実両親への快気祝い3

コンテンツ一覧

実両親への快気祝いに関するタブー

実両親への快気祝いに関するタブー

自分や自分の家族が病気にかかり入院するようなことになると、実両親や兄弟姉妹からお見舞いをいただくこともあるかと思います。その際に、実両親などは”お見舞いは入院費の足しにしてほしい”や、”お小遣いにしてくれれば良いからお返しは気を遣わないで”などと言ってくれることもあるでしょう。しかし、体調が回復し元通りの生活を送れるようになった暁には、”病気も治り全快です。ご心配おかけしました”という意味を込めて、お見舞いをくださった方へ快気祝いを贈ることでお礼をするのがマナーですね。昔は快気祝いのパーティーを開催し、親族などを招いてお食事会ということが多かったですが、最近では親族一同で集うこともなかなか難しく、快気祝いの品物を用意して郵送させていただくことも増えています。実両親や自分の兄弟・姉妹だからと言って、お見舞いをいただくだけいただいて退院のご報告もお返しの快気祝いもなしとうのはタブーですから、親しき中にも礼儀ありの気持ちで贈るようにして心配をかけた親族を安心させてあげましょう。また、快気祝いの品を選ぶ際には知っておきたいマナーがあります。それは、快気祝いは”洗って流せるもの”、”消えてなくなるもの”を贈るべきという点。これは、病気のように好ましくない出来事に繰り返し見舞われることがないようにとの願いが込められているので知っておきましょう。しかし、最近人気のお返しであるカタログギフトをお返しに選んでもタブーとは言われません。人気の高いお返しはカタログギフトの他に商品券やギフト券などもありますが、実両親へのお返しで現金に近いこれらの金券は避けるべきと言われますので覚えておきましょう。

実両親への快気祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

実両親への快気祝いが遅れた時の手紙の文例や対処法

自分や自分の配偶者、子どもが病気にかかり入院を余儀なくされたり、ケガをして手術を受けるようなことになると、実両親を始め、兄弟・姉妹など親族からお見舞いに来ていただいたり、お見舞い金をいただくことがあるかと思います。そうしてご心配をおかけした方には、病気から回復した後に快気祝いを用意してお返しするのがマナーです。この快気祝いを贈ることで、”もう大丈夫。元通りに元気にやっています”というメッセージを伝えることができ、またお見舞いいただいたことへのお礼の気持ちも伝わりますね。本来なら、実両親への快気祝いも退院後10日後くらいをめどにお渡しできると良いのですが、仕事への復帰準備や子どもの学校や保育園の手続きなどでバタバタしていて快気祝いを渡すのが遅れた場合にはどうすれば良いでしょうか?まず、すぐに快気祝いの品物準備や食事の席を設けることが難しい場合には、ひとまず元気な声を聞いてもらうことが大切です。1本電話を入れるだけでも安心してもらうことができますね。落ち着いてから快気祝いを用意して”あの時はご心配をおかけしました”と渡すと良いでしょう。しかし、バタバタしていて気づいたらもう元の生活に戻って2週間以上が経過してしまったという場合は別。その際、郵送で快気祝いを贈るのなら品物にお手紙を添えましょう。お手紙には、ご心配をおかけして申し訳なかったという気持ちや、今ではすっかり元気になっている様子、本来ならばすぐにでもご報告するところ、快気報告が遅れたことに対するお詫びを意識して綴ると良いでしょう。また、快気祝いの品物は、二度とこのようなことを繰り返すことがないように消えてなくなるものや洗い流せるものが良いと言われます。代表的なものは、食べものや洗剤などでしょうか。しかし、これらと並んでカタログギフトも人気。カタログギフトの中には日用品やタオル類など選べるものもあり、各世代問わずお返しできるギフトとして人気が高いようですよ。

実両親への快気祝いでお贈りしてはいけないもの

実両親への快気祝いでお贈りしてはいけないもの

病に伏している間、実両親からいただいたお見舞いに対して、全快になってからお返しする快気祝い。いくら親しい実両親と言えど、快気祝いは”二度と同じようなことにならないように”と縁起を担いで用意する方が多いそうです。一方で、快気祝いを贈る時期は、退院後10後くらいが目安とわりと早く、いくら病気が回復して元気に動き回れると言っても、子育て中の主婦やお仕事が忙しいサラリーマンは元通りの生活に適応するのも大変で、じっくりと快気祝いを選ぶ時間的な余裕がもてないこともありますね。そんな時にはカタログギフトが便利ですよ。カタログギフトだと、快気祝いとして選んではいけないと言われるものに該当しませんし、価格帯も幅広く、一般的な快気祝い相場とされる3分の1返しを予算と想定すればオンラインショッピングであっと言う間に用意が完了するのでおススメです。その他、快気祝いを選ぶポイントとしては、洗剤や石鹸、入浴剤や食べもののように消えてなくなるもの、洗い流せるものが良いと言われていますので参考にしましょう。贈ってはいけないと言われるのは、縁起が悪いと言われる櫛や弔事を思い起こさせる日本茶などの品物。また4や9の数字は”死”、”苦”を連想させるので避けるべきと言われています。

創業50年、ギフト専門店「たき新」に安心してお任せください。シリーズ最大234ページ、1,780点の商品数を誇るカタログギフトが最大51%オフ。しかもラッピング、メッセージカード、熨斗も無料で丁寧。即日発送も可能です

関連記事一覧