職場の仲間への快気祝い3

コンテンツ一覧

職場の仲間への快気祝いに関するタブー

職場の仲間への快気祝いに関するタブー

職場の仲間が病気やケガなどで会社を休職していた場合、復帰した際に快気祝いを贈ることがあります。個人個人で渡すとなると、かなりの数になってしまうことがありますし、人によってお祝いの金額が違うとお返しを選ぶのに時間や手間がかかります。休職して体力も精神力も落ちているかもしれない職場の仲間に対して、お返しについてあれこれと考えさせてしまうのはタブーです。できれば快気祝いを渡したいと考えている人たちで集まってお金を出し合ってひとつのものを渡すようにしたほうが良いでしょう。お返しには同じ値段のものをそれぞれに買うことができるので負担も少なくなります。お金を出し合って買うのに便利なのがカタログギフトです。特定の商品を話し合って決める必要もありませんし、誰かがお店に買いに行って包装したりする必要もありません。集まった金額のカタログを注文して、相手の住所に郵送するか手渡しするだけなので意見がまとまりにくい場合にはカタログギフトは特におすすめです。休職していたことを会社の人にはあまり大々的に知られたくないと思う方もいます。職場で休職の事実を知っている人たちだけの空間で快気祝いを渡すようにしましょう。特に精神的な病で休んでしていた方には、派手にしたり、いろいろな人に知られるように復帰祝いをするのはタブーです。休職する前とは体の状態も精神状態も変わっていることがあります。

職場の仲間への快気祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

職場の仲間への快気祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

職場の仲間が何かしらの理由で休職をし、また会社に復帰したときに快気祝いを渡すことがあります。周りの同僚たちが渡していたのに自分だけ渡していなかった、または復帰の事実を知らなかったなどの理由で快気祝いを遅い時期に渡すことになってしまった場合はどうしたら良いでしょうか。そういった時には、プレゼントと一緒に手紙を添えるようにしましょう。もちろん直接渡す場合は遅くなって申し訳なかった旨を伝えてから渡すようにします。手紙には、快気祝いが遅れた理由と復帰してくれて嬉しい旨を書くのが一般的です。体調を詳しく詮索されたり過度に心配されるのを嫌う方もいます。素直に復帰してくれたことが嬉しいと自分の気持ちを書くようにするだけで良いと思います。遅れた理由は本当のことを書くのが少し失礼にあたる場合があります。仕事が忙しかったなどはあまり書かないほうが良いでしょう。仕事の時間を割いてまでお祝いを買わせてしまったと申し訳なく思わせてしまうことがあります。何が良いかいろいろと悩んでいたとするのが良いかもしれません。職場の仲間であってもプライベートはよくわからない、趣味もわからないという場合は多いです。そういったときにはカタログギフトを贈ると良いかもしれません。カタログギフトは購入方法も簡単なので手間もかからずに贈ることができます。

職場の仲間への快気祝いでお贈りしてはいけないもの

職場の仲間への快気祝いでお贈りしてはいけないもの

職場の仲間が入院していたり休職していて会社に復帰したときには、快気祝いを渡すという習慣があります。直属の上司であったり、部下に渡したりと会社の中でも特に仕事を共にしている仲間へ渡す場合がほとんどだと思います。病気の原因や理由を知らされている場合は特に渡すものに気をつける必要があります。食生活の乱れによって体調を崩した方、胃や腸の病気にかかってしまった方へは、食料品やスイーツなどのギフトは控えたほうが良いでしょう。会社を休む前には好きであったものやよく食べていたものが、病気になったせいで食べることができなくなってしまったという可能性もあります。食事制限をしなければならない方や生活習慣を変えなければならない方に、美味しそうなカロリーの高そうなものを贈るのことはいけないことです。快気祝いといっても以前と完全に同じ生活に戻れるという方ばかりではありません。そういったときに便利なのがカタログギフトを贈ることです。ご本人にカタログの中から必要な商品を注文してもらえるので、失礼にあたるものを贈ってしまうという心配がありません。カタログギフトは商品が豊富で、いろいろな方の好みに合うように作られています。職場の仲間には簡単に選べるものを贈ったほうが相手の負担にならないという場合もあります。お返しに気を遣わせてしまうのは1番いけないことです。カタログギフトはその点も安心なのです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧