうもいきません。出産祝いに何をお返しすればよいのか?と初めての経験ですから悩まれる方も多いと思います。頂いた方がちょっと気を使わなければいけなかったりすればなおさらですね。かつて内祝いは、親せきはもちろんのこと、お祝いをいただいていない方やご近所の方、これからお世話になる方へ贈ってもよかったのです。もちろん、相手の負担にならないような心づかいはいつの時代も必要ですが、お赤飯やちょっとしたお菓子など、出産祝いの内祝いとは、これからのお世話になる新しい家族のご挨拶も兼ねて差し上げる人間関係の潤滑油のようなものだったのかもしれません。アンケートで、差し上げた金額よりも多いお返しを頂いて心苦しいとのご意見もありましたが、本来の出産内祝いの趣旨から考えると、間違えてはいないのかもしれませんね。新しい家族が増えたお祝い事なので、お返しをする側も「幸せ」を上乗せしてお返ししてくれたのでしょう。そう考えて差し上げた内祝いより多くのお返しを頂いた時はうれしく頂戴し、また何かの折に“お心遣い”をされた方が、スムーズなお付き合いになるような気がします。さて、うれしいわが子のお祝いとあって新パパ&ママさんは、はりきって今人気の「名入れギフト」を贈ろうとお考えてる方もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと待ってくださいね。実際に「名入れギフト」は、確かに個性も想いも伝わるかもしれませんが、お返しを頂く側にすると…「名入れギフト」は、残るものより、消えるものであればといった隠れ意見が多いことがいろんなアンケートでわかっています。一番最初に検索したキーワード思い出してくださいね!「出産祝い お返し ギフト券」ですよ。可愛いわが子の名前を入れてお返ししたいというお気持ちはよくわかりますが、頂く側としてはそこまで気持ちが入りきれないのかもしれません。どうしても「名入ギフト」を贈りたい場合は、おじいちゃんやおばあちゃんといった親戚位に留めておくか、もしくは消費しながら名前を覚えてもらおう位のお気持ちで、シュガーといった日常消耗品位で押さえておくのがBestでしょうか。では、一番人気の出産祝いのお返しといったらそれは老若男女問わず「カタログギフト・ギフト券」がうれしいお返し!好きなものを買えるギフト券は、いつの時代ももらってうれしいお返しのひとつです。最近のカタログギフトもおしゃれになって種類や内容が豊富とあって人気となっています。

出産祝いのお返しにおすすめのギフト券

出産祝いのお返しにおすすめのギフト券

「出産祝い お返し ギフト券」が、もらってうれしい、贈って楽ちんだということは誰しもがわかっていることですが、一番人気であっても金額がわかってしまう「商品券やギフト券」を目上の方やご年配者に贈ることは失礼にならないのか?というご心配もあるかと思います。ですからきっと悩んで最初に「出産祝い お返し ギフト券」と検索したはずです。これが何と!今は「商品券やギフト券」も選べる「カタログギフト」があるのです。目の付け所が今風ですよね~。これでしたらば好きなものを選べる「カタログギフト」として相手にお届けし、好きなものを買いたいと思っている方には商品券やギフト券を選んでいただけばよいのですから、失礼にならず喜んでいただけるはずです。何をお返しすればよいのかわからない方や目上の方への賢い出産内祝いお返しのひとつとしておすすめです!この「商品券とカタログギフト」どちらも実は共通点があることにお気づきになられましたか?どちらも「好きなものが選べる!買える!」という点です。お返しをする側が、どんなに相手のことを考えて選んだものであっても、自分が欲しくて買ったものにはかなわないということでしょうか。確かに生活も、年齢も違えば、好みだって違って当然です。深いお付き合いをしている方であれば趣味も、好みもいくらかわかるとはいえやはり、相手が求めているものを選ぶというのはなかなか難しいところがあります。贈り物は、そこがまた、楽しいというところでもありますが、モノがありふれた現代に置いて好きなものが選べる!買える!という「ギフト券やカタログギフト」は、時代に合ったおすすめの“贈り物”なのかもしれません。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です
激安 出産お祝い・内祝い 激安 結婚お祝い・内祝い 激安 ブライダル 激安 お祝い・内祝い 激安 グルメ 激安 香典返し

関連記事一覧