義両親への快気祝い3

コンテンツ一覧

義両親への快気祝いに関するタブー

義両親への快気祝いに関するタブー

病気や怪我が回復し、お見舞いをくれた義両親に対して快気祝いのカタログギフトに送りたい時、気をつけたいのがそれらに纏わるタブーです。特に金銭関係は繊細な問題となりますので、特に注意しましょう。贈り物や厚意に対する御礼や御返しに対しての基本となりますが、相場は大体半分から3分の1までにするべきです。あまり多いと気を使わせてしまいますし、ましてや頂いた品物以上の御礼の品を返すと、元からお見舞いなど不要だったという意思表示と取られかねず、逆に失礼に当たります。あくまでも厚意を受け取るというのが基本にあることは忘れないようにしましょう。同様に、例えば遠路はるばるお見舞いに来てくれた義両親に対して、その時使用した交通費を返すことなども失礼に当たります。快気祝いのカタログギフトにこれらの金額分を含めるのは止めましょう。また、六曜(大安・仏滅・先負・先勝・友引・赤口)についても気を使うべきだとされています。快気祝いの報告や品物を郵送する際には「大安」の日に出しましょう。相手先に届くのが仏滅などだったばあいでも、それは不問です。感謝の気持ちがあれば十分とは言いますが、直接手渡しするのでないかぎりは、タブーを侵していると悪く取られかねません。

義両親への快気祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

義両親への快気祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

通常、社会人が病気・怪我で入院などをした際、また通常の社会生活に戻るときには各種手続きや報告などで何かと忙しくなります。快気祝いのカタログギフトを義両親に送るタイミングを逃してしまうことも、ありえない話ではありません。このように遅れた場合には、手紙などでフォローを入れましょう。まず、前提として快気祝いはあくまでも「本人が元気になった」というのが基準であり、通常は退院のタイミングでの報告・御礼が好ましいとされていますが、必ずしもこのタイミングでなければならないというわけではないという点を覚えておきましょう。ですので、少々御礼が遅れてしまっても、それほど目くじらを立てられるということはあまりありません。例えば他の親戚から話が届いて、義両親が既に退院したことを知っていた場合などには、「御存知の通り、元気に仕事が出来るようになりました。遅ればせながら、ご報告とお礼を申し上げます」といったように、まずは報告、次に御礼という基本のスタイルで構いません。ですが理想としては、カタログギフトを贈るのが遅れたと気付いた時に、電話などで取り急ぎ報告などをして、後日改めて御礼を遅らせてもらうことを伝えておけばスムーズに事が運ぶでしょう。

義両親への快気祝いでお贈りしてはいけないもの

義両親への快気祝いでお贈りしてはいけないもの

義両親に快気祝いのカタログギフトを贈る時、送ってはいけないものというのは知っておきたいところです。専用のカタログギフトでなら、タブーとなる品物は入っていないはずですが、義両親の好み次第では別のカタログギフトを贈りたいと言う場合もあるでしょう。「快気祝い」と言う前提で考えると、「敷物」は好ましく無いとされています。病気が残ることを連装させることになり、縁起が悪いというのが理由です。これと対になるように、「消え物」は快気祝いとしては好まれています。病気が消える、後に残らないという、病気や怪我に対して縁起のいい連装ができるからです。以上のことから、いつまでも残るようなものでないかぎりは、それほど問題とはなりません。贈ってはいけないものはそれほどないのですが、やはり地域差が激しく、価値観や受け継いできた風習なども違っていきます。消えものであるはずの和菓子を贈ったら怒られたと言うケースも有ります。これを防ぐためには相手先と同じ出身地の人に聞いたりなどするべきですが、必ずしもそれが可能とは限りませんね。やはり自由に選び、求めるもの・興味のあるものを選ぶことが出来るカタログギフトが最適でしょう。このように思わぬ結果になることも防ぐことができます。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧