親戚への快気祝い1

コンテンツ一覧

親戚への快気祝いに贈りたいプレゼントランキング

親戚への快気祝いに贈りたいプレゼントランキング

病気やけがで不安な入院生活を終えてやっと退院ができるととても嬉しいですね。元気になって退院したら家でのんびりする前にもうひとつやっておくことがあります。入院中にお見舞いに来てくださった方やお見舞いを送ってくださったかた、退院祝いをくださったかたなどへのお礼をしなくてはなりません。病気やけがが回復したときに送るギフトを「快気祝い」または「快気内祝い」と呼びます。本来お見舞いや退院祝いをくださったお礼としてお返しするものなので内祝いの意味合いが強いのですが、明確な使い分けはなく最近では「快気祝い」をつかう人が増えてきました。親戚からお見舞いや退院のお祝いをいただいたら、今後のお付き合いも念頭にすぐに快気祝いを送ると良いでしょう。なかなかまだ外出が難しいという場合は、親戚には快気の一報とお礼の電話をまずは入れておくのがベストです。ゆっくり快気祝いを選びたいけど体調や仕事などのスケジュールで出かけるのが難しいかたも多いと思います。そんな時はインターネットでも簡単に注文でき、発送も迅速なカタログギフトがおすすめです。内祝いに贈りたいものランキングでは常に上位を占め、さらに引き出物をはじめとしたプレゼントランキングでもカタログギフトは定番の喜ばれる贈り物になっています。

親戚への快気祝いギフトに関するマナー・常識

親戚への快気祝いギフトに関するマナー・常識

近い親戚からお見舞いや退院のお祝いをいただいた場合、退院後すぐに回復したことを電話で元気な声で知らせて差し上げると安心していただけるでしょう。また、通常の場合でも退院、またはお祝いをいただいた日から1週間~10日くらいで退院の報告を兼ねた快気祝いが全員に届けられるように手配しましょう。マナーの基本は、お礼が遅くなるならまず電話でお見舞いやお祝いのお礼を伝え、その後快気祝いを滞りなく送るということです。そしてお見舞いや退院祝いへのお礼として快気祝いを送る際には、退院の報告とお礼を述べた手紙か、略式でよい場合はメッセージカードを添えて送るのが望ましいマナーです。親戚との間柄や、そのお家の慣習などによってきちんとした挨拶状を添えるべきか、メッセージカードで良いか判断してみてください。なかなか忙しかったり、たくさんの人への快気祝いを選ぶ時間がとれない場合はカタログギフトが喜ばれます。豊富な商品に加え、のしやメッセージカードの手配もサービスでおこなってくれるカタログギフトを選べば、もっとも簡単な方法で迅速に喜ばれるものをお返しできます。何をお返しして良いか悩む必要がなく、快気祝いの内祝いギフトとして人気ランキングに入っているカタログギフトなら快気内祝いとして安心で確実です。

親戚への快気祝いに最適な相場・品物

親戚への快気祝いに最適な相場・品物

親戚から心配していただいたお見舞いや退院の時に退院祝いをいただいたなら心を込めて快気の挨拶とお礼を述べ、お礼の品を送りましょう。電話でまず退院の報告と自分の体調を案じてくださったお礼を述べるのも良いマナーです。お見舞いや退院祝いをくださった皆様には退院の報告とお礼として快気祝い(快気内祝い)をお送りします。快気祝いの相場はいただいた金額の3分の1~半額くらいとされています。親戚の場合、今後のお付き合いも考えて半額くらいのお礼をお返しすると良いのですが、いただいた金額が多額であった場合などは3分の1のお返しでも良いでしょう。いずれの場合もあくまで相場は目安として、迷ったら少し多めにすると無難です。快気祝いとして最適な品物とされるのは食品など「あとに残らず消えてなくなるもの」です。病気があとかたもなく消え去り、ずっと目の前からなくなってほしいという気持ちから、あとに残るものは昔はあまり適していないとされていました。今でもこの風習は残っているので、お菓子や飲み物などが快気祝いには多く用いられています。そして、お菓子などの消耗品である食品を中心に、快気祝いとしてふさわしいものを相手に選んでいただけるカタログギフトが最近は台頭してきました。どんな食べ物をお贈りして良いか迷う場合にも、カタログギフトなら多くのかたのニーズを満たす商品を取りそろえているので送って安心な内祝いです。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧